心で感じ、人々が交わる 新しい旅スタイル


by hirokan5501

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新の記事

日本一の桜を守る夏の作業 ~..
at 2017-06-21 17:54
本日の岩木山&弘前公園~スイ..
at 2017-06-20 17:30
青森銀行記念館(旧第五十九銀..
at 2017-06-16 14:00
春の「史跡堀越城跡」整備現場..
at 2017-06-13 10:00
ニシメヤ・ダムレイクツアー~..
at 2017-06-08 10:08

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...

リンク

タグ:弘前 ( 34 ) タグの人気記事

青森銀行記念館(旧第五十九銀行本店)

明治371119日、弘前市親方町19番地に、第五十九銀行本店として完成した現「青森銀行記念館」。 第五十九銀行は、県下では最初、全国では59番目の国立銀行でした。
d0131668_11230712.jpg
昭和18年からは青森銀行弘前支店として使用されていましたが、昭和40年、元の位置から90度回転後50m曳屋。昭和42(1967)年から「青森銀行記念館」として公開されています。

左右均等のルネッサンス風建築で、昭和47年、建物と棟札が国の重要文化財に指定されました。

昔の銀行。中に入ると重厚な雰囲気に包まれました。

スリッパに履き替えて、中の見学へ。

d0131668_11240351.jpg
ショーケースには様々な展示物がありましたが、一部紹介。
弘前藩の藩札。

d0131668_11244237.jpg
クイズもありました。見学しながら、クイズを出し合うのも楽しそう。
①日本の現行貨幣では、どちらが「表」でどちらが「裏」でしょう?
②五円玉や五十円玉にはなぜ穴が開いているのでしょうか?
わかります? ぜひ青森銀行記念館の見学で答え合わせを!

お札になった人物。「このお札、知ってる!」の一言で、年代がばれちゃいそうです…。

d0131668_11252682.jpg
紋章。
d0131668_11255862.jpg
旧第五十九銀行青森支店の階段手摺に同行のシンボルとして装着されていたもの。
第五十九銀行」の、「5」と「9」がレイアウトされています。

d0131668_11262322.jpg
数字の「5」と「9」、この中に見つけられますか?
d0131668_11262568.jpg
旧第五十九銀行三本木支店で昔使用していた金庫。
ダイヤルが、1,2,3,4…ではなく、イ,,,ニ…!!

d0131668_11281989.jpg
柱や階段は、青森県産の「けやき」を使用しているそうです。
飴色のつやつやの階段に、歴史を感じます。
d0131668_11282245.jpg
2
階の小・大会議室の天井壁紙は、「金唐革紙(きんからかわかみ)」という高級品。
d0131668_11304841.jpg
今では残っている施設も少なく、青森銀行記念館のほか、旧日本郵船小樽支店(北海道)や旧岩崎邸(東京都)など数か所でしか見られません。弘前でも見られると思うと、誇らしいですね。
d0131668_11305232.jpg
広々とした大会議室は、まるでダンスホールみたい!?
d0131668_11305575.jpg
格子がついた窓からは、天気がいいと岩木山が望めます。
d0131668_11320822.jpg
その他、金唐革紙の紹介されたショーケースや。
d0131668_11321219.jpg
設計者の堀江佐吉を紹介したパネル展示など。
d0131668_11321409.jpg
そもそも、全国で59番目の国立銀行ということは???
当時、その国立銀行って、いったい何番目まであったんだろう?
今も銀行の名前に漢数字がついている銀行(例えば仙台に本店がある第七十七銀行)は、その名残なの?

弘前市内には、明治・大正時代の洋館がまだまだあります。
洋館
巡りを楽しまれる観光の方はもちろん、地元の方も地元‟再発見”に立ち寄られてはいかが?
婦人探偵ガイド「アパ・テ・ドラ」と洋館をめぐる、女子限定街歩きツアー『土手町界隈ぶらぶら散歩』(要予約/有料)もおすすめです。

青森銀行記念館(旧第五十九銀行本店本館)
・住所:弘前市元長町26(TEL0172-33-3638)
・通常開館時間:41日~1130日・雪燈籠まつり期間 9:3016:30
 ※さくらまつり・ねぷたまつり・雪燈籠まつり9:3018:00 無休
・休館日:火曜日、813日、121日~331
・通常入館料:大人・高校生200円、小中学生100
 ※毎月15日と四大まつり期間は無料開放

