心で感じ、人々が交わる 新しい旅スタイル


by hirokan5501

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新の記事

本日の岩木山と藤田記念庭園_..
at 2018-06-22 16:00
弘前城情報館
at 2018-06-21 17:00
博物館「歌川国芳展」と匠館「..
at 2018-06-19 17:30
「津軽まちあるきガイドブック..
at 2018-06-15 16:00
「アップルパイタクシー」の始..
at 2018-06-14 16:00

以前の記事

2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

リンク

本日の岩木山と藤田記念庭園_2018.06.22

岩木山がきれいに見えた今日は、藤田記念庭園ハナショウブの様子を見に出かけました。
d0131668_11303797.jpg


入口には、あさって6月24日(日)の無料開放のお知らせが出ていました。
d0131668_11305039.jpg


洋館(中には、藤田謙一資料室・大正浪漫喫茶室)
d0131668_1131399.jpg


奥の煉瓦造りは、旧考古館(中には、クラフト&和カフェ匠館)
d0131668_11311669.jpg


和館
d0131668_11315654.jpg


お庭に入りまーす!! (*´∨`*)
d0131668_11323226.jpg


高台部
d0131668_11325636.jpg

d0131668_11331186.jpg

d0131668_11331994.jpg


低地部
d0131668_1133499.jpg

d0131668_11335777.jpg


ハナショウブは咲き始めです。
d0131668_11341571.jpg

d0131668_11342433.jpg

d0131668_11343395.jpg


いつ見ても滝が涼しげです 。+。(・∀・)。+。
d0131668_11345443.jpg


今日は日差しがありましたが、風が心地よかったです(ちょっと強かったかな)。
d0131668_113766.jpg

明日6/23(土)は夜間開園(有料)、あさって6/24(日)は、無料開放です。

あさっての無料開放時には、大正浪漫喫茶室にもクラフト&和カフェ匠館にもぜひお立ち寄りくださね。お待ちしております。

大正浪漫喫茶室・クラフト&和カフェ匠館facebook
 https://www.facebook.com/fujitataisyoromankissa/
弘前市みどりの協会HP
 http://www.hirosakipark.or.jp/
[PR]
# by hirokan5501 | 2018-06-22 16:00 | ねぷた・夏 | Comments(0)

弘前城情報館

今年4月20日、弘前公園二の丸に「弘前城情報館」がオープンしました (*´∨`*)
d0131668_1632957.jpg


無料で入館できます。9:00~17:00、年末年始休館。
入口を入ると、津軽家の「杏葉牡丹」紋。
d0131668_16322215.jpg


下乗橋側には、大きな窓があり外の景色が見える上、タッチパネルが並び、映像を楽しんだり、歴史を学んだりできます
d0131668_16323853.jpg


タッチパネルの操作が初めてでも、スタッフさんが親切に教えてくれるので安心。
d0131668_16325538.jpg


タッチパネルに夢中になっていると、窓の向こうに行列!?
d0131668_16334089.jpg


本物ではないですよ。映像です(笑)
急に現れるサムライ行列にちょっと驚き、そしてちょっとラッキー。+。(・∀・)。+。
d0131668_16335469.jpg


イスが並ぶスペースには、市内の観光スポットや季節の風景が映し出されます。
d0131668_1634663.jpg


外には、庇の下にベンチもあります。座ってのんびり公園を眺めていたいなー。
d0131668_16341947.jpg

日に日に暑くなる時期。
梅雨にも入り、公園散策中の暑さも雨も心配ですね。
休憩がてら、気軽に歴史を学べる「弘前城情報館」へぜひお立ち寄りください。

弘前城情報館
http://www.city.hirosaki.aomori.jp/gaiyou/shisetsu/20180420_jouhoukan.html
[PR]
# by hirokan5501 | 2018-06-21 17:00 | 観光施設 | Comments(0)

