心で感じ、人々が交わる 新しい旅スタイル


by hirokan5501

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新の記事

青森県アクティアブラーニング..
at 2018-12-12 18:00
「100年の歳月が繋ぐ“弘前..
at 2018-12-10 17:00
弘前観光コンベンション協会オ..
at 2018-12-07 17:00
青森県アクティアブラーニング..
at 2018-12-05 17:00
「弘前エレクトリカルファンタ..
at 2018-12-03 17:00

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
more...

リンク

カテゴリ:広域観光( 33 )

「北上展勝地さくらまつり」開幕@岩手県北上市

お隣の岩手県では、一足早くさくらまつりが始まりました。

本日4月11日。
あいにくのお天気ではありましたが、岩手県北上市で「北上展勝地さくらまつり」開催式が行われました。主役の“桜”は、まだつぼみです。
d0131668_1695011.jpg


*みちのく三大名所* 
・岩手県北上市…「北上展勝地さくらまつり」(4/10~5/6)
 http://sakura.kitakami-kanko.jp/
・秋田県仙北市…「角館の桜まつり」(4/20~5/5)
 http://kakunodate-kanko.jp/
・青森県弘前市…「弘前さくらまつり」(4/21~5/6) ※4/18~20準まつり体制
 http://www.hirosaki-kanko.or.jp/web/index.html
 ※( )は、2018年の開催日

子どもたちは、風船を持って嬉しそう。
みちのくのの開花が待ち遠しいですね (*´∨`*)
d0131668_16102110.jpg

公式HPでは、「みちのく三大桜名所」をめぐるアクセスやコースの紹介もあります
 ↓
みちのく三大桜名所」HP
https://michinokusakura.com/
[PR]
by hirokan5501 | 2018-04-11 16:30 | 広域観光 | Comments(0)

「第24回乳穂ヶ滝氷祭」のお知らせとライトアップ

西目屋村にある、「乳穂ヶ滝(におがたき)」。
高さ33mの白絹のような滝の裏側の自然洞窟には不動尊が祭られており、昔から結氷した滝の太さや形状などによって豊凶占いが行われます。

今年は、2月3日からライトアップ中。
2月14日撮影。
d0131668_11552418.jpg


鳥居の前が広くなっており、車を止めることができます。
d0131668_1156813.jpg


ですね 。+。(・∀・)。+。
d0131668_1157752.jpg


上から流れ落ちる水が凍って下向きに氷が伸び、
流れ落ちた水が下で凍り、氷が山状に盛り上がっていきます。
d0131668_11581997.jpg


これが、気温が低いとどんどん伸びて上下が結氷(繋がり)、柱状になります。
今年は一度崩れてしまったのだとか。残念(>д<) 
d0131668_1381146.jpg


西目屋村役場HPで、乳穂ヶ滝の氷の様子を紹介しています。
[参考]西目屋村役場HP http://www.nishimeya.jp/

奥の岩場には不動尊があり、登ることができます(冬は一部雪道)。
d0131668_1391581.jpg


こちらが結氷した数年前の写真!!
今年はこの結氷の光景が見られるのでしょうか???
d0131668_1394028.jpg


2月18日(日)の日中には、「第24回乳穂ヶ滝氷祭」が開催されます。
ライトアップは、インスタ映えもするかも知れませんね。
d0131668_13101176.jpg

第24回乳穂ヶ滝氷祭(西目屋村)
・日時:2018年2月18日(日) 10:30~
・会場:西目屋村 乳穂ヶ滝
・内容:豊作祈願及び豊凶占いの神事式のほか、ステージショーなど
・問:目屋観光協会 TEL0172-85-2800
ライトアップ:2/3(土)~18(日) 16:30~22:00
  【※2/19追記】陸奥新報記事によると、ライトアップ延長予定。
  【※2/21追記】ライトアップは、~2/28(水)までの4:30~22:00。※予定
   ※氷柱が崩落した場合は、その時点でライトアップを終了。

  http://www.mutusinpou.co.jp/news/2018/02/50097.html
  【※3/1追記】ライトアップを氷柱崩落まで延長。
  http://www.nishimeya.jp/shirakami/event/new-event/post-56.html
※弘南バス利用の場合は居森平行「乳穂ヶ滝前」バス停下車すぐ。
 時間や本数については弘南バスHP http://www.konanbus.com/
[PR]
by hirokan5501 | 2018-02-15 16:00 | 広域観光 | Comments(0)