◆青森銀行記念館については、下記URL(青森銀行記念館HP)をご覧ください。
http://aoginkinenkan59.ec-net.jp/contents/
◆各種まちあるきツアーについては、下記URL(津軽まちあるきサイト)をご覧ください。
http://machi-aruki.sakura.ne.jp/


[PR]
by hirokan5501 | 2017-06-16 14:00 | 観光施設 | Comments(0)

春の「史跡堀越城跡」整備現場見学会~旧石戸谷住宅復元工事現場見学会~

先日フェイスブックで一般公開日の紹介をした、旧石戸谷家住宅の復元工事現場の様子です。
d0131668_13503179.jpg
史跡堀越城跡整備事業地内に復元されている、旧石戸谷家住宅。

63()限定で特別一般公開をしたため、工事現場見学会に行って来ました。

d0131668_13525004.jpg
あいにくの雨模様。旧石戸谷家住宅は、白いビニールで囲まれた中にあります。
国道7号線を走っていると、視界に入ります。何の工事なのか気になっていた方も多いかも?

d0131668_13541054.jpg
受付でヘルメットを借り、中に入りました。
足場の天井が低いのでと事前に教えていただき、頭上に気を付けながら歩いたつもりでしたが、それでもうっかり何度か頭をぶつけてしまい、ヘルメットがあって助かりました。

d0131668_13561996.jpg
旧石戸谷家住宅は、もともと市内浜の町に建てられていた農家住宅です。確実な証拠はありませんが、文政5(1822)年の建築と伝えられているそうです。昭和60(1985)年に弘前市指定有形文化財に指定され、平成16(2004)年に市に寄附されましたが、老朽化が進んだため、平成21(2009)年度に解体保存されました。現在は、史跡堀越城跡整備事業地内への復元作業が行われています。

足場を作業員さんの案内の通りに進み、上へあがりました。
上がると、屋根と同じくらいの高さです。茅葺き部分を間近に見ることができました。

d0131668_13574034.jpg
作業員さんが右奥に写っていますが、かなり大きな住宅だということが伝わるのでは?と思います。木造一部2階建て、建物の面積は437.63㎡。

d0131668_13583116.jpg
茅を下から上へ向かって葺いていきます。
d0131668_13594055.jpg
下側の葺いた部分と、上側のこれから作業する部分が、こちらの写真でわかるでしょうか。屋根部分も非常に面積が広いので、大変な作業だと感じました。
d0131668_14002428.jpg
普段は一般公開していません。 ※2017年63()限定の公開でした。

復元工事の予定は、平成27(2015)年度から平成30(2018)年までの4年間。
復元工事修理後は、内装工事・外装工事を行い、平成32年春にオープン予定とのことです。
※文章は、受付でいただいたリーフレットを参考にさせていただきました。

完成後の外観および内部見学が、今から楽しみです。


[PR]
by hirokan5501 | 2017-06-13 10:00 | 観光施設 | Comments(0)

弘前城石垣解体修理に伴う検出銅器の掘り出し

2017531日。
弘前城天守台石垣解体作業中に発見された、銅器の掘り出しが行われ、マスコミ関係者に交じって見学させていただきました。

曳屋前の天守の定位置であった、天守台。

4月から石垣解体工事が進められています。

d0131668_14403202.jpg
弘前大学の関根教授立ち合いのもと、今回の掘り出し作業が進められました。
教授の足元の、四角く囲まれた穴から銅器が見つかりました。

d0131668_14410519.jpg
外枠の一辺が約48cm、内側の一辺が約29cmのほぼ正方形の、コンクリート製の箱状の穴。こちらは、弘前城天守台のちょうど真ん中にありました。中には、蓋つきの銅製の壺。

発見時は、薄い石を蓋がわりにして穴自体がふさがれ、砂利が置かれ、その上に天守が立っていたことになります。

d0131668_14422550.jpg
これらは、明治から大正期に行われた石垣修理の地鎮祭で使われた‟地鎮具”を埋めたと考えられる「地鎮遺構」。何が収められているのでしょうか。

さっそく中から取り出してみます。
d0131668_14433969.jpg
まず
取り出した壺。どんなもの???
d0131668_14445840.jpg
詳しい調査はこれからになりますが…。何か書いてあるようです。
d0131668_14440959.jpg
「八円」とか「五円」とか、値段が書かれていました。

