心で感じ、人々が交わる 新しい旅スタイル


by hirokan5501

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新の記事

ファッション甲子園2017
at 2017-08-21 13:30
「ファッション甲子園2017..
at 2017-08-19 15:30
2017年度「平成まんじ札」
at 2017-08-17 15:00
「ラブライブ!サンシャイン!..
at 2017-08-15 15:00
2017弘前ねぷたまつり「な..
at 2017-08-10 14:00

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...

リンク

タグ:観光 ( 85 ) タグの人気記事

「ひろさきまるごと観光クーポン2017」~購入編~

観光施設・バス・タクシー・レンタサイクル・お土産購入など、これ1つでいろいろ使えるお得な観光クーポン。昨年、「アップルパイクーポン」として販売していたものを、今年度リニューアルして販売。弘前市内の散策中、さまざまな場面でご利用いただけます。

今回は、クーポンの簡単な紹介と購入できる場所のご案内です。
ひろさきまるごと観光クーポン 1部1,500円
d0131668_10403086.jpg

販売は、2017年5月8日(月)~11月23日(木祝)まで。
有効期限は、購入日から1ヵ月間ですが、利用期限は11月23日まで。
(例)・6/29に購入した場合、利用期限は30日後の7/28まで。 
  ・利用最終日の11/23に購入した場合、利用は当日限りになります(>д<)

ひろさきまるごと観光クーポン」には、下記のクーポンがついています。
【観光施設入場券 お一人分】…下写真左側色クーポン
 ・津軽藩ねぷた村(通常大人550円)
 ・弘前城本丸・北の郭*(通常大人310円)
 ・弘前城植物園*(通常大人310円)
 ・藤田記念庭園*(通常大人310円) 
 ※*3か所は、三施設共通券510円もあり。
【クーポン100円相当×9枚=900円相当)】…下写真左側色クーポン
 ・アップルパイセット飲食orアップルパイテイクアウト
 ・お土産購入
 ・100円バス・タクシー・レンタサイクル
d0131668_1123745.jpg


観光施設4軒全てと、クーポン9枚全て利用すると、
最大で880円相当お得!!

ただし、観光施設には子供料金の設定があり、現金払いの方が安く済む場合や、市内の小中学生や満65歳以上の方には無料対象の施設もありますので、ご購入前にぜひご確認ください。販売窓口でのご相談もどうぞ。

d0131668_1044950.jpg

【販売場所】 ※施設により販売時間・取り扱い部数が異なります。
 ・弘前市立観光館(9:00~18:00 TEL0172-37-5501)
 ・弘前市観光案内所(8:45~18:00 TEL0172-26-3600)
 ・弘前市まちなか情報センター(9:00~21:00 TEL0172-31-5160)
 ・弘前城(本丸・北の郭)券売所
 ・弘前城植物園券売所
 ・藤田記念庭園券売所
 ・津軽藩ねぷた村
 ・弘前市りんご公園
 ・弘前バスターミナル
 ・アートホテル弘前シティ
 ・弘前パークホテル
 ・ブロッサムホテル弘前
 ・星と森のロマントピア
 ・ホテルニューキャッスル
 ・ひろやど倶楽部(弘前市旅館ホテル組合)

d0131668_10431694.jpg

今後ブログにて「観光施設編」「アップルパイ飲食編」「お土産購入編」「乗り物利用編」などジャンル別にご紹介できたら!!、と考え中です。

ひろさきまるごと観光クーポン」についての詳細は、下記URLをご覧ください。
http://www.hirosaki-kanko.or.jp/web/edit.html?id=applepiecoupon
[PR]
by hirokan5501 | 2017-06-29 15:00 | Comments(0)

「藤田記念庭園」6/25無料開放のお知らせ

弘前市上白銀町の「藤田記念庭園」では、毎年6月最終日曜日に無料開放を行っています。

例年、無料開放の時期にはハナショウブが楽しめます。
ハナショウブの咲き具合は、いかがでしょう??? 
   ↓ ↓ ↓
d0131668_13405484.jpg