ドライブでお得!!津軽ひろさきハイウェイサービスキャンペーン2017

ぐるり~♪ぶらり~♪ドライブラリ~♪
の行楽!!
‶お得”にドライブはいかがですか?
d0131668_1136115.jpg

高速道路を利用して津軽地域及び秋田県北地域をお得に楽しんでいただけるよう、「津軽ひろさきハイウェイサービスキャンペーン2017」が実施されています。パンフレットを提示すると観光施設の割引特典等が受けられるほか、 観光施設を周遊してスタンプを集めると、抽選で地域特産品等が当たります。
d0131668_11362940.jpg

d0131668_11363532.jpg

津軽ひろさきハイウェイサービスキャンペーン2017
 ■期間:2017年7月1日(土)~11月30日(木)
 ■スタンプラリー応募締切
 ・応募箱投函の場合は、2017年11月30日(木)締切
 ・郵送の場合は、2017年12月4日(月)必着

わたしもパンフレットを利用して特典を体験してみました。休日に、協賛施設の一つである平川市の「道の駅いかりがせき」までドライブ。
d0131668_11372986.jpg

こちらの施設の特典は、パンフレット提示で「お食事処彩里」のソフトクリームの割引。レジで店員さんにパンフレットを見せ、マルメロソフトを50円引きで購入できました。マルメロは、平川市碇ケ関の特産です。
d0131668_11374289.jpg

みなさんもぜひ「津軽ひろさきハイウェイサービスキャンペーン2017」をご利用して、お得にドライブを楽しんでください。

パンフレットは、青森・岩手・秋田・宮城県内にあるサービスエリア(SA)・パーキングエリア(PA)で入手できます。 高速道路ご利用の際に立ち寄ってみては? また、津軽・秋田県北地域の協賛施設でも入手できます(※パンフレット切れの場合はご了承ください)。

なお、スタンプラリーの台紙など、ダウンロードして利用することもできます。
詳しくは、下記URLをご覧ください。
http://www.hirosaki-kanko.or.jp/web/edit.html?id=doratoku
[PR]
by hirokan5501 | 2017-09-05 15:00 | 広域観光 | Comments(0)

ブナコ西目屋工場見学

西目屋小学校旧校舎を利用した、ブナコ西目屋工場。
西目屋村役場裏手にあり、作業工程を見学できます。
d0131668_1703995.jpg


建物は、この角度から見ると“校舎!!といった雰囲気ではありませんか。
d0131668_1705779.jpg


事前に予約をして、工程の説明をしてもらうこともできます。または自由見学ができますが、月に数日、‶作業をしていない日”もあるのでご注意を。わたしは作業の様子が見たかったので、事前に調べ、作業を行っている日に出かけました。

