心で感じ、人々が交わる 新しい旅スタイル


by hirokan5501

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新の記事

本日(1/22)の岩木山と雪..
at 2018-01-22 16:00
弘前市りんご公園のタルトタタン
at 2018-01-19 15:00
NHK「あっぷるワイド」で『..
at 2018-01-18 16:00
青函トンネル開業30周年!!
at 2018-01-16 16:00
喫茶室baton×りんごジュ..
at 2018-01-12 16:00

以前の記事

2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...

リンク

カテゴリ:土産(民工芸品)( 11 )

ご当地コスメ第3弾!弘前桜物語「ハンドクリーム」新発売!

d0131668_8545048.jpg

手肌に桜の香り。
弘前城で優雅に咲き誇る「ソメイヨシノ」の香りと「りんごの花」の香りをイメージして作られたハンドクリーム。
ほのかに香る桜の香りとりんごの花の香りが弘前の春を感じさせてくれます。

ハンドクリームは、さらさら感が持続するパウダー配合で、手肌にうるおいを与え、乾燥を防ぎます。
手肌になじみやすく、ベタつかないので、季節を問わず使用いただけます。

d0131668_8553630.jpg


これまでの、オードパルファム、リップクリームに加え、弘前の香り商品をよろしくネ!

※2008年発売のオードパルファムのデザイン、香りを踏襲しています。

商品購入は、楽天市場の弘前市りんご公園ショップで! 価格777円(税込)
Website:弘前市りんご公園ショップ
[PR]
by hirokan5501 | 2012-09-15 08:52 | 土産(民工芸品) | Comments(0)

ミニ炭俵づくり(沢田地区)

今年も、ミニ炭俵づくりが始まったということで、旧相馬村沢田地区に行ってきました。
d0131668_16345316.jpg

こちらは、今年竣工された「小倉の館 炭俵工房」。
昨年までは、道路向かいの旧公民館で行われていた炭俵づくりですが、今年からは生活改善センターに増築された(表現があっているか分かりませんが)炭俵工房で行われています。
d0131668_16441054.jpgd0131668_16442262.jpg

※ミニ炭俵づくり
沢田集落はかつて木炭の生産で生計を立てていました。
約7キロ上流に昭和の初めから30年頃まで船打鉱山があり、鉛や亜鉛、銅を生産していました。昭和37年の閉山とともに、この地の木炭も時代の移り変わりによって無くなりました。そして、今のりんごが植栽され、飛馬ブランドとして栽培、販売されているのです。
世の中が近代化され、炭俵が分かる人たちが少なくなっていることに、ぜひ残そうと13年ほど前から取り組んだのがこの「ミニ炭俵づくり」です。
地元の女性のみなさん5人が、材料集めからすべて手作業で、1月から3月まで、ここで薪ストーブを囲みながら作っています。1日のできる製品は約18~20個ほどで、毎年予約で相次ぐ人気となっています。
d0131668_17124663.jpg


そして、この沢田地区で忘れてならないのは、450年以上の歴史がある「ろうそくまつり」。
今年は、2月6日(月)(旧暦の1月15日)に開催されます。
ろうそくまつり会場でも、炭俵製作実演と炭俵の販売(数量限定)が行われます。
ろうそくまつりについては、「津軽ひろさき冬の旅 特設HP」をご覧ください。
http://fuyunotabi.exblog.jp/13754647
d0131668_17174394.jpg


おまけ。
帰り道、野生のサルに遭遇しました。
この辺は、よく出るそうですが、地元の方にとっては畑を荒らされる天敵のようです。
d0131668_1718381.jpg

[PR]
by hirokan5501 | 2012-01-22 17:24 | 土産(民工芸品) | Comments(0)