藤田記念庭園は、弘前市出身で日本商工会議所初代会頭の藤田謙一氏が、大正10(1921)年に建てさせた別邸です。総面積約2万1,800㎡の、広大な敷地。
d0131668_13413923.jpg


その高台は、岩木山を眺望できる借景式庭園。
下の写真の奥に、天気が良ければ岩木山が見えるのですが。
本日は残念ながら見えませんでした。
d0131668_13435563.jpg


低地部は、ハナショウブが美しい池泉回遊式庭園になっています。
d0131668_1342859.jpg


滝が涼やか。
d0131668_13423481.jpg


カメラやビデオ持参で、散策を楽しんでいる方が結構いらっしゃいました。
d0131668_1343221.jpg


ハナショウブは今年少し遅れていて、(6/23現在)咲いているのはまだチラホラ。
d0131668_13444166.jpg


咲き進んでいくのが、待ち遠しいですね。
d0131668_13505048.jpg

d0131668_13514719.jpg


「ここを撮ったらいいよ!! 石のコケがいい雰囲気出しているよ」と、
観光客の方におすすめしていただきました☆
d0131668_13521072.jpg


藤田記念庭園は、ぐるっと一回り歩くと30~40分くらい。
d0131668_13524650.jpg


いよいよ6月25日(日)は無料開放日。
通年で体験できる、「スマートグラスガイドツアー」も気になりますね。
d0131668_13531730.jpg

当日は、岳暘保育園児による「よさこい遊戯披露」や「津軽塗体験」、「津軽煎茶の会」「樹木医が案内する樹木観察会」などのイベントが企画されていますので、ぜひお誘い合わせの上お出かけください。

詳しくは、下記URL(弘前市みどりの協会・藤田記念庭園ブログ)をご覧ください。
http://blog.livedoor.jp/fteien/
[PR]
by hirokan5501 | 2017-06-23 15:00 | 観光施設 | Comments(0)

本日の岩木山&弘前公園~スイレンとコウホネ~

【本日(6/20)の岩木山】
弘前公園本丸からの撮影です。

蓮池は、ハスの花にはまだ早いですが、水面を葉が覆ってきました。

d0131668_17020119.jpg
d0131668_17134948.jpg

「そろそろ梅雨入り?」と気になる季節。
弘前公園は鮮やかな緑に包まれています。
d0131668_17025141.jpg

桜の枝葉でつくられるハートも、緑色。

d0131668_17031810.jpg
下乗橋の下、中濠のスイレン。

d0131668_17041104.jpg
鷹丘橋の下の中濠も、スイレンがみっちり。
d0131668_17044733.jpg
赤と緑のコントラストが美しいです。
d0131668_17052204.jpg
白いスイレンが爽やか。
d0131668_17055360.jpg
弘前城石垣解体工事も進んでいます。
d0131668_17062224.jpg

d0131668_17072351.jpg
弘前公園の外濠も、緑色に染まっていました。春は桜の花筏、秋はオレンジ色の桜の葉が浮き、冬は雪。外濠も四季折々の景色が楽しめます。
d0131668_17080851.jpg
小山せんべい向かい~津軽藩ねぷた村向かい~亀甲門付近の外濠。
こちらには、こんな花が。
d0131668_17095708.jpg
一ヵ所をズームして見てみると
黄色い花が咲いているのが確認できます。
d0131668_17111416.jpg
コウホネ。
d0131668_17111787.jpg
黄色い花、と書きましたが。
調べてみると、花びらだと思っていた黄色の5枚はガクなのだとか。
そのガクに囲まれた内部が花なのだそうです。もう少しズームして撮ればよかったなあ、と後悔。
d0131668_17112186.jpg
弘前公園および市内散策の際は帽子や水分補給など、熱中症対策にお気を付けください。
個人的には、ちょっと休憩するなら、青い屋台のカランカランアイスがおすすめです。
しゃっこい(=冷たい)アイスで、ぜひ涼んでください。