入口が施錠されているので、ブザーをピンポーン。
d0131668_1724100.jpg


玄関を入ると、以前小学校だった名残?の、跳び箱や木琴が出迎えてくれました。
d0131668_1724625.jpg


見学順序が案内されているので、そちらを見ながら回りました。
順路は、2F→1Fへ。まずは、「視聴室」から。
d0131668_173623.jpg


ゆっくりくつろげそうな雰囲気。
ブナコのスツールのほか、照明も。
d0131668_173327.jpg


ブナコのスピーカーは、臨場感あふれる音が楽しめると評判です。
d0131668_1735062.jpg


長い廊下など、ところどころで小学校の雰囲気を味わえました。
d0131668_174629.jpg


小学生の背丈に合わせた、ちょっと低い手洗い場。
d0131668_1745188.jpg


階段の踊り場。階段の段差も、気持ち低めかな?
d0131668_17583.jpg


ブナコとは、県産ブナの木を有効利用するために開発された、ブナコ株式会社独自の製法で手作りされている木工品です。

ブナの原木を約1mmの厚さにスライス。テープ状にカットにしたものをぐるぐると巻き重ねます。
d0131668_1755266.jpg


例えると穴の空いていないバウムクーヘンのような形???
d0131668_176873.jpg


平面の巻き板を押し出し、テープをずらして、立体に形を作っていきます。
d0131668_1763024.jpg


手慣れた様子でみるみる形ができていきます。
d0131668_1773695.jpg


コイル状に巻かれたものを、湯呑茶碗などを使って作業。
d0131668_1774834.jpg


『作業室内へはご自由にお入りください』と書かれた部屋へは、「こんにちは」とか「お邪魔します」と声をかけて入りました。機械を使用している部屋は、立入禁止のところもあるので要注意。

形をつくると、曲線に段々ができるので、次は研磨の作業。
d0131668_1784443.jpg


滑らかな仕上がりにしていきます。円形の商品は、機械で研磨するそうです。
d0131668_179186.jpg


廊下に並べられたイスは、図工室のイスではないでしょうか。
ブナコの製作過程や、仕上がりの違いを見比べられます。
d0131668_1791877.jpg


予約すると、ブナコ製作体験もできます(有料)。
※製作体験ができない日もあるので、予約時に要確認。
d0131668_17101973.jpg


工場内に「ブナコカフェ」もありますので、見学後、昼食や休憩にご利用するのもおすすめです。カフェは洗練された、都会的な空間でしたよ
d0131668_17103691.jpg


青森県の形のテーブル!!
d0131668_17105653.jpg


ブナコ製品や工場見学可能日については、下記URLをご覧ください。
ブナコ株式会社HP http://www.bunaco.co.jp/

[PR]
by hirokan5501 | 2017-07-30 14:00 | 広域観光 | Comments(0)

2017.7/2田舎館村第一田んぼアート

7月2日現在の、田舎館村の「第一田んぼアート」の様子です。
例年は、7月中旬ごろ見頃を迎えるといわれています。
d0131668_15184397.jpg


田舎館村役場4階と6階の展望台から見学できます。土日祝日は役場業務は休みですが、田んぼアート見学期間中は土日祝日も展望台利用ができます。
d0131668_15192952.jpg


役場裏手、文化会館側入口をご利用ください。
係の方が、券売機の案内や、エレベーターへの誘導などを行ってくれます。
d0131668_15194185.jpg


今回は、4階展望デッキから見学しました。大人300円です。
6階天守閣からも見学する際は、さらに200円の追加になります。
d0131668_15562546.jpg


こちらは、4階展望デッキの様子。
広いので、自分の好きな角度から見学・撮影できます。
d0131668_15563972.jpg


広い田んぼをキャンバスに、色の違う稲を植え分け、毎年異なるアートを描いています。ちょうど通りがかった車の大きさ、歩いている人と比べると規模が伝わると思います。
d0131668_15573145.jpg


今年のテーマは、
ヤマタノオロチとスサノオノミコト

ヤマタノオロチは、8つの頭と8本の尾を持った巨大な怪物。
d0131668_15585612.jpg


村に来て娘を食べてしまうヤマタノオロチに立ち向かう、スサノオノミコト。
物語のクライマックスシーンです。
d0131668_155987.jpg


展望台から下りて、稲を間近で見てみましょう。
稲は遠近法を用いて植えられているので、間近から見ると絵は縦に伸びた印象。
d0131668_15592632.jpg


稲の品種が看板で紹介されています。
「華想い」は、青森県を代表する酒造好適米。おいしそう???(笑)
d0131668_15594088.jpg


細かな間隔で植え分けるのは大変だったことでしょう。
d0131668_16018.jpg


飲食コーナーや足湯コーナーもあります。
d0131668_1601499.jpg


今回は第一田んぼアート会場の紹介でしたが、合わせて第二田んぼアート会場もご覧になる場合、自家用車以外の移動であれば、無料シャトルワゴン「たさあべ号」が便利です。ちなみに、第二田んぼアート会場のテーマは「桃太郎」ですよ。
d0131668_1602982.jpg


「たさあべ」は、津軽弁で「田んぼに行こう」の意味。
みなさん、たさあべ!!

