心で感じ、人々が交わる 新しい旅スタイル


by hirokan5501

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新の記事

本日(1/22)の岩木山と雪..
at 2018-01-22 16:00
弘前市りんご公園のタルトタタン
at 2018-01-19 15:00
NHK「あっぷるワイド」で『..
at 2018-01-18 16:00
青函トンネル開業30周年!!
at 2018-01-16 16:00
喫茶室baton×りんごジュ..
at 2018-01-12 16:00

以前の記事

2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...

リンク

カテゴリ:まち歩き( 9 )

2017.6/24「まちの記憶 歩くヒストリーピン下町界隈編」

6月3日から7月23日まで開催の「中南津軽まちあるき博覧会2017」。32のコースが設けられていますが、その一つ、「まちの記憶 歩くヒストリーピン下町界隈編」が6/24限定で行われました。
d0131668_1152117.jpg


イギリス発の「Historypin(ヒストリーピン)」。地図の各ポイントに関わる写真や資料を使用しながら、地域の記憶や思い出をつなげていくコミュニケーションツール。これを城下町の‟まちあるき”と組み合わせ、路地裏探偵団とともに実際に歩いてめぐりました。

[コース] 藤田記念庭園集合→弘前公園→下新町→紺屋町→仲町→弘前公園解散
d0131668_11531067.jpg


スタートの藤田記念庭園から周辺の川の流れをたどったかと思うと。弘前公園の土塁や崖を見上げ&見下ろしキョロキョロ、入ったことのない小道をテクテク、建物の裏手に回り込んでソロリソロリ。まるで1日限定の‶探偵”気分!!
d0131668_1154586.jpg


団長から昔の写真を要所要所で見せてもらいます。「えー!昔、弘前公園の中にあった野球場の写真?野球場あったの?」と驚くと、「わたしはその野球場に来たことあったよ」「あの三沢高校が来てすごい人混みだったこともあった」と情報が加わり、参加者の記憶&思い出がつながった瞬間も☆

誓願寺。津軽藩祖・為信の大望‶津軽統一”に貢献し、さらには弘前城築城場所の選択に関わった軍師・沼田面松斎が眠るお寺です。
d0131668_11564317.jpg


さて、ここは弘前公園の西濠。
案内役の団長は、どこを指さしていると思いますか???
参加者には嬉しい、来年以降のさくらまつりが楽しみになる情報をゲット。
d0131668_1157336.jpg


『走っている列車の中で生まれ、ゆえに故郷はない』と言ったあの劇作家。
「故郷はここ、弘前なの!?」と、急に親近感がわいた方も。
d0131668_11574286.jpg

ガイド内容の明記を避けた(ちょっと疑問形の多い&ぼんやりした)報告になりましたが、詳しい内容については、参加者様の特権ということでご容赦ください!!(笑)

d0131668_11582911.jpg


中南津軽まちあるき博覧会2017」は、7月23日まで。
32のまちあるきコース(一部既に終了あり)を準備して、みなさまの参加をお待ちしております。通年(定番)コース単発(日にち限定)コースなどございますので、下記URLからご覧ください。
※すべて予約制。

(公社)弘前観光コンベンション協会HP 
 「中南津軽まちあるき博覧会」ページ(パンフレットダウンロード可)
http://www.hirosaki-kanko.or.jp/web/edit.html?id=tsugaru_machiaruki
津軽まちあるき予約サイト
http://machi-aruki.sakura.ne.jp/
[PR]
by hirokan5501 | 2017-06-27 15:00 | まち歩き | Comments(0)

りんごのマンホール

マンホールの蓋を見ると、その土地の特徴が表されていることが多いですが、
弘前ではお馴染み(!?)のりんごのマンホールの蓋です。
d0131668_1840294.jpg