[PR]
by hirokan5501 | 2017-06-20 17:30 | 観光施設 | Comments(0)

青森銀行記念館(旧第五十九銀行本店)

明治371119日、弘前市親方町19番地に、第五十九銀行本店として完成した現「青森銀行記念館」。 第五十九銀行は、県下では最初、全国では59番目の国立銀行でした。
d0131668_11230712.jpg
昭和18年からは青森銀行弘前支店として使用されていましたが、昭和40年、元の位置から90度回転後50m曳屋。昭和42(1967)年から「青森銀行記念館」として公開されています。

左右均等のルネッサンス風建築で、昭和47年、建物と棟札が国の重要文化財に指定されました。

昔の銀行。中に入ると重厚な雰囲気に包まれました。

スリッパに履き替えて、中の見学へ。

d0131668_11240351.jpg
ショーケースには様々な展示物がありましたが、一部紹介。
弘前藩の藩札。

d0131668_11244237.jpg
クイズもありました。見学しながら、クイズを出し合うのも楽しそう。
①日本の現行貨幣では、どちらが「表」でどちらが「裏」でしょう?
②五円玉や五十円玉にはなぜ穴が開いているのでしょうか?
わかります? ぜひ青森銀行記念館の見学で答え合わせを!

お札になった人物。「このお札、知ってる!」の一言で、年代がばれちゃいそうです…。

d0131668_11252682.jpg
紋章。
d0131668_11255862.jpg
旧第五十九銀行青森支店の階段手摺に同行のシンボルとして装着されていたもの。
第五十九銀行」の、「5」と「9」がレイアウトされています。

d0131668_11262322.jpg
数字の「5」と「9」、この中に見つけられますか?
d0131668_11262568.jpg
旧第五十九銀行三本木支店で昔使用していた金庫。
ダイヤルが、1,2,3,4…ではなく、イ,,,ニ…!!

d0131668_11281989.jpg
柱や階段は、青森県産の「けやき」を使用しているそうです。
飴色のつやつやの階段に、歴史を感じます。
d0131668_11282245.jpg
2
階の小・大会議室の天井壁紙は、「金唐革紙(きんからかわかみ)」という高級品。
d0131668_11304841.jpg
今では残っている施設も少なく、青森銀行記念館のほか、旧日本郵船小樽支店(北海道)や旧岩崎邸(東京都)など数か所でしか見られません。弘前でも見られると思うと、誇らしいですね。
d0131668_11305232.jpg
広々とした大会議室は、まるでダンスホールみたい!?
d0131668_11305575.jpg
格子がついた窓からは、天気がいいと岩木山が望めます。
d0131668_11320822.jpg
その他、金唐革紙の紹介されたショーケースや。
d0131668_11321219.jpg
設計者の堀江佐吉を紹介したパネル展示など。
d0131668_11321409.jpg
そもそも、全国で59番目の国立銀行ということは???
当時、その国立銀行って、いったい何番目まであったんだろう?
今も銀行の名前に漢数字がついている銀行(例えば仙台に本店がある第七十七銀行)は、その名残なの?

弘前市内には、明治・大正時代の洋館がまだまだあります。
洋館
巡りを楽しまれる観光の方はもちろん、地元の方も地元‟再発見”に立ち寄られてはいかが?
婦人探偵ガイド「アパ・テ・ドラ」と洋館をめぐる、女子限定街歩きツアー『土手町界隈ぶらぶら散歩』(要予約/有料)もおすすめです。