田舎館村田んぼアート(状況・見学時間・見学料金・無料シャトルワゴン等)については、田舎館村役場HPをご覧ください。
田舎館村役場HP 
http://www.vill.inakadate.lg.jp/
[PR]
by hirokan5501 | 2017-07-04 14:00 | 広域観光 | Comments(0)

ニシメヤ・ダムレイクツアー~水陸両用バスで津軽白神湖へ~

今年春から運行が開始された、西目屋村・水陸両用バス「ニシメヤ・ダムレイクツアー」。
乗車?乗船?のチャンスがありましたので、撮影してきました!!

d0131668_15474081.jpg
西目屋村の物産センター「Beech(ビーチ)にしめや」が受付場所です。
予約は希望日の3日前までですが、当日‟空席があれば”乗ることができるとのこと。
あくまでも‟空席があれば”。必ず乗りたい方は、予約をしましょう。

d0131668_15490751.jpg


チケットです。裏面には、利用者特典の記載があります(特典利用は当日限り)
ビーチにしめやの売店・レストランの割引、白神館・村いちの湯・大白温泉の入浴料50円引きなど。


陸上約30分、水上約30分、合計所要時間は約60分です。

目的地のダム湖・津軽白神湖へ向かう途中は、ガイドさんの楽しい案内あり。

d0131668_15513106.jpg
陸上、車窓からの景色。岩木山
車窓と言いつつ、実は窓のない車両です。なぜ窓がないのか?
景色を楽しむことはもちろんですが、そのほかの大事な理由もガイドさんが教えてくれました。

d0131668_08552795.jpg
湖が見えてきました。

d0131668_08572519.jpg
奥の、車が止まっている辺りから湖に入っていきます。
陸上と水上を両方運転するドライバーさんは、大型2種の車の免許と船舶免許をお持ちだそうです。

d0131668_09065368.jpg

湖に入る前に、一旦バスは停車。
みんなで掛け声、「スプラッシュイン!!」。

d0131668_09081011.jpg

水しぶき、ザバーン!!

d0131668_09081566.jpg
わたしが座った席は、少々水を浴びてしまいました(合羽を着ていたので大丈夫!)。全く濡れなかった方もいたので、ある意味わたしは「ついていた!」のかな?

思いのほか揺れの少ない湖上でした。 ※風の強さや船酔いの体質によると思われます。
写真奥の津軽ダムの方面へ進みます。

d0131668_08593348.jpg
湖に入ると、ドライバーさんは「船長」に変身。
操作する手も、ハンドルから舵へチェンジ。

d0131668_09010743.jpg

津軽ダムと砂子瀬橋に近づいたところでUターン。

d0131668_09155313.jpg
先ほどの陸へ戻ります。
太陽に向かっているので、水面がキラキラ反射。

d0131668_09161225.jpg

陸に上がる手前、また一旦停止。

d0131668_09174634.jpg
上陸。

d0131668_09183491.jpg

再び車窓から(窓はありませんが)の景色を楽しみます。
山のてっぺんにある、レンガづくりの不識塔(ふしきとう)。

d0131668_09220335.jpg
奥に、昔は鉱山だった尾太岳(おっぷだけ)
d0131668_09240223.jpg

途中、バスの中から、乳穂ヶ滝や見返り坂、鷹ノ巣、岩谷観世音などの西目屋村の見所紹介もあり。

ガイドブックには載っていない情報を、津軽弁の案内で聞くことができるのもおすすめ。

d0131668_09251219.jpg

d0131668_09253499.jpg

ニシメヤ・ダムレイクツアー~水陸両用バスで津軽白神湖へ~】

・開催日時:2017430()1031() 

 ①9:00 ②10:30 ③12:00 ④13:30 ⑤15:00 

 ※各約60

 ※毎週水曜日休み、6/12169/1115は法定点検のためお休み

・コース:[西目屋村]ビーチにしめや集合~津軽白神湖~ビーチにしめや解散

 ※陸上:約30分、水上:約30

・予約締切:実施日の3日前まで

・料金:大人2,500(税込)/小人(3歳~小学生)1,500/幼児(02)500(税込)

