心で感じ、人々が交わる 新しい旅スタイル


by hirokan5501

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新の記事

2017年度「平成まんじ札」
at 2017-08-17 15:00
「ラブライブ!サンシャイン!..
at 2017-08-15 15:00
2017弘前ねぷたまつり「な..
at 2017-08-10 14:00
浴衣れんたる
at 2017-08-09 12:00
2017なぬかび運行
at 2017-08-07 16:30

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...

リンク

カテゴリ:イベント( 174 )

2017年度「平成まんじ札」

まんじ札(ふだ)は、数十年前、弘前のお店・施設で無料配布されたお札です。各店、店舗の独創的なデザインが話題を呼び、子ども達を中心に大流行。平成まんじ札として復刻し、今年度で6年目を迎えました。
d0131668_13595445.jpg


平成まんじ札は、各店、無くなり次第終了です。
仕事帰りに、数軒立ち寄って入手してみました(ほぼ土手町ですね)。
d0131668_1402326.jpg


今回、観光館と百石町展示館とヒロロスクエアは、『城ロボまんじ札』です!!
こちらの写真は、観光館バージョン。
d0131668_1405420.jpg

「超城合体タメノブーンV」サイト まんじ札
http://www.city.hirosaki.aomori.jp/tamenoboon5/manji2017.html

配布時間・休みは、店舗や施設によって異なります。
また、平成まんじ札は無くなり次第終了になりますので、ご了承ください。

2017年度 平成まんじ札
・配布期間:平成29年7月24日(月)~8月31日(木)
・全店舗の平成まんじ札を集めた方、先着100名に記念品プレゼント。
 全ての札をご持参の上、弘前青年会議所まで。
・(問):弘前青年会議所 TEL 0172-34-4458

詳しくは下記URL(弘前青年会議所HP)をご覧ください。
http://hirosakijc.com/news/event_2017heiseimanji/
[PR]
by hirokan5501 | 2017-08-17 15:00 | イベント | Comments(0)

浴衣れんたる

「弘前ねぷたまつり」は終わりましたが、

まだまだ暑い日が続いていますね(;・∀・)

まだまだお盆や宵宮が続きます♬

イベントに合わせて、洋服ではなく浴衣で気分を盛りあげてはいかがですか?

自分で好きな浴衣を選んで、かわいく着付けしてもらって、準備ができたら、

街歩きへGO

翌日のお昼までの返却なので、浴衣を着て、レトロな喫茶店に行くもよし、

ハイカラな街を散策するもよし、カランコロンと下駄を鳴らして、

是非古都弘前さんぽに出かけてみてください(^^♪

d0131668_1149359.jpg


詳しくは、下記をご覧ください。
浴衣れんたる
[PR]
by hirokan5501 | 2017-08-09 12:00 | イベント | Comments(0)

弘前城本丸石垣修理体験イベント 参加募集と公開リハーサル

8月11日・12日に開催の「弘前城本丸石垣修理体験イベント」。
①石積み・石吊り体験
②石曳き体験
③石垣解体足場回廊体験
④石垣解体発掘現場説明会
⑤石垣普請(ふしん)番屋の開館、の5つの体験が計画されています。
この中の、①石積み石吊り体験のリハーサル見学、③足場回廊の見学、⑤普請番屋の見学をしてきました。

さて、これは何をしているのでしょうか?
d0131668_147255.jpg


まずは、①石積み・石吊り体験について。
昔、機械がない時代。この弘前城石垣の重くて大きな石は、どのように運び積んだのでしょう?
石吊りの仕組みを説明してくださいました。この神楽桟(かぐらさん)を使います。
d0131668_1475782.jpg


神楽桟を回すと、石を吊るロープが上下。
位置を調整しながら、石は少しずつ奥へ移動していきます。
d0131668_1482315.jpg


奥の根石の上に、無事到着。積み重ねられました。
d0131668_14125155.jpg


引き続き、石積みの体験も。
d0131668_14132168.jpg


実際の石は重くて運べないので、レプリカの石(5~6kg)を積みます。
石をただ適当に積んでは不安定。そのため石を積むには工夫が必要です。
d0131668_14133513.jpg


盛土に「裏込め石」を配置、外側表面部にわたしたちがいつも目にしている石垣「築石(つきいし)」を積んでいきます。隙間を埋める「飼石(かいいし)」も入れます。
d0131668_14141834.jpg


