心で感じ、人々が交わる 新しい旅スタイル


by hirokan5501

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新の記事

クラフト展「こぎん冬の陣~春..
at 2017-12-11 16:00
自家製シロップりんごのかき氷..
at 2017-12-08 16:00
弘前フィンランドクリスマスマ..
at 2017-12-06 16:00
弘前フィンランドクリスマスマ..
at 2017-12-04 16:00
弘前市りんご公園オリジナルシ..
at 2017-12-04 15:24

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
more...

リンク

もうすぐクリスマスです!

連日の雨が雪に変わり、弘前市内も段々と雪化粧が施されてきました。
今月12月はりんご公園のスタッフがブログの更新担当となっていますが、市立観光館からちょっとしたお知らせです。003.gif

追手門広場内にある旧東奥義塾外人教師館では毎年恒例となりました、クリスマスの飾り付けを行いました!
d0131668_18364627.jpgd0131668_183714.jpg


旧東奥義塾外人教師館は、明治5年に開学した県内初の私学校・東奥義塾が招いた外人教師のための住居として、明治23年に建てられました。現在の旧東奥義塾外人教師館は明治23年に建てられた住居が焼失してしまったために、明治34年に再建されたもので、昭和63年に東奥義塾から弘前市に寄贈されました。 034.gif
d0131668_183691.jpg
     



旧東奥義塾外人教師館では、12/13(日)に行われたキャンドルスタンドづくりの作品を展示しています。
一つ一つが手づくりの世界に一つだけのオリジナルキャンドルです。夕方になるとキャンドルに明りが灯され、やわらかい光が建物を包みこみます。041.gif
d0131668_1840376.jpg
d0131668_18404678.jpg
d0131668_18405356.jpg

作品の展示は12/23(火・祝)までとなっております。ぜひ、ご覧下さい。



d0131668_1842212.jpgまた、追手門広場周辺では街路樹にイルミネーションが飾られており、追手門広場内にある旧東奥義塾外人教師館や旧市立図書館を初めとした市内の文化財17施設もライトアップされています。
12/24(水)・25(木)はオールナイト点灯を行いますので、冬独特の澄んだ空気の中、幻想的に映し出される洋館やイルミネーションをご覧になってはいかがでしょうか。060.gif
皆様、素敵なクリスマスをお過ごし下さい。016.gif


旧東奥義塾外人教師館
【開館時間】 9:00~18:00
【休 館 日】 12/29(月)~H21.1/3(土)
【お問合せ】 弘前市立観光館 0172-37-5501

キャンドルスタンドづくり 作品展示
【展示期間】 ~12/23(火・祝)
【展示時間】 9:00~18:00
【お問合せ】 弘前市立観光館 0172-37-5501
[PR]
# by hirokan5501 | 2008-12-22 11:21 | Comments(0)

ご当地香水祭り

弘前感交劇場ブログをご覧の皆様、こんにちは。
最近になって、また寒くなったような感じがしますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?
今の弘前市は、深々と雪が降り続いております。これから一週間、弘前市は雪という予報が出ておりましたので、地元の皆様は雪かきにおわれる毎日が来ると思います。
ブログをご覧の皆様も、お体を壊さないように、体調管理には十分気を付けて下さいね。

先日は当公園内施設の『りんごの家』で展示している、クリスマスグッズを紹介しました。
こちらの展示もまだやっておりますが、今回は、『ご当地香水祭り』について紹介させて頂きます。

この企画は、弘前観光コンベンション協会が資生堂と共同開発した香水、『弘前さくら物語』をはじめ、全国のご当地香水を一挙に集めて展示・販売するというものです。
d0131668_16511753.jpg

種類はなんと16種類!
これだけでもかなりの数が揃っていると思います。
そしてその香りも様々!
甘いものから爽やかなものまで、個性のある香りが楽しめますので、自分に合う香りを探すのも一つの楽しみですね。
是非、当公園に足を運んで、ご当地香水をご覧になって頂きたいものです。

クリスマスも近いですので、贈り物にもピッタリだと思いますよ♪
オススメです!
(この企画は、在庫が無くなり次第終了となりますので、興味のある方はどうぞお早めにお越し下さい。)