*NEW*たか丸くんグッズ

  前回大好評☆だった、たか丸くん半袖Tシャツに
『長袖Tシャツ』『パーカー』が仲間入りいたしました(*’ー’)v

ご紹介させていただきます

*長袖Tシャツ*
【黒とグレーの2色を使ったラグランタイプ】と【黒1色のタイプ】の2種類です♪♪♪〃

d0131668_1450250.jpg
d0131668_14511649.jpg


今回のたか丸くんは”のぼり”を持っていてとってもかっこぃぃですねッ(>_<)072.gif
d0131668_15294250.jpg
d0131668_15314691.jpg



後ろ姿もかわいらしい

*パーカー*は定番色のグレーです(*^‐^*)
合わせやすいので、とっても着やすいですよ!!!
d0131668_15415554.jpg


サイズは長袖Tシャツとパーカーどちらも『 S・M・L・XL 』となっております

                        お値段は!!
                    ↓    ↓    ↓ 

                たか丸くん長袖Tシャツ   ¥2800
   
                たか丸くんパーカー      ¥3400            

冬が近づき、寒くなるこの季節012.gifたか丸くんロンTとパーカーでおしゃれを楽しんでみてはいかがでしょうか??053.gif053.gif053.gif053.gifd0131668_14572691.jpg

こちらの商品のお求めは

* 弘前観光コンベンション協会事務所(市立観光館内)

*まちなか情報センター(土手町)

*弘前市りんご公園


年中使える半袖Tシャツ(¥2100)も好評発売中です(*^‐^*)!!
どうぞよろしくお願いいたします
[PR]
by hirokan5501 | 2010-11-10 17:28 | 土産(民工芸品) | Comments(2)

【たか丸くんが“たか丸くん”グッズをお買い物☆】


 来年(2011年)、弘前城築城400年を迎える弘前市。弘前城築城400年祭マスコットキャラクター・たか丸くんが、市立観光館に遊びにきました!

 その目的は…

 市立観光館内お土産コーナー「さくらはうす」で8月1日から“たか丸くんグッズ”の販売を開始しました。たか丸くんはそのグッズを買いにきたのです(*^▽^*)ノ

 いつもは刀を持っているたか丸くんですが、今日は刀の代わりにたか丸くんが購入したトートバッグを手にしていました。手をパタパタさせて嬉しそうなたか丸くん
 その愛くるしい姿に、胸キュンです♪

 昨日弘前ねぷたまつりが開幕し、観光客が多く市立観光館にお越しいただいている中に、いきなりのたか丸くん登場!子供から大人に囲まれ、写真撮影を求められていましたよ。

d0131668_1822758.jpg
d0131668_18222537.jpg


 市立観光館内お土産コーナー「さくらはうす」では、キーホルダーストラップタオルトートバッグ定規ルービックキューブなど盛り沢山!ぜひお買い求めをっ!!!

d0131668_18224555.jpg


 あと、弘前観光コンベンション協会では「たか丸くん」Tシャツを作製しました。Tシャツ前面にはたか丸くんの正面、背中側にはたか丸くんの後ろ姿が!たか丸くんと一心同体ですね☆(ノ▽^*)キャッ
 サイズは150・S・M・L・XLがあり、お値段は全サイズ¥2,100(税込)。今現在、各サイズとも限りがあり、売り切れの場合は少々お待ちいただくことになるかと思います。
 こちらもいかがですか?

【追記】たか丸くんTシャツに関しては、弘前観光コンベンション協会事務局(市立観光館内)やまちなか情報センター(土手町)、弘前市りんご公園、藤田記念庭園にて取り扱っています。在庫状況などご確認の上お立ち寄りください!

d0131668_1619179.jpg
d0131668_1620513.jpg


【 弘前市立観光館/F 】
[PR]
by hirokan5501 | 2010-08-02 18:28 | 土産(民工芸品) | Comments(4)