青森銀行記念館(旧第五十九銀行本店本館)
・住所:弘前市元長町26(TEL0172-33-3638)
・通常開館時間:41日~1130日・雪燈籠まつり期間 9:3016:30
 ※さくらまつり・ねぷたまつり・雪燈籠まつり9:3018:00 無休
・休館日:火曜日、813日、121日~331
・通常入館料:大人・高校生200円、小中学生100
 ※毎月15日と四大まつり期間は無料開放

◆青森銀行記念館については、下記URL(青森銀行記念館HP)をご覧ください。
http://aoginkinenkan59.ec-net.jp/contents/
◆各種まちあるきツアーについては、下記URL(津軽まちあるきサイト)をご覧ください。
http://machi-aruki.sakura.ne.jp/


[PR]
by hirokan5501 | 2017-06-16 14:00 | 観光施設 | Comments(0)

春の「史跡堀越城跡」整備現場見学会~旧石戸谷住宅復元工事現場見学会~

先日フェイスブックで一般公開日の紹介をした、旧石戸谷家住宅の復元工事現場の様子です。
d0131668_13503179.jpg
史跡堀越城跡整備事業地内に復元されている、旧石戸谷家住宅。

63()限定で特別一般公開をしたため、工事現場見学会に行って来ました。

d0131668_13525004.jpg
あいにくの雨模様。旧石戸谷家住宅は、白いビニールで囲まれた中にあります。
国道7号線を走っていると、視界に入ります。何の工事なのか気になっていた方も多いかも?

d0131668_13541054.jpg
受付でヘルメットを借り、中に入りました。
足場の天井が低いのでと事前に教えていただき、頭上に気を付けながら歩いたつもりでしたが、それでもうっかり何度か頭をぶつけてしまい、ヘルメットがあって助かりました。

d0131668_13561996.jpg
旧石戸谷家住宅は、もともと市内浜の町に建てられていた農家住宅です。確実な証拠はありませんが、文政5(1822)年の建築と伝えられているそうです。昭和60(1985)年に弘前市指定有形文化財に指定され、平成16(2004)年に市に寄附されましたが、老朽化が進んだため、平成21(2009)年度に解体保存されました。現在は、史跡堀越城跡整備事業地内への復元作業が行われています。

足場を作業員さんの案内の通りに進み、上へあがりました。
上がると、屋根と同じくらいの高さです。茅葺き部分を間近に見ることができました。

d0131668_13574034.jpg
作業員さんが右奥に写っていますが、かなり大きな住宅だということが伝わるのでは?と思います。木造一部2階建て、建物の面積は437.63㎡。

d0131668_13583116.jpg
茅を下から上へ向かって葺いていきます。
d0131668_13594055.jpg
下側の葺いた部分と、上側のこれから作業する部分が、こちらの写真でわかるでしょうか。屋根部分も非常に面積が広いので、大変な作業だと感じました。
d0131668_14002428.jpg
普段は一般公開していません。 ※2017年63()限定の公開でした。

復元工事の予定は、平成27(2015)年度から平成30(2018)年までの4年間。
復元工事修理後は、内装工事・外装工事を行い、平成32年春にオープン予定とのことです。
※文章は、受付でいただいたリーフレットを参考にさせていただきました。

完成後の外観および内部見学が、今から楽しみです。


[PR]
by hirokan5501 | 2017-06-13 10:00 | 観光施設 | Comments(0)

「駅から手ぶらで観光」を利用してみよう!!

平成21(2009)年から開始している、「駅から手ぶらで観光」。

平成22(2010)12月の東北新幹線新青森駅開業を見据え、青森県内で初めてスタート。

d0131668_09363116.jpg

JR弘前駅1Fの弘前市観光案内所から市内宿泊施設(岩木・相馬地区を除く)へ、旅行バッグやリュックなどの手荷物を宿泊施設へ発送することができるサービスです。お客様は荷物を預けたあと、手ぶらで観光をお楽しみいただき、宿泊先で手荷物を受け取ることができます。

