心で感じ、人々が交わる 新しい旅スタイル


by hirokan5501

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28

最新の記事

「弘前城植物園」5/28無料..
at 2017-05-23 10:00
追手門広場フリースタールマー..
at 2017-05-22 10:00
弘前城石垣解体工事作業再開と..
at 2017-05-15 16:00

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
more...

リンク

<   2011年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

乳穂ヶ滝氷祭と白神かんじき体験

冬を楽しむ限定ツアー
モニターツアー 乳穂ヶ滝氷祭と白神かんじき体験 に行ってきました(o´∀`o)♪

弘前市立観光館を出発し、早速乳穂ヶ滝の氷祭の会場へと向かいました☆

冬に氷結する高さ33mの乳穂ヶ滝…
乳穂ヶ滝氷祭りでは昔から氷結したこの滝の太さ、形状等によって
その年の津軽の作物の豊凶が占われます
(人´∀`*)

しかし今年は暖気が続いてしまった為
あと少しで下まで届く!という所で、氷が融けて氷柱が落ちてしまったそうですΣ(●゚д゚●)
d0131668_982316.jpg

是非氷柱となった氷の滝を見てみたいと思っていましたが
落ちた氷に滝の水が流れ込み
深い底の見えない氷の井戸になっている様子もとても神秘的でした(〃^∇^)☆彡
d0131668_9114966.jpg

祭りがはじまるまで少し時間があったので
乳穂ヶ滝から「見返り坂」展望所まで散策しにいきました=┏(*´∀`)┛♪
d0131668_912192.jpg

緩い坂道を登って振り返ると岩木山を中心に目屋渓と
素晴らしい景色が広がる
ことから「見返り坂」、別名「おんな坂」という名前がついたそうです☆

あいにく雲がかかっていて見えませんでしたが
お天気のいい日には下の写真の位置に岩木山が見えるんだそうです☆
d0131668_9124689.jpg
とても綺麗でしょうね~☆

さて、いよいよお祭りがはじまりました!
滝の目の前の結界の中で杉の木を燃やして護摩祈祷をし
豊凶を占います+。(o・ω-人)・.。* d0131668_9143532.jpgd0131668_91644.jpg
占いの結果は
今年はとても暑い夏になる。しかし、イネの花が咲くころに寒くなるようなので、イネの管理に気を付けてほしい。また、台風も見えている。と、でました☆

乳穂ヶ滝を後にして白神山地ビジターセンターへ~♪
ここでは映像鑑賞かんじき体験をしました(^∪^)d0131668_9182228.jpgd0131668_9183860.jpg
次はビジターセンターの道路を挟んで真向かいにある
Beechにしめやで昼食をとり、特産品の買い物などをしました
昼食は団体用のメニュー「マタギそばと山菜飯セット」です♪
山の幸がいっぱいで美味しかったです(*^ω^*)♪d0131668_9191560.jpgd0131668_9194046.jpg
食事を済ませ、予定より時間があった為
予定はしていませんでしたが多賀神社を見学しにいきました☆

拝殿をめざして階段を上りますε=( ´∀`)
d0131668_9205628.jpg

・・・まだのぼりますε=ε=┌(; ・_・)┘
d0131668_9213156.jpg

・・・はぁ はぁ。もう少しです。。。ミヽ(。><)ノ
d0131668_9221556.jpg

無事にたどり着き、参拝をすませました♪(゚▽^;)ノ

食後の運動をしてじんわりと汗をかき、のどが乾いた所で丸竹酒造へ~♪
d0131668_9265640.jpg

中に入るとお酒の匂いがふんわりと漂ってきました~( ̄ω ̄)♪
あぁ~い~ぃ香り♪
d0131668_9272512.jpg

奥に進むにつれてお酒の匂いが濃くなっていきます☆
d0131668_9322161.jpg

酒蔵の歴史などお話を伺い、6種類のお酒を試飲させていただきました(*^∀^)o(酒)"d0131668_941788.jpgd0131668_9411799.jpg
お客様も大変喜んでいて、試飲したお酒の味を気に入って購入される方が沢山いました☆

ご好評をいただいた冬を楽しむ限定ツアーですが
今回で最後のツアーとなりました!