バランスを取りながら、石を重ねていきます。
d0131668_14155741.jpg


石垣の構造を知ることができる体験です。
d0131668_14192038.jpg


続いては、③石垣足場回廊体験。写真、丸の付近の足場を歩きます。
d0131668_1419483.jpg


ヘルメットなどを装着(貸出あり)、係員の説明付きでの見学です。
d0131668_1420977.jpg


石垣にこんなに近づけるなんて。なかなかないチャンス。
d0131668_142123100.jpg


石垣一つ一つに番号が付けられてあります。(以前紹介した番号付け)
ピンク色のテープの場所が、石垣工事の原因にもなった“はらみ”の大きいところだそうです。
d0131668_14215598.jpg


つづいて、⑤石垣普請番屋。先ほどの写真、丸のところです。
8/11~一般公開予定。
d0131668_14221770.jpg


ガラス越しに、工事作業の様子を見学できます。
石垣解体で出土の品(以前紹介した銅製容器など)を展示予定とのこと。
d0131668_1422372.jpg


さらに、さらに。
弘前城天守そばには、話題のいかすみ
d0131668_14265186.jpg


8/11~一般公開予定。
見れば見るほど、イカ!!の形。
d0131668_1427337.jpg


①石積み・石吊り体験、②石曳き体験、③石垣解体足場回廊体験の3つは事前申し込みが必要です。申込締切は7月31日。ご希望の方はお早めに(※応募多数の場合抽選)。

弘前城本丸石垣修理体験イベントについては、下記URL(市役所HPの専用ページ)をご覧ください。
http://www.city.hirosaki.aomori.jp/ishigaki/2017-0707-1108-48.html
[PR]
by hirokan5501 | 2017-07-26 16:00 | イベント | Comments(0)

「弘前城植物園」5/28無料開放のお知らせ

弘前公園内にある「弘前城植物園」では、毎年5月最終日曜日に無料開放を行っています。

無料開放1週間前にあたる521()、下見?に行ってきました!!

d0131668_11034086.jpg

通常は、大人310円/小中学生100円の入園料が必要です。

d0131668_11043197.jpg

先日フェイスブックでも写真を掲載した、ハンカチツリー。

d0131668_11050512.jpg

ハンカチツリーは、中国南西部の標高1,0002,000mの山に自生している落葉樹で、正式名称はハンカチノキだそうです。

d0131668_11054197.jpg

2枚の大きな苞葉(ほうよう)が、ひらひらと。

まるでハンカチのように見えますね。

d0131668_11071001.jpg

ハンカチツリーのそばには、オオデマリに囲まれたベンチ。

お花に囲まれたベンチで、ちょっと休憩なんていかがでしょう。

d0131668_11072730.jpg

ハンカチツリーのほかに、シャクナゲも見頃でした。

d0131668_11075939.jpg
d0131668_11082094.jpg
d0131668_11082376.jpg

藤の花はボリューム満点。

d0131668_11084503.jpg

ボタンは咲き初めです。

d0131668_11091319.jpg
d0131668_11091638.jpg
d0131668_11091962.jpg
最高気温30度近い中、多くの方が緑の中の散策を楽しみにお越しでした。
d0131668_11095730.jpg

今年は528()が、弘前城植物園無料開放日。

同日は、弘前城有料区域(本丸・北の郭)も無料となっています。

自由広場にシートを敷いて、お弁当を食べてもOKです。

お誘いあわせの上、ぜひ弘前公園へお出かけください。


[PR]
by hirokan5501 | 2017-05-23 10:00 | イベント | Comments(0)

りんご草木染・りんごビーズアクセサリー展

421()から弘前市りんご公園内りんごの家で開催されている、「りんご草木染・りんごビーズアクセサリー展」。521()までの期間、9:0017:00の間、無料で見学できます。

d0131668_14550006.jpg

まずは、草木染コーナー。

d0131668_14562154.jpg

『二度と同じ色を出すことができない』、一点もの。

d0131668_14590252.jpg

自然の風合いが涼し気なTシャツ。

d0131668_15012601.jpg

ブラウスなど。

d0131668_15025583.jpg

ストールは、ファッションのアクセントとして活躍するかも。

d0131668_15024396.jpg

ビーズアクセサリー展のコーナーは、ネックレスや指輪などさまざま。

d0131668_15041278.jpg

イヤリングも、りんご。

d0131668_15070018.jpg

ストラップは自分用のお土産にもいいかも。

d0131668_15071592.jpg
展示販売になっております☆

また、日にち限定でビーズアクセサリー製作体験(有料)もありますので、ぜひご参加ください。
○ビーズアクセサリー製作体験(予約可)
■体験可能日:平成29513()520()
■時間:10:0012:0013:0015:00 ※12
■料金:1,000