実はこんなにも種類があるのは知ってましたか?
d0131668_1845363.jpgd0131668_1841232.jpg

d0131668_1841025.jpgd0131668_1845788.jpg

d0131668_1854438.jpg

他にもあるかもしれませんので、ぜひ、探してみてください。
※写真を撮る際は、交通事故に十分ご注意ください。


そして、平成27年9月20日(日)カルチュアロードが開催されますが、
上下水道展において、【パネル・カラーマンホール蓋展示】が行われます。
マンホール蓋は、近隣市町村も含めて普段とは違う鮮やかなカラー版なので一見の価値があります。
d0131668_18401594.jpgd0131668_18394949.jpgd0131668_18405533.jpg

d0131668_18405292.jpgd0131668_18404618.jpgd0131668_18404489.jpg

d0131668_1840422.jpgd0131668_1834387.jpgd0131668_18544945.jpg

■弘前市役所ホームページ
http://www.city.hirosaki.aomori.jp/kurashi/suidou/topics/2015-karutyua.html
[PR]
by hirokan5501 | 2015-09-14 18:42 | まち歩き | Comments(0)

りんご飴マンと歩く!「ふらいんぐうぃっち」舞台めぐり参加者募集!!

最近、アニメや漫画の舞台になった街は『聖地』と呼ばれ、そこを訪れる『聖地巡礼』が若者の間で大きなブームになっていますね~!

当地でも、弘前市が舞台となっている同市在住の漫画家・石塚千尋さんのマンガ「ふらいんぐうぃっち」(別冊少年マガジン連載)が注目を集めています。

見習い魔女の主人公「木幡 真琴」を中心に物語は進んでいくのですが、この物語の中に出て来る舞台をまとめた観光マップ「チトナビ」が発行されたり、「巡礼ノート」が登場したりと、様々な展開が行われています。

注目を集めている中、また新たな企画ができたということで、紹介しちゃいます!!!

その名も、「りんご飴マンと歩く!ふらいんぐうぃっち舞台めぐり」

りんご飴マンとは??

東京から来た生ゆるキャラ「りんご飴マン」がガイドとなり、「ふらいんぐうぃっち」の世界をご案内します!

真琴ちゃんがほうきで空を飛んだシーンで出て来る場所や漫画本の表紙になっている公園の橋などなど・・・。色々と漫画と完全一致するアングルで撮影するのも楽しいですよ~~~♪

そして、その様子をスマートフォンアプリ「舞台めぐり」上で楽しんだり、自身のSNS(FacebookやTwtter)で紹介して下さい!

漫画の世界を飛び出して、りんご飴マンと一緒に真琴ちゃんたちの日常を垣間見てみてはいかがでしょうか??

第1回目の舞台めぐりは、7月26日(日)に行われます!

詳細・お申込みは、「ふらいんぐうぃっち」舞台めぐりからどうぞ~♪
d0131668_14473129.jpg

[PR]
by hirokan5501 | 2015-07-23 14:54 | まち歩き | Comments(0)

収穫の秋!日本一のりんごの街でとことんりんごを満喫する旅!

りんご博覧会開催中のりんご王国弘前ですが、
りんご好きにはたまらない、文字通り!りんごを満喫できるツアーを紹介します♪
d0131668_19483846.jpg

このツアーはタクシー(人数によってはマイクロバス)で巡るツアーですが、集合場所の弘前市立観光館を出ると、まずは、アップルロードを通って、「JA河東地区りんご施設」に向かいます。
ここでは、普段は滅多に見ることの出来ないりんごの選果場を見学します。
センサーを通ったりんごが自動で振り分けられる様子はずっと見ていても飽きません。
d0131668_1952541.jpg

続いて、弘前市が誇るりんごにこだわった公園「弘前市りんご公園」に向かいます。
ここでは、たわわに実ったりんごの収穫体験ができます。
※時期によって収穫できるりんごの品種が異なります。品種によっては数量を制限させていただく場合がございます。
d0131668_8361775.jpg

また、りんご公園の敷地内に2014年夏にオープンしたばかりのりんごシードル工房「kimori」も見学できます。
シードルとは、林檎を発酵させて造られるアルコール飲料で、フランスのブルターニュ地方とノルマンディー地方などで昔から飲まれているリンゴ酒のひとつです。実は弘前は日本におけるシードルの発祥の地でもあります。
d0131668_1001165.jpgd0131668_1002177.jpg