様々なツアーがありましたが参加して下さった皆様。ありがとうございました。
ご記入いただいたアンケートのご意見を参考にして
今後のツアー企画におおいに参考にさせていただきます。
定員が満員になった為、ツアーに参加出来なかった方もいらっしゃいました。
誠に申し訳ありませんでした。次回機会がありました是非参加して下さい!
そして様々なツアーでご協力していただいた施設、関係者の皆様、誠にありがとうございました!!


※画像をクリックすると拡大できます
[PR]
by hirokan5501 | 2011-02-24 12:03 | モニターツアー | Comments(0)

第6弾モニターツアー 沢田ろうそく祭☆

 2月17日(木)

冬を楽しむ限定ツアー 第6弾 
          沢田ろうそく祭に行って参りましたぁ~(’‐’)

今回のツアーは乗車場所が4ヶ所

まずは黒石駅からのスタートです**



次は平賀駅⇒大鰐温泉駅⇒石川町民会館前と続きます…♪♪♪

全員が揃ぃまして、バスに揺られながら1番目の見学場所
   ㈱丸竹酒造店に到着ッ(^‐^

酒蔵を見学させていただきました

d0131668_17331813.jpg


中に入るとお酒のいぃ~香りが…**
においだけで酔ってしまいそぅ

d0131668_17335710.jpgd0131668_173484.jpg








貞享4年(1687)創業の老舗で、津軽藩4代目津軽信政公の時代から弘前の国吉で14代続く造り酒屋さんです**

皆さまいろいろなお酒を試飲しておりました
お気に入りを見つけてご購入しているお客さまも(’‐’)v

d0131668_17365164.jpgd0131668_17382969.jpg








帰りに白神の郷をお土産にいただきましたッ
すっごくうれしいッ おウチでゆっくりいただきます**

丸竹酒造を後にして、本日の最大イベント沢田ろうそくまつりへ向かいます
相馬の中心地よりさらに、さらに奥へ…

だんだん道が細くなっていき、バスはストップ!!
少し歩いて祭り会場に向かいます

会場までの道には雪明りがあり山間の景色の中でとっても幻想的**
街なかで見るのとはまた違う雰囲気でした
d0131668_9562445.jpg

会場に着くと初めてみる景色にすぐ見とれてしまいました012.gif053.gif

d0131668_17392688.jpg


岩谷堂と呼ばれる天然のほこらの岩肌に五穀豊穣や家内安全などの思いを託してろうそくの明りを灯します***
そして翌日の大祭で、氏子総代が参拝者の立てたろうそくの垂れ具合でその年の豊凶などを占います

d0131668_17401292.jpg


下からの景色ももちろんステキでしたが、上からの景色もとてもステキでした(^‐^

出店もたくさん出ておりました!!
ツアー参加の皆さまには、500円分のお買い物券が**

けの汁やもつ煮込み、炊き込みごはんのおにぎりなど…ほかにもおいしそうなものが
たくさんッ(’‐’)☆
どれも安くて、おいしく500円でおなかいっぱい大満足053.gif

さらに、福を呼ぶ縁起の俵として人気商品で只今入手困難となっているミニ炭俵』も販売しており、
まつり会場では、ミニ炭俵の制作の実演を見ることが出来ました

d0131668_17421488.jpgd0131668_12364100.jpg
d0131668_17422761.jpg







その後たっぷり祭りを満喫して、帰りにバスに乗り込みました(^‐^


d0131668_17455214.jpg
初めてのろうそく祭でしたが、ろうそくの明りに包まれたほこらがとても素晴らしく、さらに月の光も交じってとてもステキな光景でした012.gif053.gif



皆さまもぜひ来年旧暦の小正月一月十五日沢田ろうそくまつりの幻想的な世界を体験してみてはいかがでしょうか。.:**
[PR]
by hirokan5501 | 2011-02-23 09:57 | モニターツアー | Comments(0)

*冬を楽しむ限定ツアー* 第3弾モニターツアー参加レポート

2月12日「大館特急で行く大館アメッコ市」

今回は弘前のお隣、秋田県大館市を訪ねるモニターツアーに参加。
JR弘前駅に11:30に集合、注意事項を確認します045.gif
「電車での移動になりますので、集合時間に遅れないようにしてくださ~い!」
d0131668_16525344.jpg

