心で感じ、人々が交わる 新しい旅スタイル


by hirokan5501

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新の記事

本日(1/22)の岩木山と雪..
at 2018-01-22 16:00
弘前市りんご公園のタルトタタン
at 2018-01-19 15:00
NHK「あっぷるワイド」で『..
at 2018-01-18 16:00
青函トンネル開業30周年!!
at 2018-01-16 16:00
喫茶室baton×りんごジュ..
at 2018-01-12 16:00

以前の記事

2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...

リンク

<   2014年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ねぷた囃子講習会が行われました!!

弘前ねぷたまつりが近付き、
市内のあちこちにはねぷた小屋が建てられ、
骨組みの組み立てや、紙貼りが行われ、
夜になるとお囃子の練習が聞こえてくる季節になりました。


弘前市立観光館でも、
7月6日(日)~15日(火)にかけて、『ねぷた囃子講習会』が開催されました。
d0131668_18423815.jpg

こちらの講習会は、弘前ねぷたの保存・伝承を目的に
弘前市・弘前観光コンベンション協会・弘前ねぷた保存会・陸奥新報社の主催で、
伝統ねぷた囃子「津軽組」の皆さんを講師に迎え行われました。
d0131668_18445842.jpg

笛の部には50名、太鼓の部には10名の参加がありましたが、
後半には、笛・太鼓の合同練習も行われ、
最終日には本番を想定した歩きながらの予行練習も行われました。
d0131668_18481970.jpg

期間を通して連続で参加された方には、弘前ねぷた保存会より修了証を交付されました。
ねぷたまつり本番でも頑張ってほしいです!!



7月30日(水)~8月7日(木)には、弘前市立観光館で、「ねぷたミニ展」も開催されます。
小学生以上のアマチュアの方の作品(ねぷた鏡絵、見送り絵、金魚ねぷた)が展示されます。
こちらは、6月7日(土)・8日(日)に行われた「金魚ねぷた講習会」「ねぷた絵講習会」の作品の他、市内はもちろん青森県内外から応募された作品が展示されます。
ねぷたまつり期間中にぜひお立ち寄りください。


■ねぷた講習会
http://www.hirosaki-kanko.or.jp/web/edit.html?id=neputaworkshop
[PR]
by hirokan5501 | 2014-07-22 19:09 | ねぷた・夏 | Comments(0)

藩士の珈琲~ANA機内誌「翼の王国」で紹介されました~

日本で珈琲を最初に飲んだ庶民は、弘前藩士

幕末の安政2年、蝦夷地の警備に派遣されていた弘前藩士に
幕府は、珈琲を配給していました。

それは、極寒の地での奇病「浮腫」の予防薬としてでした。
炒って、砕いて、麻袋に入れ、湯で降り出す。
注ぐのは、土瓶。

遠い幕末の珈琲シーンです。

その味を現代に再現したのが、
弘前の成田専蔵珈琲店オリジナルブレンドの「藩士の珈琲」です。

この弘前の名物が、ANA機内誌「翼の王国」7月号で紹介されました。
d0131668_14482003.jpg














ティーバッグのように、コーヒーバッグをカップに入れて飲むことで、
幕末の味を再現しています。

いつもと違った飲み方で、幕末の珈琲を味わってみませんか。

成田専蔵珈琲店オリジナルブレンド「藩士の珈琲」972円(税込)
成田専蔵珈琲店オリジナルブレンド「藩士の珈琲」2種セット2,108円(税込)

弘前のおいしさ、地元の味をお届けするりんご公園SHOPでした。

[PR]
by hirokan5501 | 2014-07-07 15:03 | 土産(食) | Comments(0)

検索

カテゴリ

全体
観光施設
イベント
桜・りんごの花・春
ねぷた・夏
菊まつり・秋
雪まつり・冬
グルメ・飲食店
土産(食)
土産(民工芸品)
土産(その他)
体験・ツアー
まち歩き
交通
宿泊施設
広域観光
フィルムコミッション
インバウンド
ひろさき検定
その他の情報

記事ランキング

画像一覧

ブログジャンル

旅行・お出かけ
東北

タグ

ブログパーツ