最後は、藤田記念庭園の洋館内にある大正浪漫喫茶室。
ここでは、こちらのコース限定!アップルパイの食べ比べも出来ちゃいます。

d0131668_10262477.jpg弘前は和菓子、洋菓子屋、喫茶店の多い街でもあり、それらの各店舗では、新鮮なりんごを使用したオリジナリティー溢れるアップルパイがメニュー化されていて、その数なんと50種類以上!今ではアップルパイの食べ歩きも人気になっています。
※アップルパイの食べくらべは「りんご満喫ツアー」参加者限定商品です。通常時は提供商品にございません。
※写真はイメージです。


d0131668_10251533.jpg

【開催日程】平成26年10月4日・18日・25日、11月2日
【開催時間】13:00~16:30(喫茶時間を含む)
【旅行代金】お一人様6,500円(おみやげ・飲食代含む)
【移動方法】送迎車
【募集人員】定員18名(最少催行人数6名)
【申込締切】参加日の1週間前まで
【問合せ先】弘前観光コンベンション協会(0172-35-3131)

■お申し込みは、ひろさき街歩き予約システムからどうぞ!!
http://machi-aruki.sakura.ne.jp/course.php?c=138&SSID=1
d0131668_10384018.jpg

[PR]
by hirokan5501 | 2014-09-26 10:38 | まち歩き | Comments(0)

女子旅専用ガイド「弘前のメインストリート土手町界隈ぶらぶら散歩」

弘前路地裏探偵団の主婦ガイドチーム「アパ・テ・ドラ」は、ツアーをリニューアルして女性限定の街歩きコース「弘前のメインストリート土手町界隈ぶらぶら散歩」を始める。最近人気の“女子旅”の増加を受け、買い物を楽しめる場所や時間を設けた他、記念品として、路地裏探偵団オリジナルバンダナ、アップルパイ、田中屋オリジナル津軽塗柄のポストカードをプレゼントする。弘前市土手町の商店街を舞台に洋館や土産物店などを巡り、県内外の女性たちに弘前の魅力をPRする。1日限定10名 最少催行人員1名 ※女性限定ですが、カップルでの参加は、受け付ける。

皆さん、是非一度、女子探偵ガイドと一緒に土手町を歩いてみませんか?
お申し込みは、こちらからどうぞ!

d0131668_17183925.jpg


d0131668_1481683.jpg

ユニホームは、女子探偵をイメージして、ボルサリーノ風ハットにトレンチコートを着用!

d0131668_1482690.jpg

コートの後ろには、弘前路地裏探偵団のロゴがお洒落にプリントされている。
[PR]
by hirokan5501 | 2013-05-30 14:54 | まち歩き | Comments(0)

秋田県大館・小坂のまちあるき エクスカーションに参加しました!

11月3日・4日とで開催された「日本まちあるきフォーラム in ひろさき」
の2日目のエクスカーションについてご紹介します! 

(1日目についてはコチラ

6つのコースのうち、行った中では唯一県外の秋田県大館市と小坂町。
1度に2つの街歩きを体験できるという豪華な2本立て!!
4日当日は、あいにくの雨模様でしたが、集合時刻が近付くにつれて、
続々と参加者の皆さんがJR弘前駅に集まりました。
そうして、専用バスに揺られて、移動すること約40分。

1つ目の街~秋田県小坂町に到着! いよいよ、街歩きの始まりです。
小坂町の街歩きのスタートは、「旧小坂駅」でした。
ここでは、関係者の方々のご挨拶から始まり、旧小坂駅についての
説明が行われました。

d0131668_1031121.jpg

現在、内部公開は行われていませんが、運転体験などができるよう、
将来的にはテーマパーク化に向けて整備中とのことでした。
近代的なデザインでの建築が増えてきている中で、こういったレトロな
雰囲気の駅舎は是非残って行って欲しいものですね♪