みなさん、今や遅しと列車の到着を待っています。
d0131668_16542215.jpg
d0131668_16544294.jpg

特急「つがる」に乗り込み、弘前駅を出発!
約40分の列車の旅も、改札前で買い込んだ弘前のB級グルメ「いがめんち」でコバラを満たしつつ、雪景色の車窓を眺めながらアッという間に大館駅へ到着~。
d0131668_16573460.jpg

改札口では白髭大神(しらひげおおかみ)巫女が祈願アメ付きのチラシを手にお出迎え。
d0131668_171679.jpg
d0131668_1712443.jpg

アメッコ市には、「白髭大神」という神様が近くの山から下りてきてアメを買い求め、帰り際にその足跡を隠すため吹雪を起こすという言い伝えがあるのです034.gif
この後の「アメッコ市」、期待が膨らみますねぇ053.gif

そうそう大館市といえば、秋田犬・ハチ公のふるさと。駅ホームには「ハチ公神社」、一歩出ると家族で鎮座していたりと、至る所で遭遇します。
d0131668_1742935.jpg
d0131668_1744764.jpg

d0131668_175059.jpg


マフラーで防寒対策もバッチリ!あっ、こんな所にも…037.gif
d0131668_1753360.jpg


一行はシャトルバスでの移動。大館駅から会場のおおまちハチ公通りは歩いて30分程の距離ですが、会場近くになるとバスもなかなか前に進みません…。
それもそのはず。ご覧ください、この観光客の多さ!005.gif
d0131668_1761054.jpg
d0131668_1762286.jpg

d0131668_1763350.jpg

大館街歩きガイドの誘導で会場へ、「ガイドさん、今日はお世話になりま~す!」040.gif
d0131668_1775872.jpg


「アメッコ市」見学…とその前に、まずは腹ごしらえ。
昼食は、明治26年創業 老舗の料亭「北秋くらぶ」で、大館名物「きりたんぽ鍋」に舌鼓011.gif
d0131668_178271.jpg

秋田美人の女将がその場で作ってくれる“たんぽ鍋”は、一つひとつの具材が大ぶりでボリュームたっぷりッ!きりたんぽの焼き目も香ばしく、比内地鶏も食べ応え満点!!
聞くと当時からの味を守っているとか。
その場で作っていただけたので、熱々を頬張れました。
参加者の皆さんも「さすが本場のきりたんぽ!」「家で作る鍋とはやっぱり違うね!」など、あちこちから満足の声が聞こえてきました。

昼食の後は自由行動の時間。
思い思いにアメッコ市を楽しみます070.gif
420年以上の歴史を重ねた小正月行事「アメッコ市」
昔から「アメッコ市の飴を食べると風邪をひかない」といわれています。
風邪封じや家内安全、五穀豊穣、招福除災…といろいろなご利益を願って、大勢が参拝しています。皆さん熱心ですね!
d0131668_179350.jpg

会場のおおまちハチ公通りには、100店を超える露店が立ち並び、枝アメや細工アメなどを販売する店が人気!アメを求めて県内外から多くの観光客で賑わっていました。
d0131668_17104448.jpg

生姜きな粉あんこ入り、べっ甲飴などの昔懐かしいものから、イチゴコーヒーミルク味など種類も豊富。秋田犬や干支のうさぎ、キャラクターなどの細工アメもかわいいですね~
d0131668_17111242.jpg
d0131668_17112451.jpg
d0131668_17113812.jpg

お店の人も、「味見してみて!」とどんどんアメを手のひらに乗せてくれました041.gif

枝アメ作りの体験コーナーや、全国のアメを販売するご当地飴のコーナーもありましたよ。
d0131668_17121314.jpg
d0131668_17122540.jpg

d0131668_17124091.jpg

通りでは、近くの山から神様がアメを買いにやってくるという言い伝えを再現した「白髭大神巡行」や躍動感たっぷりの獅子踊りなども行われました。
d0131668_17131884.jpg
d0131668_17133161.jpg

d0131668_17141431.jpg
d0131668_17162447.jpg

d0131668_17163711.jpg
d0131668_17164897.jpg

ご当地ゆるキャラポン太君も子ども達に大人気037.gif
d0131668_10411284.jpg


滞在時間も過ぎてみればあっという間でしたが、
参加者の皆さんも、アメッコ片手に満足そうな表情で大館駅に集合。
帰りはホームで大館駅長さんに見送られ笑顔で一路弘前へ003.gif

