心で感じ、人々が交わる 新しい旅スタイル


by hirokan5501

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新の記事

弘前観光コンベンション協会オ..
at 2017-12-13 16:00
クラフト展「こぎん冬の陣~春..
at 2017-12-11 16:00
自家製シロップりんごのかき氷..
at 2017-12-08 16:00
弘前フィンランドクリスマスマ..
at 2017-12-06 16:00
弘前フィンランドクリスマスマ..
at 2017-12-04 16:00

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
more...

リンク

藤田記念庭園で花菖蒲&tea time♪(前編)

快晴の6/18。
【S・K・U】の3人で、藤田記念庭園へお邪魔しました。
6/29(日)には年に一度の無料開放日を控えています。
一足早く・・・“偵察”という訳です(笑)!

「藤田記念庭園」は、大正8年に、弘前市出身の実業家・藤田謙一氏が邸宅の庭園として造らせたもので、年配の方には“藤田別邸”の名で親しまれています。
d0131668_12495830.jpg

d0131668_12502878.jpg

d0131668_131696.jpg


ちなみに、「藤田謙一さんて、どんな方?」とお客様によく尋ねられます。
ここで、 ひろさき検定ではありませんが・・・
ジャジャーン027.gif≪おべさまMEMO≫
藤田謙一氏は、たばこ製造販売業の岩谷天狗商会(東京)に入社以降、映画の日活の社長をはじめ、ガス、印刷など数十もの会社の代表や取締役となり、日本商工会議所初代会頭を務めた方なのです034.gifナルホド

出掛けたこの日は、花菖蒲も咲き始めており、団体客もお越しでした。
これから見頃を迎えます。楽しみ056.gif
d0131668_12515282.jpg

d0131668_12521584.jpg

d0131668_12525687.jpg


ワタシがオススメなのは、この道。
木立に囲まれて、少し日陰になっているのでひんやり
d0131668_1332598.jpg














チョッと疲れたら、東屋でひと休み。
d0131668_1341917.jpg














園内の和室から眺める景色も素敵。
d0131668_1363825.jpg












40分程かけて、お庭をぐるりと散策。
日頃の運動不足が幾分解消された気がします
じんわり汗もかいたので、洋館の中でティータイムを提案したところ、全員一致のOK049.gif

三角の赤い屋根が、帽子のようでカワイイ洋館。写真は正面と喫茶室テラス側の外観。
d0131668_1254991.jpg

d0131668_12543635.jpg


と・・・(-_-;)ナガイ。
話が長くなりまして014.gif
もっとたくさんお話したいので、tea timeの様子は次回へつづく。
喫茶室で販売されているお土産品もご紹介しまぁ~す060.gif

29日(日)の藤田記念庭園の無料開放日。
ちょうど花菖蒲も見頃になるのでは(?_?)
ぜひぜひお出掛け下さいね☆☆☆


藤田記念庭園(詳細はコチラ→弘前市公園緑地協会
住所  弘前市上白銀町8-1
電話  0172-37-5525
開園期間  4/12~11/23(平成20年度)
開園時間 9:00~17:00(最終入園16:30まで)
入園料  大人1人300円
休園日  月曜日(祝日の場合その翌日)
※6月の最終日曜日のみ無料開放
※7月・8月の開園について・・・7/14(月)・8/25(月)を除いて、無休
※さくらまつり、菊と紅葉まつり(H20.10/24~11/7)は無休。


【S・K・U】
[PR]
# by hirokan5501 | 2008-06-20 13:15 | 観光施設 | Comments(0)

弘前の“ecoな人達~(エコラー)”♪

本日開催の
「追手門広場フリースタイルマーケット」


新聞やラジオで “myバッグ持参”を呼びかけたところ、大勢のお客様が“マイバッグ”を片手にお越し下さいました003.gif
d0131668_15434521.jpg

“マイバッグ”持参にご協力ありがとうございます。
d0131668_15522652.jpg
d0131668_15473589.jpg

d0131668_1548075.jpg


フリーマーケットは、着なくなった衣類や、使わなくなった品物を必要な方にお譲りする『eco運動』の一つですよね。
そこでスタッフ達は考えたのです。
『買い物の度に、ビニールのレジ袋を新しく使用し、持ち帰ったらその袋を捨てるというのはいかがなものか・・・(-_-)ソレデモecoナノカ?』
フリーマーケットが終わると道路に散乱しているレジ袋。
『買い物をする度にもらう必要があるのか・・・(-_-)ゴミガ増エテ、環境ニ悪イノデハ?』
結論として出店者に配布していたレジ袋の廃止に踏み切りました。
d0131668_15442372.jpg


今年度から「追手門広場フリースタイルマーケット」の収益金は観光用貸し自転車「サイクルネット」事業に利用されます。
ガソリン価格が高騰している昨今、環境にもやさしい“自転車”での観光がグー049.gif