壺は、最大直径13cm、高さが20cmの緑色。

d0131668_14454098.jpg
さらに、壺の中から「笏(しゃく)」と考えられる木片が取り出されました。

次に、お猪口が出てきました!

d0131668_14461746.jpg
これは、徳利。
d0131668_14471535.jpg

最終的に、壺からは笏×1、徳利×2、お猪口×2が取り出されました。

壺は特注、徳利やお猪口は既製品ではないかとのこと。

d0131668_14473874.jpg
壺の周りには、砂利がたくさん入り込んでいたので取り除きます。
d0131668_14475667.jpg
すると、中の四隅には、密教の法具である「橛(けつ)」と呼ばれる銅製の棒。今回の発見により、明治~大正期の石垣修理の際、仏式の地鎮祭が行われたと考えられるそうです。
d0131668_14483690.jpg

地鎮祭は、曳屋で移動していた天守が、大正4(1915)年に天守台に戻される直前だったとか。

d0131668_14491730.jpg
現在100年ぶりになる、平成の石垣修理中の弘前城。
数年後、修理が終了すると、天守が曳屋で天守台に戻されます。

その際、今回発見されたような大正期の地鎮遺構をもとに、また地鎮祭が執り行われるのでしょうか???  今後の石垣修理の進捗についても、引き続きご紹介していきたいと思います。


[PR]
by hirokan5501 | 2017-06-01 15:00 | 弘前城石垣修理工事 | Comments(0)

「駅から手ぶらで観光」を利用してみよう!!

平成21(2009)年から開始している、「駅から手ぶらで観光」。

平成22(2010)12月の東北新幹線新青森駅開業を見据え、青森県内で初めてスタート。

d0131668_09363116.jpg

JR弘前駅1Fの弘前市観光案内所から市内宿泊施設(岩木・相馬地区を除く)へ、旅行バッグやリュックなどの手荷物を宿泊施設へ発送することができるサービスです。お客様は荷物を預けたあと、手ぶらで観光をお楽しみいただき、宿泊先で手荷物を受け取ることができます。

こちらのサービスは外国人観光客にも対応しており、弘前市観光案内所は2017421日、国土交通省認定の「手ぶら観光」カウンターになりました。青森県内では初めて、東北ではJR仙台駅、仙台空港など仙台市内3カ所に次ぎ4カ所目の「手ぶら観光」カウンターになっています。


HOW TO 手ぶら観光

まずは、JR弘前駅1Fの弘前市観光案内所へお越しください。

JR弘前駅は改札が2Fにあります。エスカレーターや階段を下りると右手に観光案内所があります。

d0131668_09371389.jpg

スタッフに「駅から手ぶらで観光の受付をお願いします」とお申し付けください。

もし‟手ぶらで観光”という名前を忘れたら、「宿泊施設に荷物を送りたいのですが」でももちろん大丈夫!!

始めにスタッフから、受付できないお荷物(貴重品・危険物・大きさや重さが規定外の物など)

お届けできない宿泊施設(市内の岩木・相馬地区および市外・県外)

料金やお荷物の到着時間など、いくつか説明や確認があります。

d0131668_09383159.jpg

お客様がお泊りになる宿泊施設に、ご予約が入っているか確認の電話をします。

・予約が入っていないのにお荷物を送ってしまわないよう、念のための確認。

・宿泊施設のスタッフに、お客様のお荷物が届けられることのお知らせ、お預かりのお願い。

d0131668_09391319.jpg

伝票に、お客様のお名前と連絡先(電話番号)をご記入いただきます。

d0131668_09393606.jpg

1個あたり、864(税込)の料金をお支払いください。

d0131668_09395796.jpg

お荷物をお預かりします。

お荷物はビニールで包み、そちらに伝票を貼ります。お荷物自体に伝票は貼り付けません。

d0131668_09402657.jpg

いざ、出発!