こちらのサービスは外国人観光客にも対応しており、弘前市観光案内所は2017421日、国土交通省認定の「手ぶら観光」カウンターになりました。青森県内では初めて、東北ではJR仙台駅、仙台空港など仙台市内3カ所に次ぎ4カ所目の「手ぶら観光」カウンターになっています。


HOW TO 手ぶら観光

まずは、JR弘前駅1Fの弘前市観光案内所へお越しください。

JR弘前駅は改札が2Fにあります。エスカレーターや階段を下りると右手に観光案内所があります。

d0131668_09371389.jpg

スタッフに「駅から手ぶらで観光の受付をお願いします」とお申し付けください。

もし‟手ぶらで観光”という名前を忘れたら、「宿泊施設に荷物を送りたいのですが」でももちろん大丈夫!!

始めにスタッフから、受付できないお荷物(貴重品・危険物・大きさや重さが規定外の物など)

お届けできない宿泊施設(市内の岩木・相馬地区および市外・県外)

料金やお荷物の到着時間など、いくつか説明や確認があります。

d0131668_09383159.jpg

お客様がお泊りになる宿泊施設に、ご予約が入っているか確認の電話をします。

・予約が入っていないのにお荷物を送ってしまわないよう、念のための確認。

・宿泊施設のスタッフに、お客様のお荷物が届けられることのお知らせ、お預かりのお願い。

d0131668_09391319.jpg

伝票に、お客様のお名前と連絡先(電話番号)をご記入いただきます。

d0131668_09393606.jpg

1個あたり、864(税込)の料金をお支払いください。

d0131668_09395796.jpg

お荷物をお預かりします。

お荷物はビニールで包み、そちらに伝票を貼ります。お荷物自体に伝票は貼り付けません。

d0131668_09402657.jpg

いざ、出発!

「いってらっしゃい」

お預かりしたお荷物は、クロネコヤマトの担当で、ホテルや旅館に運ばれます。

19:00以降、お泊りの宿泊施設にて受け取ることができます。

荷物を預けたあとの過ごし方、荷物を預けるメリットは、お客様によってさまざま。

 ・重い・大きい荷物がないので、バスの乗り降りが楽ちん。

 ・広い弘前公園はもちろん、市内各所を身軽にテクテク歩ける。

 ・コインロッカーを何度も利用せずに、各施設を見学できる。

 ・ビジネスでお越しの方は、そのまま仕事や学会等へ向かえる。

機会がございましたら、「駅から手ぶらで観光」をぜひご利用ください。

d0131668_09410617.jpg


駅から手ぶらで観光

・受付場所:弘前市観光案内所(JR弘前駅1F中央口)

・受付時間:8:4514:00

・配達時間:宿泊施設には19:00までに届きます。

・発送料金:手荷物1864(税込)

・実施期間:通年 ※ただし、11日~3日はお休み

・問い合わせ先:弘前市観光案内所(8:4518:00) TEL0172-26-3600

●詳しくは下記URL(当協会「駅から手ぶらで観光」ページ)をご覧ください。

http://www.hirosaki-kanko.or.jp/web/edit.html?id=tebura


[PR]
by hirokan5501 | 2017-05-29 10:00 | インバウンド | Comments(0)

「弘前城植物園」5/28無料開放のお知らせ

弘前公園内にある「弘前城植物園」では、毎年5月最終日曜日に無料開放を行っています。

無料開放1週間前にあたる521()、下見?に行ってきました!!