そうして、そのまま歩いて約5分ほどのところにある次の目的地。
d0131668_10492376.jpg
明治百年通り(左)を通って、日本最古の芝居小屋と言われる
「康楽館」(右上)へ。
ここで載せた写真は洋風の雰囲気を持つ外観のみですが、
中に入ると和風に変わるという珍しい施設になっていますヨ。
ここでは、黒子さんがわかりやすく、丁寧に説明してくれます。
なかなか見ることが出来ない場所も見ることが出来るので、
是非1度ここを訪れて、ご自身の目で見て頂きたいと思います~♪

d0131668_1153042.jpg
ここからは、3つの班に分かれて(左上)、次の目的地である
「小坂鉱山事務所」(右上)へ。
元々、小坂鉱山の事務所として使われていたこの建物は、
当時の状態を再現する為、細部にまでこだわって、当時の設計図を
元に建てられたもので、当時の鉱山の歴史などを詳しく知ることが
出来る資料館となっています。 街歩きをされる方はもちろんですが
建築学を学んでいる人にとっても、見る価値があるのかなと思いました!

さて、ここまでは、秋田県 小坂町の街歩きについてご紹介しましたが、
このコースの街歩きは、ここで終わりではありませんっ!
さらに、バスに揺られること、約30分。今度は、忠犬ハチ公で有名な
「大館市」での街歩きです。

大館市に入ってまもなく、バスを降りた場所は「秋田犬会館」でした。
秋田犬についての資料が展示されているという施設の前には
案内をして下さる「大館案内人」の皆様とそして!秋田犬
出迎えてくれました!
d0131668_121844.jpg

街歩きのスタートは、この会館の前から歩いてすぐの石田ローズガーデンからでした。
d0131668_13591190.jpg
約2300㎡もの敷地内には1種1本を基本とするバラが植栽されていて、
約600種のバラを楽しむことができるとのこと。
また、ここは名誉市民の故石田博英氏の私庭だった場所でもあります。

時間の都合上、ざっとしか見ることが出来なかったのですが、
バラの花が好きな方にとっては、時間を有意義に過ごせる場所
ではないかと思いますよ!

そして、最後は遍照院(左)と八幡神社(右)
d0131668_1428423.jpg
ここでは、それぞれ歴史的背景を中心に説明をしていただきました♪

また、遍照院(左)に関しては、東北三十六不動尊霊場 第十二番札所にもなっているため、寺社・札所巡りの1つとして訪問してみるのもいいかと思います。

ということで、盛りだくさんの内容で行われた街歩きも、無事に
終了しました。

なかなか2つのコースを1日で歩くというのはないため、とっても想い出に
残る街歩きとなりました。

ここで紹介した内容以外にも、見どころはありますので、是非訪れて見てください!
[PR]
by hirokan5501 | 2012-11-09 16:06 | まち歩き | Comments(0)

第2回 日本まちあるきフォーラム in 弘前が開催!(1日目)

11月3日(土)・4日(日) 第2回 日本まちあるきフォーラム in 弘前

が開催されました。

2011年に長崎市で始まった「日本まちあるきフォーラム」。

第2回目の今年は弘前市で開催することとなり、全国各地からたくさんの

方々にお越し頂きました。


1日目のプログラム

開会式・オリエンテーションを終えて、吉田類さんの基調講演から

スタートしました。

d0131668_11142267.jpg


普段、テレビでしかお目にかかれない方の講演というだけあって、

会場にはたくさんの方々が!

基調講演のあとは、5つの分科会に分かれ、各テーマで

学習と実践が行われました。

d0131668_11215294.jpg


写真は、第5分科会「街歩きでつながる広域連携、官民連携」の

内容です。

この分科会では、街歩きにおいての行政の取り組み「弘前感交劇場」

について、そして「近隣市町村との連携」を行うことで、観光客の

多様なニーズに対応できるようになるという事例発表が行われました。

これらの事例発表の後、参加者との意見交換会が行われ、

こういった連携を作り上げるために、弘前の事例を参考にして

自分たちの街歩きのシステム構築に生かしたいという声を頂きました。

各分科会終了後は、当協会の坂本事務局長をファシリテーターに、

長崎コンプラドールの桐野理事長、NPO法人北九州タウンツーリズムの

大内田代表理事、函館市の小笠原観光振興課長、合同会社西谷

「たびすけ」の西谷代表による事例発表が行われました。

d0131668_13545116.jpg


このトークセッション終了後は、情報交換会・交流会が行われ、

その中で、来年市制50周年を迎える「北九州市」が、

次回の日本まちあるきフォーラムの開催地になったことが

発表されました。

d0131668_1405359.jpg


2日目に続く。
[PR]
by hirokan5501 | 2012-11-06 17:14 | まち歩き | Comments(0)