初代津軽藩主為信公がおせんべいになっています。

 弘前のシンボルといえば、やはり「弘前城」があげられるかもしれません。
 再来年2011年は、弘前城築城400年記念の年になります。

 城下町弘前には古くからの歴史を持つ和菓子店が多くあり、生菓子やお餅、お団子と、地元の人にはお茶うけ、また贈答用として親しまれています。
 おせんべいひとつにしても、弘前ならではといえる個性豊かなラインナップです。
 例えばコチラ。

d0131668_1842371.jpg


 横7cm・縦15㎝くらいの大きな手焼きせんべいに描かれているのは、
 津軽藩初代藩主「津軽為信公」と、弘前公園の南側に佇む「最勝院五重塔」!
 新たな発見です。

 最勝院五重塔は、津軽統一のために戦士した人々を弔うために建てられた供養塔です。
 現在も、津軽の夏の風物詩「宵宮(よいみや)」(夜店)で、市内一多くの露店が境内に集まる最勝院・八坂神社としてみんなに親しまれています。

d0131668_1951749.jpg


 津軽為信公は、銅像となって描かれていますが、こちらの銅像は弘前文化センター玄関前の広場に現存しています。
 弘前へお越しの際は、弘前城のある弘前公園をしっかりと見据えた雄姿をご覧下さい。
 かつては、弘前公園内の本丸にあったこの銅像。戦時中には金属回収のために一度消えてしまった歴史を持っています。偲ばれて、再建立されたのが現在の銅像です。

  津軽の素朴な甘みのおせんべい。
      弘前の昔のエピソードを添えて・・・。
           旅の思い出話のおともにいかがでしょうか?


手焼きせんべい「津軽為信公」「五重塔」
各390円(税込・3枚入)


【つしませんべい店】
青森県弘前市大字品川町77
0172-32-0983
不定休
8:30~18:30
[PR]
by hirokan5501 | 2009-06-12 17:54 | 土産(民工芸品) | Comments(0)

お土産選びの予習にいかが?

 3月に入り、気温もずっと暖かかった弘前。
 「すっかりだなぁ」と思っていたら、今日のお天気は。春までもうちょっとかかりそうデス。この雪で更に春が待ち遠しい気持ちになりますね。

 冬の寒さも緩和されて暖かくなってきたら、そろそろちょっとした外出や旅行を計画している人もいるのでは?
 
 旅やお出かけの楽しみの一つ、「お土産選び」。旅行には欠かせないですよね~。お土産選びを今から予習して、これから始まる楽しい旅が近づくのをワクワクしながら備えてみませんか?

 今回は、弘前のお土産選びの強~い味方!066.gif
 弘前市立観光館内にある「さくらはうす」を紹介します!

d0131668_1226488.jpg


 「さくらはうす」は、弘前市物産協会の直営店
 弘前市の特産・りんごを使った加工品はもちろん、お菓子やその他たくさんの食品、津軽塗やこぎん刺しなど津軽地方の民工芸品も多種類取り揃えていて、弘前が「ギッシリ!」と詰まっています☆
 その中からいくつか商品を紹介したいと思います!

d0131668_12275942.jpg「ドライアップル」 ¥367
青森県産のりんごを半生状にしたドライアップル。りんごの甘みが凝縮されています。
ヘルシーなので、お土産にはもちろん、ダイエット中の普段のおやつにも良さそう037.gif



d0131668_12305213.jpg




「旅さち」
 5個入¥550 10個入¥1100
りんごの形のパイ生地にサクサクした食感のりんごをのせた、小さなアップルパイ。食べやすい大きさで形もかわいいのでお土産に喜ばれています016.gif



d0131668_1234185.jpg
「アップルスナック」
 赤袋¥420 緑袋¥420
青森県産のりんごをチップスに。りんごそのものの優しい甘さで、サクサクッ♪
箱入り¥630もあり、自分のおやつ用には袋入り、お土産用には箱入り、と使い分けできるところがいいですね045.gifそのまま食べるのはもちろん、サラダのトッピングにするのもオススメ☆



d0131668_12344688.jpg「縄かりんとう」 ¥320
弘前っ子なら一度は食べた事があるのでは!?生地を縄のようにねじって形を整えて揚げて作ったかりんとう。香ばしくて甘さ控えめ。カリカリッとしたオールドファッションドーナツのようなシンプルな味は、お茶はもちろん、コーヒーにもよく合います063.gif
プチかりんとうマニアの私も大ファンです037.gif