尚、今年も残りわずかとなりましたが、当公園は12月28日まで営業しております。
りんごの収穫は終わりましたが、当公園では雪実りんご(今の時期、木になっているりんご)が見られますよ~♪雪が降ってる時期しか見られないりんご園の景色もまた楽しむ事が出来ます。
お気軽にお越し下さい。
[PR]
# by hirokan5501 | 2008-12-21 17:21 | 観光施設 | Comments(0)

アップルクリスマス

弘前感交劇場ブログをご覧のみなさま、こんにちは。今月から、私たち「弘前市りんご公園」のスタッフがブログを更新します。どうぞよろしくお願いします001.gif

今日は久しぶりに雪模様の弘前市です。溶けた雪も、この調子だとまた積もりそうですね。寒いです!

りんごの収穫も11月で終わり、冬になってちょっとさみしいりんご公園ですが、12月といえばやっぱりクリスマスですね!
りんご公園ではクリスマス気分を盛り上げる為、りんごの家にてクリスマスグッズコーナーを設けています024.gif

グッズといっても、そこは常にりんごにこだわった商品を集めたりんご公園です。もちろんクリスマスもりんごです♪
d0131668_1233394.jpg
りんごの家に入ると、巨大ツリーとトナカイがお出迎え。ツリーにもちゃんとりんごのオーナメントがついてるのわかります?ちなみにトナカイ君もある部分がりんごになっています。


d0131668_127698.jpgこちらはりんご付のピック。リースにつけたり、いろんな所に飾るとかわいいです。


d0131668_1291066.jpgリースもやっぱりりんご♪


d0131668_12262285.jpg
そしてこちらが非売品なんですが、アメリカから取り寄せたアップルグッズのコレクションです。左側に写っている木製のツリーは、クリスマスの日まで毎日1個ずつオーナメントを付けていく仕組みになっています。いっぱいになる日が待ち遠しい♪

こんなかんじで一部非売品もありますが、りんご公園ならではのアップルクリスマス、みなさんもクリスマス気分を味わいに是非遊びに来てください。以前紹介した「りんごラーメン」も、喫茶コーナーにて絶賛売り出し中です~。
[PR]
# by hirokan5501 | 2008-12-13 12:31 | 観光施設 | Comments(0)

太宰治と旅する弘前

津軽を代表する文豪・太宰治。その作品は時代を超え、今なお多くの人を魅了しています。
2009年には太宰治生誕100年を迎えます。これを記念して「太宰治と旅する津軽」というパンフレットが作成されました。
太宰といえば五所川原市・金木にある生家「斜陽館」が有名ですが、弘前にも太宰ゆかりの場所があります。このパンフレットを片手に弘前で太宰を訪ねてみませんか。


◎太宰治まなびの家(旧藤田家住宅)
d0131668_1152097.jpg太宰治が旧制官立弘前高等学校に在学していた昭和2年4月から5年3月まで下宿していたのが、津島家(太宰の生家)の遠縁に当たる藤田家です
現在は『太宰治まなびの家』として一般公開しており、自由に見学することが出来ます。
d0131668_11534275.jpg太宰治の部屋は2階の奥で、押入、縁側、出窓が付いた6畳間。部屋の中へ入ることはできませんが、彼が使用した机などを近くで見ることができます。
ふすま1枚隔てた隣りの部屋は藤田家の長男本太郎氏が使用しており、太宰から小説を読んで聞かせてもらったり、チェスを楽しんだりと親交を結んでいたそうです。室内には写真が趣味だった本太郎氏撮影の太宰の写真が展示されています。おどけた表情などから当時の楽しい様子が窺えました。ほかにも太宰が書き残した落書きなども展示されており、太宰治の高校時代を垣間見ることができます。
d0131668_11554286.jpgd0131668_1155519.jpg



◎弘前公園
d0131668_1221824.jpg太宰治は、小説『津軽』の中で「ここは津軽人の魂の拠りどころである」と記しています。
また、『太宰治まなびの家』にも藤田家の長男・本太郎氏が太宰とともにさくらまつり(当時は観桜会)に行ったとの記述があります。