“マイバッグ”で市民の方々がお買い物を心がけて下さることで→『弘前で観光を楽しみたぁ~い』と思って来弘して下さる全国各地または外国からの観光客のみなさまに貸し自転車をご利用いただけます。
「サイクルネット」を利用される観光客の方々は、便利な観光用貸し自転車にかなり満足して帰られるのですよ「さすが観光地弘前。サービスが行き届いている!」と。

“マイバッグ持参”については、みなさまへ呼びかけしているだけではありませんヨ
034.gif勿論、わたし達スタッフも普段から“マイバッグ”を持ち歩いています。
スーパーでの買い物も“マイバッグ”を持参するとポイントが加算されたりしてお得ですよね。
今回、スタッフの“マイバッグ”を見せ合いっこ(笑)しましたよ。様々な柄や型のものがありビックリ(*_*)ホントノ私物
d0131668_15483414.jpg


eco生活に目覚め始めた今日この頃。
“my箸”も既に1膳あるのですが、『津軽塗の丈夫で何年も使える箸が欲しいなぁ~』と思っています。使い捨てではなく、十数年と長~く使える伝統工芸品『津軽塗』。ある意味これもecoですよね060.gif

追手門広場のフリースタイルマーケットへのmyバッグ持参運動は環境にやさしい観光の第一歩になります。一緒にEcotourism Hirosakiを目指しましょう051.gif

※Ecotourism(エコツーリズム)とは、環境問題に重点を置きながら、自然と調和した観光開発を進めようという考え方です。

【eco見習い中 U】
[PR]
# by hirokan5501 | 2008-06-15 16:06 | イベント | Comments(0)

日本全国ご当地フレグランスの祭典!

弘前市りんご公園ショップでは、資生堂と共同開発したご当地香水を一同に集めた「日本全国ご当地フレグランス・フェスティバル」を開催中です。
全国各地の個性的な香りが勢ぞろいしています。

ラインナップ---先ずは、ホーム弘前市の「さくらとりんごの花」の香水、「しだれざくら(角館)」「かぐや姫伝説(竹原)」「コバノミツバツツジ(飛騨高山)」「さくら(尾道)」「タチアオイ(会津若松)」「よさこい(高知)」「梅(金沢)」「如是姫伝説(長野)」「シャクナゲ(草津)」「アカシヤ(小坂)」「蝶々夫人をイメージ(長崎)」「吉野山の桜(吉野)」です。

この後、「ホップ(遠野)」、弘前市と友好都市の知床斜里の「ハマナスの香り」も参加予定!

2008.夏・日本全国ご当地フレグランス・フェスティバル

d0131668_1344091.jpg

[PR]
# by hirokan5501 | 2008-06-15 13:57 | 土産 | Comments(0)

 一幸食堂(いちこうしょくどう) またの名を 名付けて!満腹食堂

以前からずっーと気になっていたお店「一幸食堂」056.gif
d0131668_1844070.jpg

お店の前にはいつも車がいっぱい。やっと訪れることができました。
平成9年にリニューアルした店内は、小上がりとテーブル席があり、とてもきれい。
しかも、「食堂=男性客が多い」と思っていましたが、意外にもカップルが多く、女性同士やご家族のにもオススメの雰囲気。

さて、一幸食堂は、“イッコウ”と読まれがちですが、(私だけ?)実は“イチコウ”と読むそうです。
気になって、店名の由来を尋ねると・・・「幸せは一つあれば良い、幸せは何個も必要ない」という意味なんだそう。034.gif
確かに人は、1つの幸せでは満足できなくなり2つ、3つとアレもコレも欲しくなり・・・ちょっと考えさせえられてしまって、なんだかじ~んときてしまいました。007.gif

注文しようとメニューを見ると、魅力的な写真に、
「あっ!これおいしそう!」
「ちょっと見て、これもおいしそうだよ!」
「どれにする~?」
と、迷ってしまい、なかなか選べません。
胃袋が2つあれば、いろんなものが食べられるのに~と思った瞬間でもありました。011.gif
迷い迷って、「味噌ラーメンとミニチャーハンセット」¥750 「チキンカツ定食」¥800 「ポークカツカレー」¥800を注文。
d0131668_18495339.jpg

d0131668_185084.jpg

d0131668_18502614.jpg

運ばれてくる料理を見て、ビックリ・・・いや、正直感動しました!
このボリューム。食堂に求めるものの一つです。お盆からはみ出ています。
この他、ついつい「食堂」に求めてしまうもの・・・それは、「値段」と「味」ですが、
一幸食堂はまさしく、早い!旨い!安い!腹いっぱい!金メダル級です。066.gif

メイン料理のボリュームはもちろんですが、付いてくる小鉢も品数豊富で栄養バランスもグ~049.gif

少しだけメニューを紹介!!045.gif
一幸名物!人気№1のうわさの肉丼(なんでもカレー味だとか・・・)
d0131668_18531560.jpg
大¥780
中¥680
小¥600