「いってらっしゃい」

お預かりしたお荷物は、クロネコヤマトの担当で、ホテルや旅館に運ばれます。

19:00以降、お泊りの宿泊施設にて受け取ることができます。

荷物を預けたあとの過ごし方、荷物を預けるメリットは、お客様によってさまざま。

 ・重い・大きい荷物がないので、バスの乗り降りが楽ちん。

 ・広い弘前公園はもちろん、市内各所を身軽にテクテク歩ける。

 ・コインロッカーを何度も利用せずに、各施設を見学できる。

 ・ビジネスでお越しの方は、そのまま仕事や学会等へ向かえる。

機会がございましたら、「駅から手ぶらで観光」をぜひご利用ください。

d0131668_09410617.jpg


駅から手ぶらで観光

・受付場所:弘前市観光案内所(JR弘前駅1F中央口)

・受付時間:8:4514:00

・配達時間:宿泊施設には19:00までに届きます。

・発送料金:手荷物1864(税込)

・実施期間:通年 ※ただし、11日~3日はお休み

・問い合わせ先:弘前市観光案内所(8:4518:00) TEL0172-26-3600

●詳しくは下記URL(当協会「駅から手ぶらで観光」ページ)をご覧ください。

http://www.hirosaki-kanko.or.jp/web/edit.html?id=tebura


[PR]
by hirokan5501 | 2017-05-29 10:00 | インバウンド | Comments(0)

「弘前城植物園」5/28無料開放のお知らせ

弘前公園内にある「弘前城植物園」では、毎年5月最終日曜日に無料開放を行っています。

無料開放1週間前にあたる521()、下見?に行ってきました!!

d0131668_11034086.jpg

通常は、大人310円/小中学生100円の入園料が必要です。

d0131668_11043197.jpg

先日フェイスブックでも写真を掲載した、ハンカチツリー。

d0131668_11050512.jpg

ハンカチツリーは、中国南西部の標高1,0002,000mの山に自生している落葉樹で、正式名称はハンカチノキだそうです。

d0131668_11054197.jpg

2枚の大きな苞葉(ほうよう)が、ひらひらと。

まるでハンカチのように見えますね。

d0131668_11071001.jpg

ハンカチツリーのそばには、オオデマリに囲まれたベンチ。

お花に囲まれたベンチで、ちょっと休憩なんていかがでしょう。

d0131668_11072730.jpg

ハンカチツリーのほかに、シャクナゲも見頃でした。

d0131668_11075939.jpg
d0131668_11082094.jpg
d0131668_11082376.jpg

藤の花はボリューム満点。

d0131668_11084503.jpg

ボタンは咲き初めです。

d0131668_11091319.jpg
d0131668_11091638.jpg
d0131668_11091962.jpg
最高気温30度近い中、多くの方が緑の中の散策を楽しみにお越しでした。
d0131668_11095730.jpg

今年は528()が、弘前城植物園無料開放日。

同日は、弘前城有料区域(本丸・北の郭)も無料となっています。

自由広場にシートを敷いて、お弁当を食べてもOKです。

お誘いあわせの上、ぜひ弘前公園へお出かけください。


[PR]
by hirokan5501 | 2017-05-23 10:00 | イベント | Comments(0)

弘前市立博物館企画展「輝け!館蔵名品BEST40」

弘前公園内、弘前市立博物館では41日~64日まで企画展「輝け!館蔵名品BEST40」が行われています。


d0131668_16013332.jpg
昭和52(1977)420日に開館した弘前市立博物館は、平成29(2017)420日に開館40周年を迎えます。今年度の展示会は、すべて開館40周年としての開催です。

d0131668_16034404.jpg
歴史、美術、工芸品など収蔵品17000点の中から、40周年記念ということで「40点」が展示されています。撮影させていただいた、一部の展示品を紹介します。


弘前城内で使用されたとされる、「弘前城杉戸」。

d0131668_16042248.jpg
d0131668_16044497.jpg

新井晴峰作の県重宝「観桜観楓図屏風」。

d0131668_16052175.jpg
幕末から明治にかけての県重宝「津軽漆塗手板」。

d0131668_16115809.jpg

細かな文様は、それぞれが個性的で美しいです。


d0131668_16363938.jpg


これらのほかにも、棟方志功作の「さくらまつりポスター原画」、名誉市民である工藤甲人、奈良岡正夫、佐野ぬい氏作の絵画や古川武治作の彫刻などが多数紹介されています。

また、4月20日は開館記念日として無料開放!!
お誘いあわせの上、お出かけください。期間中、4月17日(月)・5月15日(月)は休館です。

詳しくは、下記リンク(弘前市立博物館HP)をご覧ください。
http://www.city.hirosaki.aomori.jp/hakubutsukan/


[PR]
by hirokan5501 | 2017-04-17 16:07 | イベント | Comments(0)