◎土手の珈琲屋「万茶ン」
万茶ンは土手町から少し入ったかくみ小路にある喫茶店です。創業はなんと昭和4年!005.gif80年近い歴史を持つ、東北では最古のお店です。
d0131668_12233488.jpgd0131668_1224182.jpg

d0131668_12263416.jpg太宰治は旧制弘高時代、よくこちらのお店に通っていたようです。そんな、太宰が愛飲したコーヒーを当時のレシピそのままに再現したのが【昭和の珈琲】。一口飲んでみると、口の中に広がる芳醇な香りとすっきりした苦み。苦いはずなのに、一口、もう一口と飲んでしまえるような深い味わいのコーヒーです。
d0131668_1228143.jpgセットで頼んだ『焼リンゴのアイスクリーム添え』も絶品で、シナモンがいい香り!シャキシャキとしたりんごとバニラアイスが見事にマッチしています003.gifメニューを見ていると「コーヒーバニラ・ダザイ」の文字を発見。すかさずお店の方にお尋ねしてみると、バニラアイスに昭和の珈琲をかけているとのこと。
d0131668_12285957.jpg下に敷かれたクリームとバニラアイス、そして苦味のある珈琲の粉が絶妙です!甘すぎず、あっという間に完食しました。011.gif
美味しいコーヒーと、まるでここだけ時間がゆっくり動いているのではと錯覚してしまいそうになる、そんなゆったりした空間で太宰の若かりし頃に思いをはせてみてはいかがでしょうか。



来年、2009年は太宰治生誕100年に当たる記念の年です。県内では「太宰治生誕百年祭」をはじめ、様々なイベントが計画されています。
太宰が生まれ育った地・「津軽」の旅へ出てみませんか。

【I・N・S】

◎太宰治まなびの家(旧藤田家住宅)
【開館時間】 10:00~16:00
【休 館 日】 12月29日~1月3日
【入 場 料】 無料
【住   所】 弘前市大字御幸町9-1
【お問合せ】 弘前市教育委員会 文化財保護課 0172-82-1642

◎土手の珈琲屋 万茶ン
【住  所】 弘前市土手町36-6 かくみ小路
【電  話】 0172-35-4663
【定休日】 不定休
[PR]
# by hirokan5501 | 2008-11-20 12:32 | 人物 | Comments(0)

津軽ひろさき検定 第2回初級試験が開催されました!

 11月9日(日)、『津軽ひろさき検定 第2回初級試験』が開催されました。
 今年の3月に続き、2回目の開催です。

d0131668_1723541.jpg


 弘前会場241人、東京会場20人、計261人の方が挑戦しました。

 弘前会場である弘前大学には、9時30分開場にあわせて続々と受検する方が集まってきました。
 会場入りをする前の皆さんの表情は、緊張した面持ちで、試験が始まる直前までテキストを見て、最終チェック☆

d0131668_17242930.jpg
d0131668_17243999.jpg



 試験が終わり、会場から出てきた方の中には、

 「難しかったねぇ~・・・」

 「今回の問題、ひねってるなぁ~」

などといった声が聞こえてきました。

 合否も気になるところですが、また弘前の再発見ができたのではないでしょうか?
 合格の結果は、11月28日に受検者に発送します。それまでドキドキしますね。

 来年3月には、初級合格者を対象に「津軽ひろさき検定 第1回中級試験」が開催されます。
 ぜひチャレンジを!

 津軽ひろさき検定の詳細はコチラから☆
[PR]
# by hirokan5501 | 2008-11-12 17:30 | Comments(0)

検索

カテゴリ

全体
観光施設
宿泊施設
芸術・文化・歴史
自然
イベント
交通
人物
グルメ・飲食店
土産(食)
土産
土産(その他)
店舗
娯楽
体験
さくらまつり・春
ねぷたまつり・夏
菊と紅葉まつり・秋
雪燈籠まつり・冬
雪明り
広域観光
ロケ
津軽百年食堂
お知らせ
モニターツアー
冬限定ツアー
その他
その他のツアー
フィルムコミッション
街歩き
インバウンド
りんご公園
ひろさき検定
弘前城石垣修理工事
弘前城築城400年祭(2011年)

記事ランキング

画像一覧

ブログジャンル

旅行・お出かけ
東北

タグ

ブログパーツ