心で感じ、人々が交わる 新しい旅スタイル


by hirokan5501

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新の記事

青森県アクティアブラーニング..
at 2018-12-12 18:00
「100年の歳月が繋ぐ“弘前..
at 2018-12-10 17:00
弘前観光コンベンション協会オ..
at 2018-12-07 17:00
青森県アクティアブラーニング..
at 2018-12-05 17:00
「弘前エレクトリカルファンタ..
at 2018-12-03 17:00

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
more...

リンク

カテゴリ:観光施設( 69 )

弘前公園でハートを探せ!?

お天気が良かったので、弘前公園を散策。
追手門から入りました。

今回は、弘前公園に潜む(?)を探してみましょう!!
d0131668_8574721.jpg


城門をくぐって、まずは門の金具に注目です。
金具をくり抜いた形が!!
d0131668_8591234.jpg


猪目(いのめ)と呼ばれるの形は、園内の他の場所にも。字のごとく、猪の目の形。
古くは、古墳時代から用いられる形だそうで、獣の猪の目をモチーフに「魔除け」を意味するのだとか。 ※所説あり?

実は城門の上にもあった、。見つけられますか???
d0131668_911053.jpg


追手門付近は、青空が広がり、緑が茂っていました。
d0131668_9114788.jpg


園内を進んでいくと、桜の枝葉でつくられたポイント。
d0131668_912830.jpg


石垣修理工事も着々と進んでいました。慎重に石垣の石を外しています。
ここでは、工事に従事する方たちの、弘前城への愛❤を確認しました(´゚∀゚`人)
d0131668_9123740.jpg


今年の「弘前城菊と紅葉まつり」は、さくらまつりで人気だった、
『中濠観光船』を期間限定で運航します。
d0131668_913038.jpg

観光船が運航する中濠を、ハクチョウが泳いでいました。
ハクチョウも弘前公園にかな。

東門付近は、追手門付近より早くめいてきた印象。
d0131668_9133463.jpg


弘前城と紅葉まつり」は、10月19日(金)~11月11日(日)まで。
当協会HPは情報を随時更新しております。
d0131668_9144986.jpg

弘前公園を管理する方たち、弘前公園を案内するガイドさん、もちろん市民や観光客の方々の
に出会いに、弘前公園へぜひお越しください。+。(・∀・)。+。
※2018年9月19日撮影

弘前城菊と紅葉まつり
 http://www.hirosaki-kanko.or.jp/web/edit.html?id=cat02_autumn_momiji
[PR]
by hirokan5501 | 2018-09-26 16:00 | 観光施設 | Comments(0)

弘前城情報館

今年4月20日、弘前公園二の丸に「弘前城情報館」がオープンしました (*´∨`*)
d0131668_1632957.jpg


無料で入館できます。9:00~17:00、年末年始休館。
入口を入ると、津軽家の「杏葉牡丹」紋。
d0131668_16322215.jpg


下乗橋側には、大きな窓があり外の景色が見える上、タッチパネルが並び、映像を楽しんだり、歴史を学んだりできます
d0131668_16323853.jpg


タッチパネルの操作が初めてでも、スタッフさんが親切に教えてくれるので安心。
d0131668_16325538.jpg


タッチパネルに夢中になっていると、窓の向こうに行列!?
d0131668_16334089.jpg


本物ではないですよ。映像です(笑)
急に現れるサムライ行列にちょっと驚き、そしてちょっとラッキー。+。(・∀・)。+。
d0131668_16335469.jpg


イスが並ぶスペースには、市内の観光スポットや季節の風景が映し出されます。
d0131668_1634663.jpg


外には、庇の下にベンチもあります。座ってのんびり公園を眺めていたいなー。
d0131668_16341947.jpg

日に日に暑くなる時期。
梅雨にも入り、公園散策中の暑さも雨も心配ですね。
休憩がてら、気軽に歴史を学べる「弘前城情報館」へぜひお立ち寄りください。

弘前城情報館
http://www.city.hirosaki.aomori.jp/gaiyou/shisetsu/20180420_jouhoukan.html
[PR]
by hirokan5501 | 2018-06-21 17:00 | 観光施設 | Comments(0)

カトリック弘前教会

訪れると、ちょうどオルガンの演奏をしていらっしゃいました。
とんがり屋根の教会へ、こんにちは (*´∨`*)

カトリック弘前教会
d0131668_1529073.jpg


正面の祭壇は、オランダの聖トマス教会から譲り受けたもの。
d0131668_15292274.jpg


ナラの木でつくられており、とっても細かな細工が施されています。
ぜひ、直接ご覧いただきたい!!
d0131668_1530681.jpg


カトリック弘前教会の礼拝堂。イスの下は→畳敷き。
足元に、を感じるつくりです。ここも和洋折衷の洋館。
d0131668_15303419.jpg


見上げると、外から入り込む光でステンドグラスがきれいでした
例えば、一番右下に岩木山が描かれているのがわかります?
d0131668_15305499.jpg


振り向くと、日本画のマリア様が見守ってくれていました 。+。(・∀・)。+。
d0131668_1531720.jpg

もちろん、信者でなくても見学できますよ。
ガイドさんと歩く、まち歩き【津軽の手しごと「こぎん刺し」体験とレトロ洋館散歩】もおすすめです。

カトリック弘前教会HP(カトリック仙台教区)
 http://www.sendai.catholic.jp/hirosakicatholicchurch.html
津軽まちあるき予約サイト
 http://machi-aruki.sakura.ne.jp/
[PR]
by hirokan5501 | 2018-06-07 17:00 | 観光施設 | Comments(0)