今回は弘前市を飛びだしてのモニターツアー。
東北新幹線全線開業で大館市にもたくさんのお客様が見込まれることから、
津軽と秋田県北が手を繋いで、地域の魅力を全国にお届けしようと開催しました051.gif
大人から子供まで大館市民はもちろん、観光客もこのイベントを楽しめたのではないでしょうか072.gif
最後に、この日の主役“アメッコ達”をご紹介
d0131668_17175847.jpg

この縁起物のアメを食べて、今年一年の除厄招福・健康祈願をするのでした・・・。
[PR]
by hirokan5501 | 2011-02-20 17:43 | モニターツアー | Comments(0)

第2弾 モニターツアー 猿賀神社七日堂祭

  2月10日(木)
***冬を楽しむ限定ツアー***

第2弾モニターツアー猿賀神社七日堂祭に行って参りましたッ(’‐’)

8時45分にJR弘前駅へ集合!!
バスに乗り込み平川市(尾上地区)へ出発ッ

d0131668_1059388.jpg


バスの中でこれから向かう神宮寺について、先生に楽しいお話をして頂き
あっという間に目的地に到着しました!!

初めに訪れたのは神宮寺です!!
生まれ年の十二支を各々の守り本尊とする一代様の守護神(八大尊)が全て祀られている寺院としても知られております。

皆さまご自分の『一代様』にお参りをしておりました***

d0131668_118480.jpgd0131668_1110355.jpg










次に訪れたのは、神宮寺の向かいにある*連乗院*です
今から1200年前は十二坊のお寺があったのですが、今では神宮寺と連乗院の二つの寺院しか残っていないとのこと。

こちらの連乗寺では、落花生や餅まきが行われ、皆さま袋いっぱいに豆やお餅を入れて
持ち帰っておりました(’‐’)

d0131668_1150372.jpgd0131668_11504694.jpg









続きまして、本日のツアー名になっている
  猿賀神社七日堂大祭に参加しました

こちらは1613年(慶長18年)から旧暦の1月7日に行われており、約4mの柳の大枝を掛け声とともに旧暦回数(閏年は13回)白布を敷いた木の板に枝をたたきつけ、
出来秋の豊凶を占う「柳からみ」や拝殿前での「ゴマの餅まき」行われました

d0131668_1224797.jpgd0131668_1225992.jpg









折れた柳の枝お餅を集め一年間の無病息災を願うとのことで、
柳の枝を集めているのに夢中**になっていたら、
餅まきが始まっているのに気がつかず、時すでに遅し…007.gif
地元の皆さまは両手にたくさんのお餅を持っておりました
うらやましいッ012.gif

そのあと、さるか荘での待ちにまった昼食です(^‐^
おなかが空きすぎて、写真を撮ることをすっかり忘れてしまいましたが、
とっても豪華でおいしいお弁当でした♪♪♪

さるか荘で昼食をとったあとは
国の名勝庭園に指定されている盛美園に向かいます
こちらは大石武学流4代宗家小畑亭樹の築庭で弘前市の瑞楽園や黒石市の金平成園とともに、津軽に伝わる代表庭園となっております053.gif

d0131668_1356560.jpg



さらに、盛美園はスタジオジブリのアニメ映画借りぐらしのアリエッティの舞台の参考にされたということで、話題になりました

d0131668_1359591.jpg


宮崎駿先生のサインも発見ッ053.gif

がとけた頃にぜひまた来たいと思いました
盛美園見学終了後、バスに乗り込み解散場所JR弘前駅へ…

寒くてたいへんでしたが、「念願の七日堂祭みれてよかった」、「次回もぜひ参加したい」など、皆さまからとても暖かい感想をいただきました(’‐’)v

厳かな雰囲気に包まれた神事を間近で体験することができ、とても*感動*しました。
個人ではなかなか体験出来ないですが、これも今日ツアーに参加したからこそ
体験出来たことだなぁと思います012.gif**

皆さまも気になるツアーがあったら、どんどん参加してみてはいかがでしょうか
初めての発見**にきっと出逢えるはずですッ(^‐^
[PR]
by hirokan5501 | 2011-02-14 17:33 | モニターツアー | Comments(0)

弘前城雪燈籠まつり 開幕!

