心で感じ、人々が交わる 新しい旅スタイル


by hirokan5501

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新の記事

弘前城菊と紅葉まつりライトア..
at 2018-11-07 17:00
津軽塗技術保存会「秋の特別発..
at 2018-11-06 18:30
弘前城菊と紅葉まつり_201..
at 2018-11-04 17:00
津軽塗フェア2018
at 2018-11-02 17:00
まちなかクラフト村「弘前工芸..
at 2018-11-01 15:00

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
more...

リンク

岩木山 自然の恵み ~嶽きみ編~

d0131668_1522599.jpg
この時期の岩木山といえば、
忘れちゃいけないのが「嶽きみ」








忘れようにも、道路沿いに嶽きみ販売店がズラ~っと並ぶため、どうしても目に飛び込んでくるんです。
d0131668_1516102.jpg


何度も紹介されているとは思いますが、今一度034.gif
「嶽きみ」とは弘前市の西部にある岩木山麓の標高約450メートルの高原地帯・嶽地区で栽培されたとうもろこしのこと。

d0131668_15142079.jpg


津軽弁でとうもろこしを「きみ」ということから「嶽きみ」と呼ばれています。「嶽きみ」の特徴はなんといってもその甘さ!生産地の嶽地区は日中と夜間の気温差が10度以上もあります。その厳しい寒暖差が、生でも食べられるほどの甘さを生み出しているのです。


8月上旬からポツポツと直売所が顔を出し始め、お盆を過ぎた頃から旬を迎えます。
岩木山神社のある百沢地区を過ぎたあたりから、嶽温泉までの道路沿いに「嶽きみ」やら「ゆできみ あります」などといった手書きの看板や旗、そしてテントのような直売所が立ち並んでいます。どの店がいいかなーと車を走らせていると、ひときわ賑わっているお店を発見005.gif

d0131668_15164294.jpg
 

平日だというのに次から次へとお客さんが車をとめています。
こちらのお店は生のとうもろこしが山のように積み上げられていて目をひきました。

d0131668_15171791.jpg


お店に入ると早速ゆできみを試食させてくれました。みんなで一斉に「あまぁ~い053.gif」。ほかのお客さんたちも口々に甘い甘いとうれしそう。
積み上げられたとうもろこしは『恵味(めぐみ)』、ほかに生で食べられる『味来(みらい)』という品種もありました。大きさもいろいろで迷っていると、「家にあるお鍋と相談して」と、お店の方。う~ん、結局6本で1,000円の恵味を選びました。
袋にいれてもらっている間にも、「焼きたてだよ~」というおばちゃんの声にソワソワ。店頭では朝採りの新鮮な嶽きみをゆでたり焼いたりしていて、その場で食べることができます“ゆで”は基本中の基本ですが、醤油の焦げた香ばしさにひかれて今回は“焼き”にしてみました。

d0131668_15173858.jpg
 

待ちきれずにかぶりつく私たち。お店の奥に広がる見事なとうもろこし畑を眺めながら夢中であっという間に完食。
満足してまた車を走らせていると、「ゆできみ」「焼ききみ」のほかに「天ぷら」の文字が!珍しいのでもちろん寄り道。試食は抹茶塩で食べさせてくれたのですが、薄い衣につつまれた“きみ”はなかなかイケましたよ。


実は岩木山麓には、この嶽きみを使ったおいしいものがまだまだあります。今回は夏においしい冷たいスイーツをご紹介しまーす016.gif

まず、人気の温泉宿「アソベの森いわき荘」売店や農産物直売所「アグリマーケット四季彩館」で、その名も『キミ嶽(だけ)をアイス』というアイスクリームが!

d0131668_15195659.jpg
d0131668_15185788.jpg

言うまでもなく嶽きみのアイスで、大きな粒がゴロゴロ入っています。ジャージー牛乳を使っていてまったりした味わいでした。

そして「野市里(のいちご)」という産直ショップでは、ご当地ソフトとして『嶽きみソフトクリーム』を販売。

d0131668_15201727.jpg
 
こちらは『キミ嶽をアイス』よりキミの粒々感が控えめでわりとあっさりしていました。
どちらも口に含んだ瞬間、嶽きみの甘さが広がります。岩木山をバックに味わう幸せ。おいしさも倍増です!
嶽きみロードへお越しの際はこちらもぜひお試しくださいね。

もちろん家に帰って早速生のとうもろこしをゆでたことは言うまでもありません。ゆで方を書いたパンフレットを入れてくれたので、それに習ってゆでてみました。沸騰したお湯に嶽きみを入れて再度沸騰するのを待ちます。ここからは品種によってゆで時間も異なります。今回は恵味なので、再沸騰してから5分。・・・というわけで、この日2本目の嶽きみをおいしくいただきました。嶽きみ三昧の一日060.gif

嶽きみはこれから10月上旬頃まで楽しめますので、ぜひ岩木山の恵みを味わってみてはいかがでしょうか072.gif

【H・I・F】
[PR]
by hirokan5501 | 2008-08-25 12:41 | 土産(食) | Comments(0)

検索

カテゴリ

全体
観光施設
イベント
桜・りんごの花・春
ねぷた・夏
菊まつり・秋
雪まつり・冬
グルメ・飲食店
土産(食)
土産(民工芸品)
土産(その他)
体験・ツアー
まち歩き
交通
宿泊施設
広域観光
フィルムコミッション
インバウンド
ひろさき検定
その他の情報
教育旅行

記事ランキング

画像一覧

ブログジャンル

旅行・お出かけ
東北

タグ

ブログパーツ