d0131668_12363327.jpg

「津軽塗箸」
 大¥1,470
伝統工芸品、津軽塗のお箸は、代表的な唐塗はもちろん、ななこ塗などの様々な模様や色が選べます。大きさも「大」「中」「小」あります。自分だけのマイ箸探しも楽しいかも023.gif



d0131668_1237647.jpg「いのち-桜-」 10個入¥1,100
ほんのり桜の香りのカスタードクリームの中に、桜の葉塩漬けを刻んだものと桜あんが入っています。
桜色のふんわりとしたお菓子で、これからの季節にぴったり♪春限定商品ですよ☆





d0131668_12373353.jpg


「ステンドグラスストラップ-桜-」
 ¥1,100
光の加減で色が透きとおるステンドグラスがとってもキレイ012.gifよく見ると少しずつ色が違うので、
お好みの「桜」を見つけてみてはいかがでしょう。




 桜のグッズが増えてくると、春の季節が近付いてきている感じがして、見てるだけで心はウキウキ春模様♪
 弘前にいらっしゃった時は「さくらはうす」でお土産選びはいかがでしょうか。
 色々な「弘前」を見ることができて、地元の私たちでもワクワクしちゃうお店です006.gif


「さくらはうす」
住所    : 〒036-8588 青森県弘前市下白銀町2-1 弘前市立観光館内
電話番号 : 0172-33-7002
休み    : 12月29日~1月3日(年末年始)
営業時間 : 9:00~18:00(通常)
         8:00~21:00(桜まつり期間4月23日~5月5日)


【F・K・Y】
[PR]
by hirokan5501 | 2009-03-10 20:44 | 土産(民工芸品) | Comments(2)

実りの秋!産直ドライブ♪

秋の澄んだ空気に誘われて、3人でドライブに出かけました♪
国道7号線を大鰐方面へ南下して、まず訪れたのは、
道の駅ひろさき『サンフェスタいしかわ』

d0131668_15504100.jpg中には採れたての、安くて新鮮な農産物などがいっぱい!
平日の午前中でも、お買い物を楽しむ人で賑わっています。
たくさんの商品の中、私たちもウキウキ016.gif




d0131668_15531870.jpg手に取ったのは、サンフェスタいしかわで作っている、『トマとろジュース』。トロッとした、トマトの甘みたっぷりのジュースです。まるでミネストローネを飲んでいるかの様な濃厚さで、ジュースとしてはもちろん、スープやソースなどのお料理にも最適☆他にも『しそじゅうす』や、りんごジュースにりんご酢を加えた、『りんごじゅう』などもあります。


d0131668_1612453.jpgそして、手作りお菓子の『りんごパイ』
紅玉の甘酸っぱさが好評で、土日などは売り切れてしまうほどの人気ぶりです☆


d0131668_16124794.jpg奥に進むと手作り豆腐のお店が!
『とうふかまぼこ』『具だくさんかまぼこ』
地元の大豆を使ったお豆腐からできていて、ほんのり甘くて優しい味です012.gif『具だくさんかまぼこ』は、週イチしか店頭には並ばない、レアな一品☆からし醤油をつけて食べるのもオススメです。



丁度お昼の時間も近づいて来たので、隣接している、レストラン『がんばっ亭』へ。
d0131668_16144647.jpg
d0131668_1616786.jpg

お惣菜がズラリ!!その数、数十種類!!
好きなお惣菜を、バイキング方式で盛り付けて、ご飯+お味噌汁+お新香=150円をプラスすると、マイ定食が作れちゃいます☆
どれも美味しそうで、目移りして、全部食べたくなってしまいます011.gif


たくさんの料理に興奮しながら、「あれも!」「これも!」と選んでいるうちに、とってもゴージャスな定食が完成!!038.gif
   d0131668_16252636.jpg
d0131668_1626214.jpg

