人気ブログランキング |


 心で感じ、人々が交わる 新しい旅スタイル


by hirokan5501

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新の記事

弘前こぎん研究所「津軽こぎん..
at 2019-06-26 17:00
岩木山1625大作戦「岩木山..
at 2019-06-17 17:00
弘前城植物園_2019.06..
at 2019-06-13 18:00
~りんごの木のモノづくり~木..
at 2019-06-06 17:00
『弘前ねぷた本』、好評発売中!!
at 2019-05-30 17:00

以前の記事

2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
more...

リンク

弘前・十和田湖間シャトルバスに乗ってきました!【前編】

11月2日までの毎週金・土・日曜日に運行している「弘前・十和田湖間シャトルバス」の試走会に参加してきました。
今回はその模様の【前編】
前編では、往路の弘前から黒石市を経由して、八甲田、奥入瀬を通るコースをご紹介!

5/22当日は朝から天気もよく「観光日和」。
それでは出発進行!003.gif
市町村を通過するごとに車内放送で、観光情報などが流れます。(一部は英語でのアナウンスも!)
弘前を出発してから1時間弱で黒石市の津軽伝承工芸館
d0131668_1846523.jpg

さらに20分くらいで城ヶ倉大橋に到着。
d0131668_18473389.jpg

今回は城ヶ倉大橋を少し歩くことができました。
絶景ですねぇ!005.gif今は新緑に入ったばかりですが、まだ残雪がちらほら。
紅葉の名所として有名な城ヶ倉大橋。新緑もまた見事です。

その後、八甲田山中の道は見所だらけ。酸ケ湯温泉からまもなく湯気(?)が立ち上る地獄沼、大岳を眺めたり、睡蓮沼の近くにはミズバショウの顔を出していたり・・・。

そして、いよいよ奥入瀬渓流に入ります。
奥入瀬渓流は道路にそって流れているのでバスの車窓からもよく見えます。
奥入瀬渓流のほぼ中間地点、石ヶ戸でトイレ休憩もかねて下車。
d0131668_18483458.jpg
d0131668_18484945.jpg

休憩所のすぐ下を渓流が流れているので間近に楽しめるスポットです。

石ヶ戸を過ぎると、奥入瀬渓流の絶景ポイントが立て続けにあります。
カメラも大忙しです。(車中から撮影の為、ブレ等はご容赦ください・・・)

◎阿修羅の流れ
d0131668_18492352.jpg

◎雲井の滝
d0131668_18495537.jpg

◎銚子大滝
d0131668_18502448.jpg


散策を楽しむ方はもちろん、写真撮影やスケッチをされている方も多かったです。
d0131668_1911379.jpg


余談ですが、3月末に雪の回廊を歩く「八甲田ウォーク」へ参加したときには、
6メートルを超える雪の壁があったのに、約2ヶ月後には数十センチにまで
壁が小さくなっていました。
写真を見比べてみるとよくわかります。045.gif

3/30八甲田(酸ヶ湯~谷地間)
d0131668_19103986.jpg


5/22ほぼ同じ付近
d0131668_1911421.jpg


そして十和田湖休屋に到着です。
d0131668_19125058.jpg


弘前から出発して約3時間のバスの旅。
う~ん、見所いっぱいでした!
【後編へ続く】

弘前・十和田湖間シャトルバス
(事前予約制 片道:2,500円 往復:5,000円)についての詳細は

・弘南バス 0172-38-1212 
http://konanbus.com/towadakogo/towadako.html
・JRバス東北(株)青森支店 017-723-1621

【T・Z】
by hirokan5501 | 2008-05-28 19:16 | 交通 | Comments(0)

検索

カテゴリ

全体
観光施設
イベント
桜・りんごの花・春
ねぷた・夏
菊まつり・秋
雪まつり・冬
グルメ・飲食店
土産(食)
土産(民工芸品)
土産(その他)
体験・ツアー
まち歩き
交通
宿泊施設
広域観光
フィルムコミッション
インバウンド
ひろさき検定
その他の情報
教育旅行

記事ランキング

画像一覧

ブログジャンル

旅行・お出かけ
東北

タグ

ブログパーツ