 本日より、弘前城雪燈籠まつりがはじまりました!

 早速、見学へレッツゴー☆

 弘前公園追手門をくぐります。そこでは、雪燈籠をはじめ、弘前城築城400年祭マスコットキャラクター・たか丸くんの雪像がお出迎え。
d0131668_15491223.jpg

d0131668_15493544.jpg
d0131668_155081.jpg


 追手門をくぐり、10分少々歩くと弘前城が見えてきました。雪化粧した弘前城とバックの青空のコントラストが良いですねぇ。
d0131668_15521316.jpg

下乗橋から見た弘前城


d0131668_15531533.jpg

本丸側から見た弘前城


 ステージイベントがある四の丸へ向かいます。
 …とその途中に、「津軽錦絵大回廊」 という特設の門がありました。覗いてみましょう!

 おっ!ねぷた絵が飾られています。昨年の夏のねぷたまつりに出陣したねぷたの絵を活用して作った回廊です。夜には灯りがはいるんですよ。
d0131668_1633157.jpg

d0131668_16351100.jpg
d0131668_164686.jpg


 さてさて、四の丸へ行きましょう。
 ここには大雪像があるのですが、今年の大雪像は「弘前城」!弘前城を大雪像の題材にするのは今回が4回目、1990年以来20年ぶり!!今年は、弘前城築城400年の年ですものね♪
d0131668_1664654.jpg


 ちょうど見学へ行った時間には、四の丸にあるステージイベントで「たか丸くんステージ」が行われていました。
 じゃんけん大会をやっていました。勝ったカナ?負けちゃったカナ?
d0131668_1671139.jpg
d0131668_1672485.jpg


 今日は平日にもかかわらず、たくさんの家族連れのお客様にご来場いただいておりました。
 明日からは3連休!お天気が荒れる…という天気予報になっていますが、皆さんのパワーで「晴れ」にしちゃいましょ☆
 弘前城雪燈籠まつりは、2月13日(日)まで。お待ちしていますっ!


【弘前市立観光館 開館時間延長のお知らせ】
 2月10日(木)~12日(土)は9:00~21:00まで時間延長をして皆様のご来館をお待ちしています。なお、雪燈籠まつり最終日13日(日)は通常通り9:00~18:00の開館時間となりますのでご注意ください。
[PR]
by hirokan5501 | 2011-02-10 16:30 | イベント | Comments(2)

アップルパイ食べくらべ&アンテナショップ

        053.gif053.gif りんごの街弘前からステキなお知らせです053.gif053.gif

アップルパイ食べくらべカフェ&アンテナショップが期間限定でOPENしました(’‐’)

2011.1.28~3.31土・日・祝日 AM11:00~OPEN
弘前雪燈籠まつり期間中(2月10日~13日)は、弘前公園の物産館でも
アンテナショップを営業しちゃいます♪♪♪

食べくらべカフェとは???**

プレートに6種類のアップルパイがのっており、一度にいろいろなお店のアップルパイを
食べることが出来ます
考えただけでもうれしくになりますネッ012.gif
きっとあなたもお気に入りのアップルパイが見つかるはず**

d0131668_1534574.jpg


6種類のアップルパイプレート(1日限定30個) ¥500(税込)


アンテナショップ???**

アンテナショップでは、常時6種類以上のアップルパイを販売しております
食べくらべカフェでお気に入りを見つけたあと、
おみやげにするのもいいですよネッ(^‐^

食べくらべカフェ&アンテナショップ

弘前市りんご公園 りんごの家           営/9:00~17:00
 TEL:0172-36-7439

チーズケーキファクトリー(ルネスアベニュー)  営/10:00~19:30
TEL:0172-88-5935

アンテナショップのみ

想い出ショップ さくらはうす(弘前市立観光館)  営/9:00~18:00
 TEL:0172-33-7002

食べくらべカフェのみ

大正浪漫喫茶室(藤田記念庭園洋館)       営/9:00~16:40
 TEL:0172-37-5690                ※冬期間(~3/27迄の土・日・祝、
                                      2/10~2/13)は営業中                     