●詳しくは、当協会HPの「りんご花まつり」情報URLをご覧ください。
http://www.hirosaki-kanko.or.jp/web/edit.html?id=cat02_spring_ringohana


[PR]
by hirokan5501 | 2017-05-11 15:18 | イベント | Comments(0)

弘前市立博物館企画展「輝け!館蔵名品BEST40」

弘前公園内、弘前市立博物館では41日~64日まで企画展「輝け!館蔵名品BEST40」が行われています。


d0131668_16013332.jpg
昭和52(1977)420日に開館した弘前市立博物館は、平成29(2017)420日に開館40周年を迎えます。今年度の展示会は、すべて開館40周年としての開催です。

d0131668_16034404.jpg
歴史、美術、工芸品など収蔵品17000点の中から、40周年記念ということで「40点」が展示されています。撮影させていただいた、一部の展示品を紹介します。


弘前城内で使用されたとされる、「弘前城杉戸」。

d0131668_16042248.jpg
d0131668_16044497.jpg

新井晴峰作の県重宝「観桜観楓図屏風」。

d0131668_16052175.jpg
幕末から明治にかけての県重宝「津軽漆塗手板」。

d0131668_16115809.jpg

細かな文様は、それぞれが個性的で美しいです。


d0131668_16363938.jpg


これらのほかにも、棟方志功作の「さくらまつりポスター原画」、名誉市民である工藤甲人、奈良岡正夫、佐野ぬい氏作の絵画や古川武治作の彫刻などが多数紹介されています。

また、4月20日は開館記念日として無料開放!!
お誘いあわせの上、お出かけください。期間中、4月17日(月)・5月15日(月)は休館です。

詳しくは、下記リンク(弘前市立博物館HP)をご覧ください。
http://www.city.hirosaki.aomori.jp/hakubutsukan/


[PR]
by hirokan5501 | 2017-04-17 16:07 | イベント | Comments(0)

『水陸両用バス津軽白神号 弘前de夜桜』試乗会

平成29430日から本格運行が始まる、西目屋村・水陸両用バス「津軽白神号」。

この運行開始を記念し、「弘前さくらまつり」期間中、特別に水陸両用バスが弘前公園周辺を走行する無料乗車体験『水陸両用バス津軽白神号 弘前de夜桜』が行われます。


試乗会に参加してきました☆

d0131668_15303604.jpg
『水陸両用バス津軽白神号 弘前de夜桜』の発着場所は、弘前工業高校です。

d0131668_15264805.jpg
水陸両用バスには、西目屋村の名所やキャラクターのデザイン。

d0131668_15321379.jpg
天井は透明で、とても開放感があります。

d0131668_15323279.jpg
座席シートは、白神山地のブナの新芽をも思わせるような、鮮やかな黄緑色。

d0131668_15332817.jpg
運転席のハンドルは、なんと2つ‼
右の小さいハンドルは、何のハンドル???

d0131668_15473632.jpg

運行経路は、(発)工業高校~市民会館~市役所~観光館~家庭裁判所~文化センター~ねぷた村~富士見橋交差点~岩木橋交差点~工業高校()、です。


車高が高いので、徒歩や自家用車からの景色とは異なります。

バスガイド風に案内すると、「右に見えますのは、藤田記念庭園でございます」◎

d0131668_15342672.jpg
弘前公園の外堀に沿って進みます。
追手門。


d0131668_15345032.jpg
外堀の桜の枝が間近‼ 手が届きそうなくらいです。
満開の時期なら、ライトアップされた桜にうっとりするでしょうね。

d0131668_15352737.jpg
このバスには窓がありません。公園外の走行ですが、まつりの賑わいを感じることができそうです。
ただ、その日の気温によっては、防寒具の準備が必要かも知れません。

目を引くバスの外観に、観光客の方たちが手を振ってくださいました。
もちろん、バスの中からも手を振って。

d0131668_15360838.jpg
城下町弘前の一部細い道を走る、ドライバーさんのハンドルさばきにも惚れ惚れ。
西バイパスから弘前公園を望むと、あの“弘前のシンボル”が見えた瞬間がありました。一体、何が見えると思います?