追手門広場内「ミニチュア建造物」

今日は、お天気が良かったので追手門広場内を散歩してみました。
こちらには、ミニチュア建造物があります。
d0131668_11435820.jpg
旧弘前市立図書館と、現在の弘前市立図書館の間を入っていくと・・・
d0131668_11435731.jpg
そこはもう、ガリバー気分♪

こちらには、明治から大正期に弘前市内に実存した建造物が、10分の1の模型で展示されています。
d0131668_11435857.jpg
背丈の低いドウダンツツジの木でも、大木に見えてしまいます!!
d0131668_11435812.jpg
追手門広場では、5月14日(土)・15日(日)に開催される
「津軽路ロマン国際ツーデーマーチ」の準備が進められています。

当日の参加者の方々にも、ぜひミニチュア建造物を見学していただきたいですね。
d0131668_11441285.jpg
■ミニチュア建造物群

■津軽路ロマン国際ツーデーマーチ

[PR]
by hirokan5501 | 2016-05-13 12:14 | 観光施設 | Comments(0)

現在の弘前城~2015.6.11の様子~

本丸石垣修理工事中の弘前公園です。
さくらまつり期間中に一般開放された内濠では、現在は天守の曳家工事に備えて足場が組まれています。
d0131668_18374111.jpg
8月後半から10月にかけて天守が曳家されますが、準備も着々と進められています。
d0131668_18374165.jpg
仮設展望台も設置され、曳家工事中はここから「お城が動く」様子を見ることができます。
d0131668_18374145.jpg
石垣修理工事中の弘前公園ですが、これまで通り誰でも公園内に入ることができますので、100年ぶりの工事の様子を、ぜひ、弘前公園に足を運んで見守っていただければと思います。
※有料区域の本丸・北の郭にも入場可能ですが、天守は曳家工事に備え公開していませんのでご注意ください。


[PR]
by hirokan5501 | 2015-06-11 19:18 | 弘前城石垣修理工事 | Comments(0)

弘前ご当地香水、「城の桜と林檎の花の香り」

りんご公園SHOPから、ご当地香水のお知らせです。 

ご当地香水って、いくつあると思いますか?
こんなにあるんです、びっくりですね。005.gif

d0131668_10064606.jpg
資生堂と共同開発したオリジナルフレグランスを全て揃えられるのは、
全国でもりんご公園SHOPだけなんです。
ご当地の香りを揃えてみては、いかがでしょうか。

特にオススメは、もちろん、弘前ご当地香水、「城の桜と林檎の花の香り」です。
桜の名所、弘前のソメイヨイノとりんごの花をイメージして調香した、
自慢のオードパルファムです。

地元弘前の香水と言うことで、こちらには、弘前城桜写真集「さくら物語」を
プレゼントさせていただいています。

弘前のさくらの見処満載の写真集を動画にまとめてみました。
こんなに美しい写真集です。

  

ご当地香水をお求めの方は、こちらからどうぞ!
 全国ご当地香水
 弘前ご当地香水「城の桜と林檎の花の香り」

[PR]
by hirokan5501 | 2014-02-14 09:13 | お知らせ | Comments(0)

青森空港で観光PRしています。

青森県の空の玄関口「青森空港」で、中南津軽地域の観光PRを行っています。
d0131668_8285986.jpg

青森空港1階JALカウンター横に、特設ブースを設けて、
弘前をはじめ、今年世界自然遺産登録20周年を迎えた「白神山地」や、
これから見頃を迎える、黒石市の「中野もみじ山」など、
ポスターやパンフレットでPRしています。
d0131668_8423828.jpg

9月23日(月・祝)まで開催していますので、青森空港にお寄りの際は、ぜひご覧ください。
[PR]
by hirokan5501 | 2013-09-03 08:10 | お知らせ | Comments(0)

検索

カテゴリ

全体
観光施設
宿泊施設
芸術・文化・歴史
自然
イベント
交通機関
人物

土産
店舗
娯楽
体験
さくら関連
ねぷたまつり
菊と紅葉まつり
雪燈籠まつり
雪明り
広域観光
ロケ
弘前城築城400年祭
津軽百年食堂
お知らせ
モニターツアー
冬限定ツアー
その他
その他のツアー
フィルムコミッション
街歩き
インバウンド
りんご公園
弘前城石垣修理工事

記事ランキング

画像一覧

ブログジャンル

旅行・お出かけ
東北

タグ

ブログパーツ