 ※2歳児までは膝抱っこになります

 ※小人・幼児はライフジャケット着用(当社貸出し)

・定員:毎回139

・問/申:ブナの里白神公社 津軽白神ツアー TEL0172-85-3315

ニシメヤ・ダムレイクツアーに関する詳細は、下記URLをご覧ください。
 「津軽白神ツアー」 
https://t-shirakami-travel.jimdo.com/


[PR]
by hirokan5501 | 2017-06-08 10:08 | 広域観光 | Comments(0)

2017.06/05田舎館村田んぼアート田植え

64()、田舎館村「第一田んぼアート」会場で、田植えが行われました。
d0131668_17424590.jpg
田植えから稲刈りまですべてを手作業で行っている、田舎館村の田んぼアート。
事前申し込みされていた参加者は、1,300人。

d0131668_17433785.jpg
肌寒い中、素足で田んぼに入り田植え。
参加されている方たちは、学生さんたちや、小さな子供さんを連れたご家族が多く見られました。
d0131668_17440943.jpg
田舎館城址から眺める、田んぼアートの様子。
d0131668_17444535.jpg
田舎館城址入口には、サイカチの大樹。
d0131668_17451505.jpg
階段を上がり奥へ進むと、先ほどの役場&田んぼの景色が広がります。
d0131668_17463690.jpg
「田舎館城四百年祭記念碑」と、看板には「田舎館城址」「サイカチ大樹」の紹介文。
d0131668_17471119.jpg
サイカチは、田舎館村の「木」にも指定されており、こちらの大樹は樹齢400年以上になります。1,585年に津軽為信との戦いで亡くなった300余名を埋葬したときの供養樹であると言われているそうです。
d0131668_17473665.jpg
64日に田植えした「田んぼアート」の見頃は、7月中旬から8月中旬となる見込みだとか。

田んぼアートに関する詳細は、下記URLをご覧ください。

 「田舎館村HP」  http://www.vill.inakadate.lg.jp/

**********

また、田舎館村では、まちあるきツアー「いながだでの田舎あるぎ」(有料)参加者を随時募集中!!

田舎館村の田んぼアートはだいぶ人気で毎年多くの方が訪れていますが、ガイドさんの案内があればもっと充実した見学になりますよ。

現在、「いながだでの田舎あるぎ」は4コースの設定。

田んぼアートを田んぼの横から見学して歩く〈田んぼアートコース〉、ガイドさんと展望台に一緒に上がって説明を聞ける〈田んぼアートコーススペシャル〉、田舎館城址や生魂神社などを巡る〈歴史コース〉、歴史コースをさらに深く歩くなら〈歴史コーススペシャル〉。

まちあるきに関する詳細は、下記URLをご覧ください。

 「津軽まちあるき予約サイト」 http://machi-aruki.sakura.ne.jp/


[PR]
by hirokan5501 | 2017-06-06 18:00 | 広域観光 | Comments(0)

津軽ダム特別見学会

5月30日、津軽ダムの特別見学会に行って来ました!

津軽ダムの天端から見るダムは、目屋ダムを望むことができ、その大きさが伺えます。
(奥が目屋ダム、手前が津軽ダム)

d0131668_16451162.jpg


津軽ダムの豆知識を少しご紹介しますね。
高さは97.2メートル、東北8位、全国63位。
ダムにためる水の量は、14, 090万㎥、全国32位。
となっています。

いよいよダムの内部へ!
監査廊を実際に歩いて探検!全長は約900mもあり、中には、ゲート操作室や観測室、
エレベーターなどがありました。

d0131668_16465325.jpg


一通り、中を探検して、ダムの下流へ。
真ん中に見える緑色のものコンジェットゲート!
洪水調節用の大容量の高圧放流設備です。こちらは国内最大級のもののようです。

d0131668_1649380.jpg


d0131668_16494730.jpg


他にも!

