心で感じ、人々が交わる 新しい旅スタイル


by hirokan5501

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新の記事

博物館「歌川国芳展」と匠館「..
at 2018-06-19 17:30
「津軽まちあるきガイドブック..
at 2018-06-15 16:00
「アップルパイタクシー」の始..
at 2018-06-14 16:00
津軽弁で「お・も・て・な・し..
at 2018-06-12 16:00
カトリック弘前教会
at 2018-06-07 17:00

以前の記事

2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

リンク

2017弘高ねぷた運行

7月19日、青森県立弘前高校のねぷた運行が行われました。
60年以上続けられている、弘前高校の伝統です。
d0131668_14513479.jpg


クラスごとに各1台製作した組ねぷた、全18台がお披露目されました。8月1日開催の「弘前ねぷたまつり」に先駆けて運行される「弘高ねぷた」は、弘前に夏の到来を告げる風物詩。先頭の生徒たちが来ると、沿道からは大きな拍手!!
d0131668_14554257.jpg


ヤーヤドー!!
声高らかに練り歩きます。
d0131668_153241.jpg


弘前のねぷたといえば、今では扇ねぷたを思い浮かべる方も多いですが、組ねぷたという人形の造りが伝統的。ちなみに、扇ねぷたが造られ始めたのは明治時代といわれています。
d0131668_153548.jpg


今年も力作揃い。
d0131668_155166.jpg


牡丹紋の開きや、「雲漢」と書かれた額の部分もバッチリ。
d0131668_1553950.jpg


18:30~20:30までの約2時間の運行。
弘前高校~元寺町~中央通り~土手町という、約3kmの運行コース。
d0131668_156427.jpg


平日でしたが、沿道には多くの観客が集まっていました。
d0131668_1582644.jpg


列を成すねぷたがきれいです。
d0131668_1585244.jpg


見送り絵も美しい
ねぷたの製作だけではなく、囃子の練習もだいぶ時間をかけたことでしょう。
d0131668_1594666.jpg


「弘高ねぷた」の運行を撮影しながら気づいたのは、土手町のシンボルの一つ「一戸時計店(趣のある建物)」の赤い屋根の時計が写りこんだり。
d0131668_15102137.jpg


レンガ造りの「弘前昇天教会」(県重宝)が写りこんでいたり。
何気ない景色にも、歴史的建物が入り込むのが弘前ならでは。贅沢です
d0131668_1511611.jpg


最後のねぷたが過ぎると、とても寂しい気持ちに・・・。
お疲れさまでした。
d0131668_15111824.jpg

次のねぷた運行は、7月30日(日)の「ちびっ子ねぷたのお通りだい」。
8月1日からは、いよいよ「弘前ねぷたまつり」です!!

弘前ねぷたまつり
http://www.hirosaki-kanko.or.jp/web/edit.html?id=cat02_summer_neputa
[PR]
by hirokan5501 | 2017-07-20 17:00 | ねぷた・夏 | Comments(0)

検索

カテゴリ

全体
観光施設
イベント
桜・りんごの花・春
ねぷた・夏
菊まつり・秋
雪まつり・冬
グルメ・飲食店
土産(食)
土産(民工芸品)
土産(その他)
体験・ツアー
まち歩き
交通
宿泊施設
広域観光
フィルムコミッション
インバウンド
ひろさき検定
その他の情報

記事ランキング

画像一覧

ブログジャンル

旅行・お出かけ
東北

タグ

ブログパーツ