                               
                                 一幸自慢の定食!
d0131668_14442962.jpg        
      
        焼肉定食 ¥750
        海老フライ定食 ¥1,200
        (エビフライがどっさり!)
        焼き魚定食 ¥1,000
        (どうしても魚が食べたい
        日ってあります)


                                 麺類も豊富!
d0131668_14445744.jpg
       
       月見そば・うどん 各 ¥400
               ラーメン ¥450
    ミニカレーライスorミニチャーハンと
           ラーメンのセット¥750


そして、おまけにコーラかヤクルトが付くサービス。これもまた“ちっちゃな幸せ”
お昼は、ラーメンセット、冷やし中華などランチメニューもあり、これがまた更にお得になっています。
「う~ん、いずれ全メニューを制覇したいっ」と【U】さんがツブやいていました。だいぶ気に入ったよう。072.gif

とにかくメニューが豊富で定価格の上にボリューム満点!まさしくこれは、一つの幸せ「一幸食堂」です。
一幸食堂は、お客様に幸せを一つずつおすそわけしているんですね。058.gif
お会計するお客様は、みんなで笑顔で満足そうでした。
皆さん、幸せをいただきに、一幸食堂へ行ってみませんか?029.gif

一幸食堂
住所     弘前市高崎2-4-7
電話     0172-27-8925
営業時間  10:30~15:00、17:30~20:00(土・日・祝日は17:00~)
休業日    不定休
駐車場    6台

【U・K・S】
[PR]
# by hirokan5501 | 2008-06-08 19:16 | Comments(0)

弘前・十和田湖間シャトルバスに乗ってきました!【後編】

後編では復路、十和田湖休屋から秋田県小坂町、碇ヶ関を通り弘前に戻ります。

十和田湖休屋に到着後、約50分ほど昼食をかねて休憩。
十和田湖遊覧船
d0131668_19185152.jpg

休屋からバスターミナルからは、かの有名な「乙女の像」まで歩いて15分ほど。

続いて、小坂町へ。
途中、十和田湖を見渡せる展望台 発荷峠(はっかとうげ) と 紫明亭(しめいてい)展望台を通ります。
十和田湖には展望台は約5ヶ所ありますが、 
なかでもこの紫明亭展望台は、運転手さん一押しの展望台。
d0131668_19194226.jpg


小坂町といえば、日本最古・そして今もなお現役の木造芝居小屋「康楽館」
d0131668_19205228.jpg
小坂鉱山の繁栄の歴史として残る「小坂鉱山事務所」。
d0131668_19212617.jpg


最後に、道の駅いかりがせきで休憩。
ここでひそかに楽しみしていたのが、碇ヶ関名産まるめろを使った「まるめろソフト」
d0131668_1928539.jpg
 
d0131668_1923434.jpg

そのとなりには「たけのこソフト」も!

「まるめろ」「たけのこ」それぞれ食べ比べしてみると・・・
まるめろは上品な甘さとさっぱり感のバランスがグ~001.gif049.gif049.gif

はたして、たけのこはどんな味がするのか?少々おそるおそる一口目。
色合いはたけのこの若い緑色のような感じ。005.gifだんだん食べ進めて食べていると、たけのこの繊維のような食感もしつつ、たけのこの味がふわーっとしてきました。美味!016.gif

弘前十和田湖間シャトルバスは、津軽・十和田湖・そしてお隣の秋田県小坂の自然・文化を1日で体感できるコース内容です。
これから十和田湖・奥入瀬は緑がめいっぱい輝く新緑の季節に突入。
観光のお客様にはもちろん、地元方々にも、ちょっとした小旅行が味わえておすすめです。

弘前 十和田湖間シャトルバス
(事前予約制 片道:2,500円 往復:5,000円)についての詳細は、
・弘南バス 0172-38-1212
http://konanbus.com/towadakogo/towadako.html
・JRバス東北(株)青森支店 017-723-1621

【T・Z】
[PR]
# by hirokan5501 | 2008-05-28 19:38 | 交通 | Comments(0)

検索

カテゴリ

全体
観光施設
宿泊施設
芸術・文化・歴史
自然
イベント
交通
人物
グルメ・飲食店
土産(食)
土産
土産(その他)
店舗
娯楽
体験
さくらまつり・春
ねぷたまつり・夏
菊と紅葉まつり・秋
雪燈籠まつり・冬
雪明り
広域観光
ロケ
津軽百年食堂
お知らせ
モニターツアー
冬限定ツアー
その他
その他のツアー
フィルムコミッション
街歩き
インバウンド
りんご公園
ひろさき検定
弘前城石垣修理工事
弘前城築城400年祭(2011年)

記事ランキング

画像一覧

ブログジャンル

旅行・お出かけ
東北

タグ

ブログパーツ