人気ブログランキング |


 心で感じ、人々が交わる 新しい旅スタイル


by hirokan5501

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新の記事

田舎館村第1田んぼアート見学..
at 2019-07-16 18:00
みんなでつくるこぎん刺し展*..
at 2019-07-12 17:00
ひろさき検定初級申込受付、ハ..
at 2019-07-08 18:00
岩木山1625写真展*岩木山..
at 2019-07-05 18:00
大仏公園のあじさいまつり_2..
at 2019-07-04 18:00

以前の記事

2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
more...

リンク

小説いとみち著者「越谷オサム」講演会

d0131668_08003518.jpg
11月23日(祝)弘前市立観光館多目的ホールで、津軽を舞台にした小説「いとみち(新潮社)」著者の越谷オサムさんの講演会を開催しました。越谷さんには、人生初となる講演を引き受けていただきました。
「いとみち」を書くきっかけは、偶然、秋葉原で見かけたメイドが泣いている姿。このことから泣き虫メイドの話を考え、さらに舞台が秋葉原だとありきたりなので、地方を舞台にと考えて行きついた場所が津軽だったと紹介。
そして事前取材では、何度も何度も来県。取材回数10回以上、延べ30泊以上宿泊して小説を書きあげた。主人公が通学で使用する五能線の車内では女子高生たちの会話に耳を傾けたり、弘前駅から設定した弘前の高校までの通学路を研究したことも明かした。
また、津軽の人は、明るくカラッとしている。弘前出身のロックバンド人間椅子や現代美術アーティストの奈良美智さんに触れ、東京を飛び越え世界で活躍する人が出ている。「人や風土、キャラが立っている凄い土地」と表現し、もっと地元を自慢して!と話してくれました。
越谷さん、本当にありがとうございました!

さぁ、みなさん!津軽が舞台の小説「いとみち」を盛り上げて、みんなで映画化しよう!

小説「いとみち」あらすじ
主人公の相馬いとは、弘前の高校に通う16歳。人見知りを直すため、思い切ってはじめたアルバイトは、なんとメイドカフェ。津軽弁のせいで挨拶も上手に言えず、ドジばかりのいとですが、アルバイト先のシングルマザーの幸子やお調子者の智美ら先輩に鍛えられ、少しずつ成長していきます。高校生活3年間の恋あり、お受験ありの青春物語。


by hirokan5501 | 2017-11-29 08:47 | フィルムコミッション | Comments(0)

検索

カテゴリ

全体
観光施設
イベント
桜・りんごの花・春
ねぷた・夏
菊まつり・秋
雪まつり・冬
グルメ・飲食店
土産(食)
土産(民工芸品)
土産(その他)
体験・ツアー
まち歩き
交通
宿泊施設
広域観光
フィルムコミッション
インバウンド
ひろさき検定
その他の情報
教育旅行

記事ランキング

画像一覧

ブログジャンル

旅行・お出かけ
東北

タグ

ブログパーツ