d0131668_11034086.jpg

通常は、大人310円/小中学生100円の入園料が必要です。

d0131668_11043197.jpg

先日フェイスブックでも写真を掲載した、ハンカチツリー。

d0131668_11050512.jpg

ハンカチツリーは、中国南西部の標高1,0002,000mの山に自生している落葉樹で、正式名称はハンカチノキだそうです。

d0131668_11054197.jpg

2枚の大きな苞葉(ほうよう)が、ひらひらと。

まるでハンカチのように見えますね。

d0131668_11071001.jpg

ハンカチツリーのそばには、オオデマリに囲まれたベンチ。

お花に囲まれたベンチで、ちょっと休憩なんていかがでしょう。

d0131668_11072730.jpg

ハンカチツリーのほかに、シャクナゲも見頃でした。

d0131668_11075939.jpg
d0131668_11082094.jpg
d0131668_11082376.jpg

藤の花はボリューム満点。

d0131668_11084503.jpg

ボタンは咲き初めです。

d0131668_11091319.jpg
d0131668_11091638.jpg
d0131668_11091962.jpg
最高気温30度近い中、多くの方が緑の中の散策を楽しみにお越しでした。
d0131668_11095730.jpg

今年は528()が、弘前城植物園無料開放日。

同日は、弘前城有料区域(本丸・北の郭)も無料となっています。

自由広場にシートを敷いて、お弁当を食べてもOKです。

お誘いあわせの上、ぜひ弘前公園へお出かけください。


[PR]
by hirokan5501 | 2017-05-23 10:00 | イベント | Comments(0)

りんご草木染・りんごビーズアクセサリー展

421()から弘前市りんご公園内りんごの家で開催されている、「りんご草木染・りんごビーズアクセサリー展」。521()までの期間、9:0017:00の間、無料で見学できます。

d0131668_14550006.jpg

まずは、草木染コーナー。

d0131668_14562154.jpg

『二度と同じ色を出すことができない』、一点もの。

d0131668_14590252.jpg

自然の風合いが涼し気なTシャツ。

d0131668_15012601.jpg

ブラウスなど。

d0131668_15025583.jpg

ストールは、ファッションのアクセントとして活躍するかも。

d0131668_15024396.jpg

ビーズアクセサリー展のコーナーは、ネックレスや指輪などさまざま。

d0131668_15041278.jpg

イヤリングも、りんご。

d0131668_15070018.jpg

ストラップは自分用のお土産にもいいかも。

d0131668_15071592.jpg
展示販売になっております☆

また、日にち限定でビーズアクセサリー製作体験(有料)もありますので、ぜひご参加ください。
○ビーズアクセサリー製作体験(予約可)
■体験可能日:平成29513()520()
■時間:10:0012:0013:0015:00 ※12
■料金:1,000

●詳しくは、当協会HPの「りんご花まつり」情報URLをご覧ください。
http://www.hirosaki-kanko.or.jp/web/edit.html?id=cat02_spring_ringohana


[PR]
by hirokan5501 | 2017-05-11 15:18 | イベント | Comments(0)

弘前さくらまつり開幕!

「弘前さくらまつり」が開幕しました。

初日の今日は、風が強く、肌寒い天候でしたが、岸田外務大臣・海外の大使の方々・三村知事にご出席頂き、開幕を祝いました。


d0131668_14331666.jpgd0131668_13391805.jpg



























高さ8mの「折りたたみねぷた」も運搬され、開会式を盛り上げました。
d0131668_14131396.jpg



今年は、さくらまつりが始まって、100年目ということで、色々な事業が公園内で展開されています(^^♪

初めての試みであるさくら桟敷」
d0131668_13572700.jpg

「弘前公園 観光人力車」
d0131668_13594712.jpg
中濠船頭つき和船
d0131668_14020387.jpg
など、目白押しとなっています!