博物館「歌川国芳展」と匠館「おばんざいランチ」

「歌川国芳展」で芸術鑑賞のあとは、匠館で「おばんざいランチ」はいかが。
d0131668_11425065.jpg


弘前市立博物館では、6月2日(土)~7月16日(月祝)の期間、特別企画展「奇想の絵師 歌川国芳展」を開催中です。
d0131668_1143230.jpg


写真は、撮影がOKだったロビーの2ヵ所です。
d0131668_11431468.jpg

幕末期に活躍した浮世絵師・歌川国芳は、葛飾北斎・喜多川歌麿・歌川広重ら名だたる浮世絵師の中でも、型破りな表現で異彩を放った人物。

「日本画は詳しくない」という方でも、国芳の代表的な作品が多数展示されているので「これ、見たことある」という作品がきっとあるはず。十二支の動物の絵を組み合わせて描かれた寄せ絵などは子供さんも楽しめそう。また、「弘前ねぷた」が大好きな方は、「水滸伝」のヒーローを錦絵化した武者絵シリーズに、ねぷたの歴史を感じてグッとくるかも。+。(・∀・)。+。
d0131668_11435875.jpg


芸術鑑賞の前後には、ぜひ藤田記念庭園内「クラフト&和カフェ匠館」で腹ごしらえを。「おばんざいランチ」がおすすめです。
d0131668_11442589.jpg


歌川国芳展とタイアップし、期間中はおばんざいに「金時豆」と「きんぴらごぼう」を入れています。
なぜ、金時豆きんぴらごぼう???
d0131668_11444210.jpg


金時豆の由来は、坂田金時(幼少時:金太郎)は肌が赤く、力を入れると更に赤く染まったとの話があり、『金時豆』の色がこれを連想させることにちなんだもの、といった説から。 『きんぴらごぼう』の由来は、坂田金平は坂田金時の息子で同じく怪力の持ち主となっており、ゴボウは滋養があり元気が出るなどのイメージと関連付けて名付けられた、といった説から。今回の展覧会では坂田金時を題材とする作品が3点展示されていることから、これらにちなんで人気のおばんざい定食に「金時豆」と「きんぴらごぼう」を加えています。
d0131668_11451757.jpg

おばんざいのメインは、豆腐ハンバーグか豚の生姜焼きから選べました。
d0131668_11453356.jpg

国産ひじきを使った、自家製ふりかけが乗ったご飯。
d0131668_11454476.jpg

津軽の梅干「しそ巻き梅漬け」。
d0131668_11455727.jpg

タイアップの、きんぴらごぼう&金時豆
d0131668_11461025.jpg


食後のデザートは、黒蜜がけのバニラアイス。
d0131668_11462448.jpg

タイアップの「きんぴらごぼう」と「金時豆」以外のメニューは、変わることがありますのでご了承ください <(_ _)>
ちょっとずつ色々食べたい方におすすめの、おばんざいランチですよ

弘前市立博物館HP
 http://www.city.hirosaki.aomori.jp/hakubutsukan/
クラフト&和カフェ匠館(大正浪漫喫茶室facebook)
 https://www.facebook.com/fujitataisyoromankissa/
[PR]
# by hirokan5501 | 2018-06-19 17:30 | グルメ・飲食店 | Comments(0)

「津軽まちあるきガイドブック2018」できました!!

地元をよく知る名物ガイドさんと一緒に歩いて、旅を充実させませんか。
今年度の「津軽まちあるきガイドブック」が完成しました。
d0131668_15432120.jpg


3市(弘前・黒石・平川)、2町(藤崎・大鰐)、2村(田舎館・西目屋)のまちあるきが紹介されています。ガイドブックは、市町村ごとにツアーの一つをピックアップして、見開きで紹介。ピンク色の表紙や、イラストが可愛いですよね (・∀・)!!
d0131668_15435555.jpg


大サービス?で、チラッとお見せしちゃいましょう。
クイズ!!
それぞれ、どの市町村のスポットかわかりますか?