地物の食材を使った、家庭の味を、たっぷり食べて大満足です011.gif
ヘルシーで色鮮やかな、『五穀米弁当』も販売していました。お弁当用のパックも置いてあり、好きなお惣菜を詰めて、オリジナルお弁当も作れるんですよ☆行楽にもピッタリですね!


d0131668_16311774.jpgもちろん外ではりんごの販売もされていました。

d0131668_1633563.jpg今の時期、人気なのは『トキ』、『シナノスイート』だそう。ちょっぴり試食。甘くってジューシー043.gif


りんごの甘い香りにつられる様に、そのまま『アップルロード』へ。
その名の通り、多くのりんご畑が広がっている道です。
d0131668_1637510.jpg
d0131668_1642715.jpg
たわわに実ったりんごと、岩木山を眺めながらのドライブは、気持ちが良くて最高!これからの『王林』や『ふじ』の収穫も楽しみです☆



そして、ちょっぴり寄り道、岩木にある『四季彩館』へ。

岩木の”かっちゃ”(お母さん)が、自家製の漬物を販売しているコーナー。
「大根の醤油漬け」、「ビール漬け」、「ブドウ漬け」や、「梅干し」、「ホッケの寿司」まで、色とりどり。『四季彩館』は、この漬物を試食で、ほとんど全部食べることができるのもうれしい♪
同じ漬物でも、作る人によって、味が少しづつ違うので、食べ比べても楽しいですね♪
d0131668_16462189.jpgd0131668_16471283.jpgd0131668_16474826.jpg






生花コーナーも広くて、元気な花達がいっぱい056.gif
掲示板には、生産者の方々の写真やコメントも。
作っている方の顔が見える農産物は、安心感と親近感があっていいですね☆


おいしい空気と、おいしい食事、甘い香りと味のりんごに、すっかり癒されたドライブでした。
「地産・地消」の、”地消”部門を、おもいっきり楽しんじゃいました011.gif

皆さんも、実りの秋・弘前の”おいしいドライブ”いかがですか058.gif


【サンフェスタいしかわ】
住所   :青森県弘前市石川字泉田62-1
電話番号:0172-92-3366
営業時間:9:00~18:30(冬季は17:30まで)
定休日  :12/31~1/3、 8/13午後


【四季彩館】
住所   :青森県弘前市五代字早稲田508-3
電話番号:0172-82-5000
営業時間:4月~10月 9:00~18:30
       11月~3月 9:00~17:30
定休日  :12/31~1/3、 8/13
       1月~3月・・・月曜日
       4月~12月・・・定休日なし


【Z・T・Y】
[PR]
by hirokan5501 | 2008-11-02 12:16 | 土産(民工芸品) | Comments(0)

「匠の技 きらり ☆」

弘前公園へと人々を導く土手町。この辺りは、私が学生だったころ一番流行していたハイローザというショッピングビルがあった場所。そんな時代から、いえそれ以前から、古きよき時代の佇まいを残した気になるお店がいくつかあります。 「亀屋革具店」 もそのひとつ。
d0131668_15545235.jpg


d0131668_1603951.jpg店構えといい、私のようなまったくの素人を受け付けないイメージ…と思っていたのが、入るなりご主人がやさしい笑顔で迎えてくださいましたよ!ワンちゃんとカメさんも迎えてくれます。





「亀屋革具店」は、昭和8年創業当時から長きに渡り馬具を手掛けてきた、知る人ぞ知る名店です。現在は女性用のかばんや、ストラップ、ベルト、ハサミのケースなどさまざまな商品が並んでいます。
d0131668_1612733.jpg
d0131668_1613296.jpg
d0131668_1613243.jpg