公園のさくらをいつもとは違う目線でぜひ楽しんで下さい♬

d0131668_14170609.jpg
皆さまのお越しをお待ちしております(^^♪

「弘前さくらまつり」・「さくら桟敷」・「中濠船頭つき和船」については、下記のウェブサイトをご覧ください。


[PR]
by hirokan5501 | 2017-04-22 14:47 | さくら関連 | Comments(0)

弘前さくらまつり準備中

昨日418日、以前の予想より少し早まり、弘前公園のソメイヨシノの開花宣言が発表されました。

22日開幕の「弘前さくらまつり」に向け、19日現在、関係者は大急ぎで作業しております。

d0131668_15361467.jpg
観光ボランティアガイドのテントが、追手門と東門に設置されました。
ボランティアガイドの活動は、4/22()5/7()の期間、9:0017:00(受付16:00まで)

d0131668_15353162.jpg
弘前公園中濠観光舟の桟橋が設置されました。

観光舟は、4/22()5/7()の期間、9:0017:00(受付16:00まで)

ガイドの案内付き2030分の乗船で、お11,000円です。

d0131668_15373450.jpg
与力番所のお抹茶は、4/22()5/7()の期間、9:0017:00(16:30ラストオーダー)
お抹茶(お菓子付き)は、540円。

d0131668_15380374.jpg

「ゆっくりお花見をしたいけど敷物を忘れた!」という方には、貸ゴザもございます。

本丸と下乗橋前休憩所に貸出場所設置。4/22()5/7()の期間、10:0020:00

1畳サイズ、1500円。

d0131668_15384929.jpg
たくさんの方からお申込みいただいた、ぼんぼりも設置されました。

ちなみに個人ぼんぼりは、桜のトンネルとピクニック広場に並んでおります。

d0131668_15392460.jpg
西濠にボートを搬入しました。

西濠ボート営業は、4/22()5/7()の期間、9:0017:00(最終受付16:00)

こちらは、桜や人出状況により、営業時間延長もあり。1時間1,000円です。

d0131668_15403580.jpg
四の丸演芸場では、まつり期間中毎日、郷土芸能披露などのステージイベントが行われます。

d0131668_15421491.jpg
今年初めての試み、さくら桟敷も急ピッチで準備中。

さくら桟敷は、4/22()5/7()の期間利用できます。事前に予約&お支払いが必要です。

右に見える桜は、「二の丸オオシダレ」。その奥に桟敷がつくられています。

d0131668_15433411.jpg

奥には辰巳櫓。小高くなった、桜の木々の間。
撮影していると、地元の年配女性に「ここに桟敷やるの?いい場所だね」と言ってくださいました。

d0131668_15445398.jpg
屋根付きで、靴を脱いで入ります。お弁当プランと喫茶プランがあります。

d0131668_15453506.jpg
夜桜の時間帯は、明かりが灯ります。

d0131668_15463523.jpg
お弁当プラン(15,000)の、イメージ写真。

d0131668_15465806.jpg
喫茶プラン(12,500)の、イメージ写真。

d0131668_15472181.jpg
両プラン、お飲み物付きです。

・お弁当プラン…11:0013:0018:3020:30。各回2時間制・各回定員90名。

・お弁当プランまたは喫茶プラン…13:3015:3016:0018:00.各回2時間制・各回定員90名。

さくら桟敷」についての詳細は、当協会HPをご覧ください。



「弘前さくらまつり」は422()開幕ですが、ライトアップと露店自主営業については、21(金)から対応いたします。みなさまのお越しをお待ちしております。



「弘前さくらまつり」については、下記、(公社)弘前観光コンベンション協会HPをご覧ください。

http://www.hirosaki-kanko.or.jp/web/index.html


[PR]
by hirokan5501 | 2017-04-19 17:33 | さくら関連 | Comments(0)

検索

カテゴリ

全体
観光施設
宿泊施設
芸術・文化・歴史
自然
イベント
交通機関
人物

土産
店舗
娯楽
体験
さくら関連
ねぷたまつり
菊と紅葉まつり
雪燈籠まつり
雪明り
広域観光
ロケ
弘前城築城400年祭
津軽百年食堂
お知らせ
モニターツアー
冬限定ツアー
その他
その他のツアー
フィルムコミッション
街歩き
インバウンド
りんご公園
弘前城石垣修理工事

記事ランキング

画像一覧

ブログジャンル

旅行・お出かけ
東北

タグ

ブログパーツ