先週弘前市りんご公園りんご家におジャマしました(’‐’)

d0131668_1616253.jpg


この日は天気がとても良く青空が広がってました

d0131668_16175894.jpgd0131668_1415457.jpg








りんご家の中に入りますと、さっそくアップルパイのショーケースが。.:**

d0131668_16423573.jpg


アップルパイがい~っぱいッ012.gif

そしてッ!!6種類のアップルプレートはなんと本日完売ッ!!?

d0131668_16533062.jpg


あと一歩間に合わず…↓↓
正直食べたかったです……007.gif**
見本を見せてもらいましたがとーってもおいしそぅでしたょ

d0131668_1703872.jpg


またリベンジしますッッ


さらに、アップルパイのショーケースの近くにりんごをそのまま絞り、
オリジナルりんごジュース**を作る機械を発見ッ!!

d0131668_1772048.jpg


その場で買ったりんごで出来るのでとーっても新鮮ッ(’‐’)

d0131668_17101190.jpgd0131668_17103468.jpg








d0131668_17114278.jpgd0131668_17115669.jpg








d0131668_17133622.jpgd0131668_17134988.jpg








このりんごでこんなにたくさんのジュースが出来ました
りんごそのままなのでとっても甘い
ぜひりんご公園にきた際には体験してみて下さい012.gif

d0131668_17193055.jpg





d0131668_1455629.jpg
食べくらべカフェ・アンテナショップ
今回のりんご公園はもちろん、

チーズケーキファクトリー(ルネスアベニュー)

大正浪漫喫茶室(藤田記念庭園洋館)

想い出ショップ さくらはうす(弘前市立観光館)

2011.3.31までの土・日・祝日OPENしておりますので、
ぜひ弘前のアップルパイを食べに
お出掛けください(’‐’)v
[PR]
by hirokan5501 | 2011-02-08 16:48 | | Comments(0)

*冬を楽しむ限定ツアー*第1弾モニターツアー 参加レポート

 連日、大雪のニュースが流れている津軽地方。毎日の雪かきに疲れが隠せません…008.gif
 ですがっ!冬には冬の、冬にしか味わえない魅力があります

 そこで、この時期ならではの伝統行事を楽しむ企画*冬を楽しむ限定ツアー*第1弾モニターツアー「津軽の厄払いと鬼っこツアー(津軽の鬼には角がない)」に参加してきましたっ!

 2月3日(木) 朝7:30、弘前市立観光館バスプール集合。
 弘前、青森、黒石から総勢34名の方々が参加しました。しばらく雪の多い日が続いていましたが、当日はお天気も良く散策日和となりました058.gif

 まずはじめに向かったのは、弘前市鬼沢地区にある『鬼神社(キジンジャ)』。この日は旧正月にあたり、しめなわ奉納裸参りが執り行われました。
d0131668_2132173.jpg


 鬼神社の裸参りは、毎年旧正月に行われ、厄年の男衆を中心に、水垢離で心身を清め、鬼神社をはじめ、集落内にある13ヶ所の神社に裸参りをして、新しい年縄を奉納し今年の豊作を祈願する習わしです。
 村人たちの協力で編み上げた40kgもある大きなしめ縄や供物を担いで、「さ~いぎさいぎ…」と登山囃子を唱えながら集落を練り歩きます。

 今年、裸参りに参加した男衆は34名。遠くは北海道や東京からの参加者もいたようです!お天気が良いとはいっても、真冬の2月ですよ…裸にフンドシ姿は、とっても寒そうで、見ているだけで鳥肌が立ちました…。ですが、参加されている方々は寒さも吹き飛ばすくらい気合が入っていました031.gif
d0131668_21335287.jpg
d0131668_21342418.jpg

d0131668_21351890.jpg
d0131668_21362142.jpg

d0131668_2137160.jpg








 鬼神社には、村の開墾を手伝ったり、水を引き上げてくれた大男の言い伝えがあります。
 そこで、大男は鬼神様の化身に違いない、と大男の使っていたクワやカマを大切に保管して、大男を祀る鬼神大権現を建立。それが、現在の『鬼神社』であると言われています。境内には、大男が使ったと言われている大きなカマやクワが飾られています。
d0131668_2139129.jpg
d0131668_21392951.jpg

d0131668_21405055.jpg
d0131668_2140180.jpg


 鬼沢地区では、鬼神様を祀ることから、節分には豆をまかず、5月の節句に菖蒲も軒にささないそうです。また、旧暦5月29日の縁日でニンニクを買って帰り、家の門口に下げて魔除けとする風習があるそう005.gif