第2回日本まちあるきフォーラムin弘前

昨年、長崎県長崎市から始まった「日本まちあるきフォーラム」。
第2回の今年は弘前市での開催となりました。

近年、新たな観光のスタイル「まちあるき」が注目を集めています。全国各地で盛り上がりを見せ始めている「街歩き観光」の全国の事例、街歩きの持つ可能性などについて議論を深めて、津軽の街歩きを体験してみませんか?
d0131668_15344241.jpg

日時 2012年11月3日(土)9:30~20:00
        〃  4日(日)8:30~13:00

会場 ベストウェスタンホテルニューシティー弘前
   及び弘前市内、中南津軽地域、秋田県北地域

会費 2000円(情報交換・交流会を除きます)
*情報交換・交流会参加の方は別途3000円


プログラム内容
一日目

午前中には、
「夜の街歩きの楽しみ方~酒場の呑(ノ)ミニュケーション論」というテーマで
ライター・イラストレーターとしてメディアでも活躍しておられる、吉田類氏に基調講演をしていただきます。

午後は各テーマごと分かれてのフォーラム分科会
第1分科会「街の見どころ・目のつけどころ・カンどころ」
第2分科会「商店街のお宝拝見!」
第3分科会「人に優しいバリアフリーな街歩き」
第4分科会「楽しいコースづくり・見やすいマップづくり」
第5分科会「街歩きでつながる広域連携、官民連携」
実際に街へ飛び出して、体験しながら課題を探る分科会もあります。

16:00からは、街歩きに精通した四名のゲストによるトークセッション
「全国まちあるきアレコレ~街歩きが地域を変える!観光を変える!」

そして18:30からは自由参加の情報交換会・交流会が行われます。

二日目

フォーラム2日目は、エクスカーション「津軽の暮らしと文化を感じる旅」で、弘前市に隣接する中南津軽地域~秋田県北地域の街歩きを体験いただきます。

コースは全部で6コースございます。
1.平川・黒石の街歩き
「蔵と造園の町・尾上と江戸自体のアーケード(黒石こみせ通り)散策」
2.大鰐の街歩き
「ローカル線でゆく!昭和レトロな温泉街・大鰐自転車散歩」
3.藤崎・田舎館の街歩き
「役場がお城?(田舎館村)とりんご「ふじ」発祥の地(藤崎町)のんびり散歩」
4.西目屋と岩木地区の街歩き
「世界自然遺産(白神山地)と津軽の秀峰(岩木)の惠み~名水・伝説・秘境巡り!」
5.秋田県 大館・小坂の街歩き
「日本最古の芝居小屋『康楽館)と忠犬ハチ公のふるさと(大館市)巡り」
6.弘前市内特別コース
「津軽の夏祭り(津軽ねぷた体験)と日本一の(弘前りんご)満喫コース」

*上記の6コースの中から第1希望と第2希望をお選びください。
(定員オーバーの場合は第2希望のコースになることもありますので、予めご了承ください。)


フォーラム前泊される方にお勧めオプションツアーもあります。
オプションプログラム11月2日(金)開催!!
1.「路地裏探偵団とゆく夕暮れ路地裏散歩」
  謎の探偵団と歩く夕暮れ時のバックストリート探検90分
2.「弘前城紅葉ライトアップツアー」
  紅葉に彩られた夜の弘前城散策90分!
*1.2コース共に時間は17:30から19:00料金は1,000円


お申し込みは、下記の申込み用紙(PDF)をプリントアウトし、FAXでお申込下さい。
プログラム表(PDF)
プログラム裏(PDF)
申込み用紙(PDF)