乗っている方はもちろん、路上で見ている方をも笑顔にする「水陸両用バス」。
あなたも乗車してみませんか?

水陸両用バス無料乗車体験は、4月23日(日)と30日(日)の2日間。
お誘いあわせの上、ぜひお申し込みください。


【水陸両用バス津軽白神号 弘前de夜桜】

■日時:4/23()30() 第1便…午後5/2便…午後7

■定員:1便あたり35

■発着場所:弘前工業高校

 ※工業高校の駐車場利用は不可。

■運行経路:工業高校~市民会館~市役所~観光館~家庭裁判所~文化センター~ねぷた村~富士見橋交差点~岩木橋交差点~工業高校(60)


詳しくは下記のリンクをご覧ください。

http://www.hirosaki-kanko.or.jp/web/edit.html?id=amphibiousbus


[PR]
by hirokan5501 | 2017-04-13 16:44 | イベント | Comments(0)

弘前おもてなしレストラン開催!(1月開催分)

弘前おもてなしレストラン開催!(1月開催分)
弘前の歴史と文化を象徴する空間で毎回異なる料理人が腕をふるう1日限りの予約制レストランです。ここぞとばかりに趣向を凝らした地元シェフ自慢のメニューと藤田記念庭園でしか味わえない一期一会のひとときをどうぞご堪能ください。
お申込み・お問い合わせは、藤田記念庭園事務室0172-37-5525
※お申込みは、先着順により定員になり次第に締切ますので、お早めにどうぞ。
d0131668_13525218.jpg
d0131668_1353441.jpg
d0131668_13532535.jpg
d0131668_13533673.jpg

[PR]
by hirokan5501 | 2016-11-09 13:53 | イベント | Comments(0)

弘前おもてなしレストラン開催!(12月開催分)

弘前おもてなしレストラン開催!(12月開催分)
弘前の歴史と文化を象徴する空間で毎回異なる料理人が腕をふるう1日限りの予約制レストランです。ここぞとばかりに趣向を凝らした地元シェフ自慢のメニューと藤田記念庭園でしか味わえない一期一会のひとときをどうぞご堪能ください。
お申込み・お問い合わせは、藤田記念庭園事務室0172-37-5525
※お申込みは、先着順により定員になり次第に締切ますので、お早めにどうぞ。
d0131668_13464732.jpg

d0131668_1347421.jpg

[PR]
by hirokan5501 | 2016-11-09 13:47 | イベント | Comments(0)

今年度も「弘前おもてなしレストラン」開催します!

d0131668_143586.jpg

弘前おもてなしレストラン開催!(11月開催分)
弘前の歴史と文化を象徴する空間で毎回異なる料理人が腕をふるう1日限りの予約制レストランです。ここぞとばかりに趣向を凝らした地元シェフ自慢のメニューと藤田記念庭園でしか味わえない一期一会のひとときをどうぞご堪能ください。
今年は、新企画の料理「白神めぐみ寿司」を展開する料理人の方々も初参加します。是非、この機会に「弘前おもてなしレストラン」にお出かけください。
お申込み・お問い合わせは、藤田記念庭園事務室0172-37-5525
※お申込みは、先着順により定員になり次第に締切ますので、お早めにどうぞ。
d0131668_13212266.jpg
d0131668_13213052.jpg
d0131668_13213890.jpg

[PR]
by hirokan5501 | 2016-11-09 13:28 | イベント | Comments(0)

検索

カテゴリ

全体
観光施設
宿泊施設
芸術・文化・歴史
自然
イベント
交通機関
人物

土産
店舗
娯楽
体験
さくら関連
ねぷたまつり
菊と紅葉まつり
雪燈籠まつり
雪明り
広域観光
ロケ
弘前城築城400年祭
津軽百年食堂
お知らせ
モニターツアー
冬限定ツアー
その他
その他のツアー
フィルムコミッション
街歩き
インバウンド
りんご公園
弘前城石垣修理工事

記事ランキング

画像一覧

ブログジャンル

旅行・お出かけ
東北

タグ

ブログパーツ