 鬼沢地区内の神社に裸参りする男衆を見送った後、私たちツアー一行は岩木山の麓にある『巌鬼山神社(ガンキサンジンジャ)』に向かいました。
 延暦15年(796年)、岩木山北麓に巌鬼山西方寺観音院が建立されたのが始まりと言われています。津軽三十三観音霊場の第五番札所で、巌鬼山観音堂とも呼ばれ、地元の人々には「かんのんさま」と親しまれています。
 雪景色の中に佇む様子はおごそかで、霊験あらたかな雰囲気です。千年杉も堂々と本堂の左手にそびえています。
d0131668_21414593.jpg
d0131668_2142728.jpg

  d0131668_2145147.jpg
d0131668_21454579.jpg





 さて、津軽には現在34社の鳥居に、地域住民を支え守る、地域の氏神様の鳥居の鬼板(額束)として鬼像が掲げられています。
 これからは、市内にあるいくつかの「鬼っこ」を巡りました。

『種市熊野宮』の鬼っこ
 弘前市新和地区・新和出張所近くにある神社で、現在の鬼っこは、明治百年事業で1968年に取り換えられたと伝えられています。
 鳥居の真ん中にチョコンと座っているようで、かわいらしい鬼っこです。それに、ここの狛犬の表情も愛嬌ありますね♪
d0131668_21465637.jpg
d0131668_2147236.jpg

d0131668_21475433.jpg









 「鬼っこ」巡りの途中ですが、オナカが空きました…なんせお昼の時間帯になりました。ハラ時計は正確です041.gif

 この日のお昼は、板柳町の『板柳ふるさとセンター』へ。
d0131668_21484438.jpg


こちらでは、JRリゾートしらかみ号利用のお客様限定の“りんごまるごとランチ”をいただきました。
 メニューは、【りんごの果肉があまずっぱいモチモチのりんごおこわ・りんごのコロッケ・りんごの肉巻き・りんごとイカのみぞれ和え・さもだし・あたたかいお蕎麦・濃厚なりんごジュース・さっぱりとしたりんごのシャーベット】です。
d0131668_21492521.jpg


 珍しいりんごづくしの数々…ボリュームもあり、全部食べることができるか不安でしたが………心配無用ですね!
キャハ♪(●´∀`●)
 りんごは後味サッパリで、お箸が進み、完食~。大満足ランチでした。


 オナカも満たされたところで、ツアーはまだまだ続きます。
 次に向かったのは…

『中崎月夜見神社』の鬼っこ
 弘前市中崎地区にあり、50年ほど前から「長持ちするしめ縄」ということで、鳥居に銅板製のしめ縄をかけた全国でも珍しい神社。
d0131668_2151520.jpg


 こちらの鬼っこは、島木を肩で持ち上げる「強力型」の鬼っこです。島木は、地域の住民を表していて、鬼神様が住民を支えている様子を表現しているそうです。
 こちらの鬼っこ…ドラ柄パンツに唐草模様(…カナ?)のフンドシを着けていますね。お尻がかわいらしい…。
d0131668_215261.jpg

d0131668_2152372.jpg
d0131668_2153446.jpg


 さらに中へ進むと、石で造られた俵を掲げた鳥居があります。こちらも大変珍しいものです。
d0131668_21542642.jpg



『撫牛子八幡宮』の鬼っこ
 県道260号沿いにある神社。こちらも「強力型」の鬼っこです。今回まわった神社の中では唯一の青鬼。地域の方には「撫牛子の鬼コ」と親しまれています。
 ここの鬼っこと、先程行った遠く離れた中崎月夜見神社の鬼っこと向かい合っているそうですよ!
d0131668_21562515.jpg

d0131668_21565385.jpg
d0131668_21571758.jpg


 合計5つの神社を巡り、15:00頃観光館へ到着~。
 お天気にも恵まれ、楽しく学ぶことができました。

 地元に住んでいながらも、ツアーに参加してみて、知らないことがとても多いのを感じました。
 弘前には、観光名所も多いですが、地元の伝統行事や風習など、隠れた魅力がまだまだたくさんありますね012.gif