d0131668_1650485.jpg


試験湛水(貯水してダムに問題がないかをチェックするための試験)が行われており、赤い線のあたりまで水をためた事を示しています。

なかなか見ることができないダムの探検は新しい発見がたくさんありました。
貴重な体験ができてよかったかなと思います。

ちなみに!探検前に食べたものを最後にご紹介!!
津軽ダムに見立てたカレーライス。
とんかつが目屋ダムで、ライスが津軽ダムらしいです(^^)
「津軽ダムカレー」
d0131668_1652989.jpg


そして、デザートには「バッケのジェラート」
d0131668_16552134.jpg


バッケとはふきのとうのこと。白神山地産のはちみつを好きなだけかけて食べることができますよ~♪

お時間がありましたら、是非自然豊かな西目屋村へも足を運んでみて下さいね。
[PR]
by hirokan5501 | 2016-06-01 15:27 | 広域観光 | Comments(0)

みなみ北海道スタンプラリー2015 北海道新幹線開業で近くなる!! 津軽も仲間入り!!

みなみ北海道エリア18市町で行われているスタンプラリーに、北海道新幹線開業で近くなる津軽も仲間入り!!
d0131668_08472493.jpg

スタンプを集めて、みなみ北海道及び津軽地域の各市町村がセレクトした特産品を当てよう!!
d0131668_08472478.jpg
d0131668_08472499.jpg
期間

2015年8月29日(土)~2016年2月29日(月)

主催・協力

■主催 みなみ北海道観光推進協議会
    公益社団法人北海道観光振興機構道南地域分科会
■協力 津軽地域観光団体事務局連絡会議



詳しくはこちらをご覧ください。

http://www.hirosaki-kanko.or.jp/web/edit.html?id=minamihokkaido


[PR]
by hirokan5501 | 2015-09-01 08:53 | 広域観光 | Comments(0)

青森・八戸・弘前・函館 青函観光プロモーション

11月25日・26日、仙台で『青森・八戸・弘前・函館 青函観光プロモーション』が行われました。こちらは、平成27年度末の北海道新幹線の開業を見据え、四市の観光コンベンション協会が合同で誘客キャンペーンを行うという初の試みでした。

25日は、仙台市内の会場で、旅行会社さんを招いてのプレゼンテーションと商談会が行われました。
d0131668_18345534.jpg

プレゼンテーションには、なんと路地裏探偵団の団長鹿田智嵩さんも登場しました。
d0131668_18354177.jpgd0131668_18355969.jpg

懇親会には、われらが『たか丸くん』も登場!
終了後に、ミス函館さん、ミスねぶたさんと記念写真を撮ってもらいました。
d0131668_18383876.jpgd0131668_18385813.jpg

d0131668_1840585.jpg
弘前といえば、りんご!
今回は、弘前産の主力品種『ふじ』とりんごの皮むき器を用意していたのですが、ミス函館さんに実演してもらいました。簡単に薄く皮が剥けるということで、とても感動してもらいました。

26日は、仙台駅でサンプリングプロモーションを行いました。
八戸市のいかずきんも加わり、四市の参加スタッフ総出で、声掛けとパンフレット配布を通じて、仙台市民の方々にPRしました。
d0131668_18473810.jpgd0131668_1848294.jpg

北海道新幹線開業で、ますます便利で早くなります。
四市みんな、おもてなしの心で、皆様のお越しをお待ちしております!!
d0131668_18514574.jpg

[PR]
by hirokan5501 | 2013-11-27 18:58 | 広域観光 | Comments(0)

検索

カテゴリ

全体
観光施設
イベント
桜・りんごの花・春
ねぷた・夏
菊まつり・秋
雪まつり・冬
グルメ・飲食店
土産(食)
土産(民工芸品)
土産(その他)
体験・ツアー
まち歩き
交通
宿泊施設
広域観光
フィルムコミッション
インバウンド
ひろさき検定
その他の情報
教育旅行

記事ランキング

画像一覧

ブログジャンル

旅行・お出かけ
東北

タグ

ブログパーツ