日本まちあるきフォーラムin弘前についてのお問合せは

津軽ひろさき街歩き観光推進実行委員会 事務局
TEL0172-35-3131 FAX0172-31-5445
専用携帯電話080-2843-9228まで
[PR]
by hirokan5501 | 2012-09-13 15:39 | まち歩き | Comments(0)

2月28日まで毎日開催中の冬限定ツアー

  平成23年2月28日(月)まで毎日楽しめる冬限定ツアーをご紹介します(’‐’)

   まずは***冬のライトアップタクシープラン”ビビットナイト”***

光り輝くイルミネーションや明治・大正期の文化財のライトアップは
今や弘前の冬の風物詩
今年で20年目を迎えるエレクトリカル・ファンタジーのストーリーをタクシードライバー
各所をめぐりながらご案内いたします(^‐^!!
ご夫婦、カップル、お友達同士で幻想的な弘前の夜を過ごしてみてはいかがでしょうか

d0131668_13194213.jpg


開催期間       平成23年2月28日(月)まで毎日

開催時間       17:00~21:00の一時間

集合場所       市内宿泊施設

移動          タクシー (ドライバーによる案内付き)

旅行代金       お1人様 2,000円(税込)
 
最少催行人員    2名(最大20名) ※2名様よりお申込み可能

申込期限       ご利用日の前日午後5まで
               ※メールでのお申込みの場合は3日前まで


コース内容

市内宿泊施設  弘前昇天教会  百石町展示館  カトリック弘前協会 

日本基督教団弘前協会  青森銀行記念館  追手門広場  鍛治町付近~

JR弘前駅付近



もう1つ大人気のツアーをご紹介いたしますッ(’‐’)

***冬限定ツアー 冬の*ライトアップ*洋館散歩弘前路地裏探偵団***

弘前路地裏探偵団004.gifライトアップ072.gifされた洋館を一緒に散策しませんか♪♪♪
細い路地や坂道など弘前にはガイドマップに載っていなくても楽しい場所がたくさんッ
路地裏探偵団ならではのおもしろさがいっぱい詰まったツアーです012.gif

開催期間       平成23年2月28日(月)まで毎日

開催時間       17:30~19:00まで 

集合場所       弘前市まちなか情報センター

集合時間       17:30

移動          徒歩(ガイド付き)

ガイド          路地裏探偵団

旅行代金       お1人様:1,000円(税込)
               ※大人・小人同額
               ※ガイド料・記念品含む

最少催行人員    1名(最大10名)
               ※1名様よりお申し込み可能

申込期限       ご利用日の3日前まで


 コース内容 

弘前市まちなか情報センター  弘前昇天教会  百石町展示館 
 
カトリック弘前協会  日本基督教団弘前教会  三上ビル  青森銀行記念館

まだまだ冷え込む季節です(>_<)!!
夜のツアーですので、手袋やマフラーなど防寒対策をお願いいたします**

冬限定ツアーのお申込みお問合せ
(社)弘前観光コンベンション協会
TEL:0172-35-3131

メールでのお申し込みはこちらのHPから

http://www.hirosaki.co.jp/htcb/sightseeing/gekijyou/index.html#fuyu_monitor

d0131668_1612170.jpg





冬限定ツアーです
2月28日まで毎日行っておりますので、
お客様のご都合に合わせてお申し込みいただけます(’‐’)v
お好きなツアーで弘前の**ステキな夜**
お楽しみ下さいッ012.gif

たくさんのお申し込みお待ちしております
[PR]
by hirokan5501 | 2011-02-04 17:55 | まち歩き | Comments(0)

検索

カテゴリ

全体
観光施設
イベント
桜・りんごの花・春
ねぷた・夏
菊まつり・秋
雪まつり・冬
グルメ・飲食店
土産(食)
土産(民工芸品)
土産(その他)
体験・ツアー
まち歩き
交通
宿泊施設
広域観光
フィルムコミッション
インバウンド
ひろさき検定
その他の情報

記事ランキング

画像一覧

ブログジャンル

旅行・お出かけ
東北

タグ

ブログパーツ