 昨年12月4日、東北新幹線が全線開業しました。
 これからもたくさんの観光のお客様をはじめ、近隣市町村からのお客様に来ていただけるよう、地元ならではの魅力を見つめ直していきたいですね027.gif

【ふじすぅ、ぐっちぃ】
[PR]
by hirokan5501 | 2011-02-08 12:28 | 冬限定ツアー | Comments(0)

2月28日まで毎日開催中の冬限定ツアー

  平成23年2月28日(月)まで毎日楽しめる冬限定ツアーをご紹介します(’‐’)

   まずは***冬のライトアップタクシープラン”ビビットナイト”***

光り輝くイルミネーションや明治・大正期の文化財のライトアップは
今や弘前の冬の風物詩
今年で20年目を迎えるエレクトリカル・ファンタジーのストーリーをタクシードライバー
各所をめぐりながらご案内いたします(^‐^!!
ご夫婦、カップル、お友達同士で幻想的な弘前の夜を過ごしてみてはいかがでしょうか

d0131668_13194213.jpg


開催期間       平成23年2月28日(月)まで毎日

開催時間       17:00~21:00の一時間

集合場所       市内宿泊施設

移動          タクシー (ドライバーによる案内付き)

旅行代金       お1人様 2,000円(税込)
 
最少催行人員    2名(最大20名) ※2名様よりお申込み可能

申込期限       ご利用日の前日午後5まで
               ※メールでのお申込みの場合は3日前まで


コース内容

市内宿泊施設  弘前昇天教会  百石町展示館  カトリック弘前協会 

日本基督教団弘前協会  青森銀行記念館  追手門広場  鍛治町付近~

JR弘前駅付近



もう1つ大人気のツアーをご紹介いたしますッ(’‐’)

***冬限定ツアー 冬の*ライトアップ*洋館散歩弘前路地裏探偵団***

弘前路地裏探偵団004.gifライトアップ072.gifされた洋館を一緒に散策しませんか♪♪♪
細い路地や坂道など弘前にはガイドマップに載っていなくても楽しい場所がたくさんッ
路地裏探偵団ならではのおもしろさがいっぱい詰まったツアーです012.gif

開催期間       平成23年2月28日(月)まで毎日

開催時間       17:30~19:00まで 

集合場所       弘前市まちなか情報センター

集合時間       17:30

移動          徒歩(ガイド付き)

ガイド          路地裏探偵団

旅行代金       お1人様:1,000円(税込)
               ※大人・小人同額
               ※ガイド料・記念品含む

最少催行人員    1名(最大10名)
               ※1名様よりお申し込み可能

申込期限       ご利用日の3日前まで


 コース内容 

弘前市まちなか情報センター  弘前昇天教会  百石町展示館 
 
カトリック弘前協会  日本基督教団弘前教会  三上ビル  青森銀行記念館

まだまだ冷え込む季節です(>_<)!!
夜のツアーですので、手袋やマフラーなど防寒対策をお願いいたします**

冬限定ツアーのお申込みお問合せ
(社)弘前観光コンベンション協会
TEL:0172-35-3131

メールでのお申し込みはこちらのHPから

http://www.hirosaki.co.jp/htcb/sightseeing/gekijyou/index.html#fuyu_monitor

d0131668_1612170.jpg





冬限定ツアーです
2月28日まで毎日行っておりますので、
お客様のご都合に合わせてお申し込みいただけます(’‐’)v
お好きなツアーで弘前の**ステキな夜**
お楽しみ下さいッ012.gif

たくさんのお申し込みお待ちしております
[PR]
by hirokan5501 | 2011-02-04 17:55 | モニターツアー | Comments(0)

検索

カテゴリ

全体
観光施設
宿泊施設
芸術・文化・歴史
自然
イベント
交通機関
人物

土産
店舗
娯楽
体験
さくら関連
ねぷたまつり
菊と紅葉まつり
雪燈籠まつり
雪明り
広域観光
ロケ
弘前城築城400年祭
津軽百年食堂
お知らせ
モニターツアー
冬限定ツアー
その他
その他のツアー
フィルムコミッション
街歩き
インバウンド
りんご公園
弘前城石垣修理工事

記事ランキング

画像一覧

ブログジャンル

旅行・お出かけ
東北

タグ

ブログパーツ