見てるだけでニンマリ001.gifしてくるかわいい品ばかり。
さすがのお値段の品から、私でも買えそうなお手頃価格のものまで。
(大丈夫。カードも使えますよ…051.gif

d0131668_16182894.jpg思わず手にとってしまう首輪。猫用もあります。
こちらは山菜取りの必需品。
d0131668_1625799.jpg









d0131668_16321992.jpg
おっと、ここで同行したSさんのお財布が登場。ボタンの調子が悪かったんですって。早速修理していただきました。あっという間に完了!
財布、ベルト、かばんのほつれなど、他の店でできない品が修理に持ち込まれることも多いそう。「でぎねェものねェなァ(できないものはないよ)」006.gifとご主人。その手が物語ってます。ぜひなにか修理してもらいたくなってきます(笑)

ちなみに、創業者である父・亀蔵さんの名前から亀屋革具店となったそうですよ。由来が気になってムズムズしてたので、スッキリ☆彡

亀屋革具店
住所    弘前市一番町24
電話    0172-32-2077
営業時間 9:00~18:30
休業日   日曜日


さて、坂を上り左に曲がって、こちらも老舗の 「ゑびすや履物店」 におじゃましました。
明治15年創業の、和装履物の専門店です。
d0131668_16392680.jpg

d0131668_10303861.jpg
目を奪われるのは乙女心をくすぐる鼻緒の数々。ざっと数えて約600種類056.gif

好きな鼻緒と草履・下駄を組み合わせてお気に入りを作れるそう。かわいすぎて選べないですぅ~016.gif
d0131668_16461554.jpg鼻緒は無地のビロード風から綿タイプの柄物などがあって、20~30年前に比べるとあたりがやわらかくなっているとのこと。意外とシックな柄が人気だとか。
私はこんなのがいいなぁ053.gif お部屋にちょこんと置いてあってもかわいい。




昔は草履の台の部分だけ貰うことがあって、それを大事にしまっておいた方が鼻緒だけ付けに訪れたりもするそう。眠っている草履はありませんか?

d0131668_1648789.jpgd0131668_16483344.jpg








こんなあでやかな装いはいかがでしょう。華やかで素敵です。


d0131668_1654144.jpgもちろん、これからの祭りシーズンにもってこいのぞうり・下駄も充実してます。


d0131668_16552435.jpg

注目は津軽塗の下駄。色合いや組み合わせも様々ですねぇ045.gif
台は津軽塗職人さんにお願いして塗ってもらっているそうです。こぎん刺しの鼻緒が付いたものも多く、伝統工芸のコラボレーションもまた素敵。
d0131668_1656310.jpg










修学旅行の学生さんに、体験学習も出張で行っていて、下駄に鼻緒を付ける作業を手ほどきしているそうです。職人さんは10分程で仕上げる作業は、初めての学生さんで1時間から1時間半かかるそうですよ!
全国の物産展に出展することもあるそうなので、お近くの際はぜひ覗いてみてください。

ゑびすや履物店
住所    弘前市本町104
電話    0172-35-7870
営業時間 9:00~18:00
休業日   日曜日


【S・U・K】
[PR]
by hirokan5501 | 2008-06-29 15:50 | 土産(民工芸品) | Comments(0)

日本全国ご当地フレグランスの祭典!

弘前市りんご公園ショップでは、資生堂と共同開発したご当地香水を一同に集めた「日本全国ご当地フレグランス・フェスティバル」を開催中です。
全国各地の個性的な香りが勢ぞろいしています。

ラインナップ---先ずは、ホーム弘前市の「さくらとりんごの花」の香水、「しだれざくら(角館)」「かぐや姫伝説(竹原)」「コバノミツバツツジ(飛騨高山)」「さくら(尾道)」「タチアオイ(会津若松)」「よさこい(高知)」「梅(金沢)」「如是姫伝説(長野)」「シャクナゲ(草津)」「アカシヤ(小坂)」「蝶々夫人をイメージ(長崎)」「吉野山の桜(吉野)」です。

この後、「ホップ(遠野)」、弘前市と友好都市の知床斜里の「ハマナスの香り」も参加予定!