時計店の三角屋根に、風見鶏。
d0131668_15443482.jpg


お堂の入口に、まねき猫。 
d0131668_15445099.jpg


狛犬ならぬ、狛牛??? 
d0131668_15451928.jpg


試飲ができる、老舗酒造店。
d0131668_15453184.jpg


冬は、平川に白鳥が集まって有名。
d0131668_15454532.jpg


全面金箔の、キラキラのお堂★★★
d0131668_1546455.jpg


「うまうま!」の団子、食べたい。
d0131668_15461839.jpg


ガイドブックは、弘前市内は観光館・観光案内所・まちなか情報センターなどで配布中。ガイドブックを見ていても楽しいですが、ぜひぜひまちあるきツアーにご参加ください (*´∨`*)

ピックアップした以外にもツアーは盛りだくさんです。歴史好き・まつり好き・食いしん坊・体験(習い事)好き・アクティブな方向けなど、いろいろ(笑)
各ツアーについては、下記サイトでも紹介しており、予約もできます。

津軽まちあるき予約サイト
 http://machi-aruki.sakura.ne.jp/

〈クイズの答え〉
①弘前市、②西目屋村、③田舎館村、④黒石市、⑤藤崎町、⑥平川市、⑦大鰐町
[PR]
# by hirokan5501 | 2018-06-15 16:00 | まち歩き | Comments(0)

「アップルパイタクシー」の始まり、始まり!!

北星交通株式会社において、6月14日から「アップルパイタクシー」の運行が始まりました。女性ドライバー「桜こまち」が、アップルパイコンシェルジュとしてご案内します。
d0131668_1371414.jpg


アップルパイコンシェルジュは、アップルパイタクシー乗務のために、りんご園ではりんごの栽培について、アップルパイのお店ではパティシエさんから作り方や工夫について学ぶなど、実地研修を行ってきました。

当協会発行の「弘前アップルパイガイドマップ」について、担当者から講義も。
d0131668_1381736.jpg


りんご王国”弘前”には、アップルパイを取り扱うお店が約50も。
弘前のアップルパイって、どんな特徴があるのでしょう。
d0131668_1711786.jpg


一番楽しい勉強は、なんと言ってもアップルパイの食べくらべ(笑)
全体的に甘い?りんごの酸味が強い?パイがサクサク?ボリュームがある?
食リポしながら、みんなで意見交換しました 。+。(・∀・)。+。
d0131668_1385374.jpg


このあとは、緊張の筆記試験でしたが…。
無事全員合格!!

さてさて。これらの研修や試験を経た、アップルパイコンシェルジュが案内する「アップルパイタクシー」のシステムは?
d0131668_1395961.jpg

アップルパイコンシェルジュのガイド料は、30分2,400円~。
例えば、30分利用の場合、アップルパイのお店を1店訪れます。

d0131668_13101978.jpg

ガイド料はいただきますが、タクシー代は無料(ケーキ代は別途)。
観光客にはもちろん、短時間からご利用できるのでビジネスの方にもおすすめ

女子旅ガッツリ「アップルパイめぐり」2時間満喫利用も、
30分1店狙いの短時間利用も、
お祖父ちゃん・お祖母ちゃんとともにゆったり移動の思いやり利用も。
シチュエーションに合わせてお楽しみください。

タクシーの上には、アップルパイの行燈!!
d0131668_13104658.jpg

街でこの行燈を見かけたら、アップルパイコンシェルジュがご案内中です。
ぜひ応援してくださいね。

※チラシ画像は、クリックで拡大して見られます。

d0131668_13114791.jpg

「アップルパイコンシェルジュ」HP
 https://peraichi.com/landing_pages/view/apc
北星交通株式会社HP
 http://www.hokuseikotsu.co.jp/
弘前アップルパイガイドマップ
 http://www.hirosaki-kanko.or.jp/web/edit.html?id=cat03_food09
[PR]
# by hirokan5501 | 2018-06-14 16:00 | 交通 | Comments(0)

検索

カテゴリ

全体
観光施設
イベント
桜・りんごの花・春
ねぷた・夏
菊まつり・秋
雪まつり・冬
グルメ・飲食店
土産(食)
土産(民工芸品)
土産(その他)
体験・ツアー
まち歩き
交通
宿泊施設
広域観光
フィルムコミッション
インバウンド
ひろさき検定
その他の情報

記事ランキング

画像一覧

ブログジャンル

旅行・お出かけ
東北

タグ

ブログパーツ