2008.夏・日本全国ご当地フレグランス・フェスティバル

d0131668_1344091.jpg

[PR]
by hirokan5501 | 2008-06-15 13:57 | 土産(民工芸品) | Comments(0)

弘前の香り『弘前さくらものがたりオードパルファム』誕生!!

新聞やテレビのニュースを見て、既にご存知の方もいるかもしれませんが、
この度、当協会と資生堂との共同開発による『弘前さくらものがたりオードパルファム』が発表されました!!
2010年に東北新幹線新青森駅開業を控え、「観光弘前の魅力アップ」を図るため、
弘前が有する観光資源(歴史・文化・景観・物語)を香りで表現したフレグランスが誕生したわけです003.gif
ここでプチ情報!資生堂のご当地香水では、弘前は15番目、県内ではなんと『初』072.gifになります!!

弘前さくらものがたりオードパルファム…。
弘前が誇る弘前公園の桜「ソメイヨシノ」から採取した香りをベースに、
「りんごの花」の香りをブレンドした、優しく落ち着きのある
ナチュラルなフローラルタイプの香りで、
弘前の香りとして、これから注目の一品になれば♪と思います001.gif

このオードパルファム、手にする時はぜひ「弘前城」をイメージしながら見てみてください!
箱の表面には、弘前城の窓をかたどったようなエンボス加工が施され、
黒い蓋は弘前城の屋根の部分を、中を開けた時に目に飛び込む内側の赤は下乗橋をイメージしたもの!!
そしてその箱から出てくるのは、淡~いピンクの、まさに満開の桜をイメージしたボトルが顔を見せるわけです(^^)
d0131668_18334762.jpgd0131668_18335859.jpg








オードパルファムという「洋」の部分と、パッケージの「和」の部分は
まさに洋と和が共存する、弘前の街のイメージにもピッタリ072.gif
ポスターからも感じ取ってもらえるのではないでしょうか。
d0131668_1842392.jpg

d0131668_19122498.jpg百石町展示館で行われた『弘前さくらものがたりオードパルファム』の記者発表会では、
初お披露目という事で、第24代弘前城ミス桜グランプリが華を添えて下さいました060.gif
『弘前さくらものがたりオードパルファム』をライトアップした「桜のブーケ」を持ち、可憐なピンク色の着物をまとったミス桜が、弘前の春の香りと共に入場です!d0131668_19115070.jpg








記者発表会は、オードパルファムの紹介だけではなく、使い方提案コーナーも設けられ、
体に纏うだけではない、いろいろなアイディアも紹介してみました。
d0131668_19244995.jpg

d0131668_1930137.jpgd0131668_19302699.jpgd0131668_19304111.jpg






無事に発表を終えた『弘前さくらものがたりオードパルファム』
2/29から当協会直営店の「弘前市まちなか情報センター」と「弘前市りんご公園」、「楽天市場りんご公園ショップ」、その他、さくら野百貨店(弘前店・青森店・八戸店・北上店)で先行販売されます!!!
また、3月中旬には本格的に販売開始となる予定ですので、
思い出のよみがえる旅のお土産として、
また、大切な方への贈り物などに選んでみてはいかがでしょうか。

「春の風、桜の香りほのかに…」
ぜひ弘前の春を感じとってもらいたいと願うスタッフ一同でした。

d0131668_1938793.jpg

弘前さくらものがたりオードパルファム(30ml)/2,100円(税込)
※表示価格は希望小売価格です。
インターネットでの購入は、こちら!

【H・S・E】
[PR]
by hirokan5501 | 2008-02-23 18:08 | 土産(民工芸品) | Comments(0)

検索

カテゴリ

全体
観光施設
イベント
桜・りんごの花・春
ねぷた・夏
菊まつり・秋
雪まつり・冬
グルメ・飲食店
土産(食)
土産(民工芸品)
土産(その他)
体験・ツアー
まち歩き
交通
宿泊施設
広域観光
フィルムコミッション
インバウンド
ひろさき検定
その他の情報

記事ランキング

画像一覧

ブログジャンル

旅行・お出かけ
東北

タグ

ブログパーツ