日本キリスト教団弘前教会

弘前市は城下町でありながら、明治・大正時代に建てられた洋館も多く残る街です。
ハイカラな洋館をのぞいてみましょう (*´∨`*)

日本キリスト教団弘前教会
d0131668_14402757.jpg

東北最古のプロテスタントの教会。
フランス・パリの、ノートルダム大聖堂をモデルにしたという外観。

d0131668_1448277.jpg

元弘前藩士でキリスト教徒であった本多庸一氏は、初代日本人牧師です。
藩校をルーツにもつ「東奥義塾」の初代塾長も務めました。

d0131668_1441634.jpg

白壁に赤い絨毯、木製の窓枠などが洗練されている印象。
柱・壁・床・屋根などには、青森県産ヒバがつかわれています。

室内には、ユリの香りが漂っていました。
d0131668_14414549.jpg

説教台と聖餐台の天板部分(この角度からは見えませんが)に津軽塗が、聖餐台の上の5つの献金籠にはあけびづる細工。弘前の民工芸品が取り入れられています。

d0131668_1442243.jpg

反対側には、の「ふすま」。
弘前の洋館の特徴として、これらの和洋折衷が挙げられます。

d0131668_14421920.jpg

残念ながら、畳敷きの2階には現在上がることができませんでした。
いつかご紹介できたらなあ 。+。(・∀・)。+。

弘前の洋館で、の趣を感じてみませんか。
ガイドさんと歩く、洋館散歩【弘前のメインストリート〈かっちゃ〉と歩く土手町界隈ぶらぶら散歩】もおすすめです。

日本キリスト教団弘前教会HP *見学については「観光案内」をチェック*
 http://hirosakichurch.sakura.ne.jp/
津軽まちあるき予約サイト
 http://machi-aruki.sakura.ne.jp/
[PR]
by hirokan5501 | 2018-06-01 16:00 | 観光施設 | Comments(0)

旧岩田家住宅と旧笹森家住宅

サワラの生垣が鮮やかな、「仲町伝統的建造物群保存地区」。
仲町=なかちょう、と読みます。
今回は、旧岩田家住宅と旧笹森家住宅の2棟を紹介 。+。(・∀・)。+。
d0131668_1792481.jpg


りんごのマンホールの向こうに、岩木山がチラリとのぞいていました。
 車道のため注意して撮影しました
d0131668_1793543.jpg


旧岩田家住宅
d0131668_1710227.jpg


緑の中の茅葺屋根の建物は、風が通ってひんやり (*´∨`*)
ゴロンと寝転がりたかったですが、仕事中なので…。
d0131668_17104033.jpg


今から約210年ほど前に建てられた武士の住宅。
d0131668_1711099.jpg


昭和60年に県重宝に指定されています。
d0131668_17112143.jpg


旧笹森家住宅
d0131668_17115729.jpg


4棟の中では、一番最近公開され始めた施設です。
平成24年に現在地に移築復元。
d0131668_17121923.jpg


平成28年、重要文化財に指定されました。
d0131668_17123846.jpg


藩政時代の武家住宅台帳「御家中屋舗建家図」に記載のある、現存する伝統的建造物群保存地区内で最古の建物。
d0131668_1713370.jpg


中・下級の武家住宅の建築様式を伝える遺構として、極めて重要なのだそうです。
d0131668_17133278.jpg


移築されたため、建物内から見える景色は昔と異なることを踏まえても、「藩政時代の人たちも、あの“岩木山”をいつも眺めていたんだなあ」と、感慨深くなりました。 
d0131668_17135961.jpg

公開施設には係が常駐していますので、お気軽に質問をどうぞ

旧岩田家住宅・旧笹森家住宅
開館時間:10:00~16:00
休館日:施設による
http://bukehouse-hirosaki.jp/
[PR]
by hirokan5501 | 2018-05-30 17:30 | 観光施設 | Comments(0)

旧伊東家住宅と旧梅田家住宅

弘前公園の北に、「弘前市仲町伝統的建造物群保存地区」があります。
昔ながらの門や板塀、サワラ生垣が残る、落ち着いた街並みです。
d0131668_1651819.jpg


弘前市では、「旧伊東家住宅」「旧梅田家住宅」「旧笹森家住宅」「旧岩田家住宅」の4棟の寄贈を受け、移築・復原して一般公開しています。
今回は、このうちの2棟を紹介 。+。(・∀・)。+。

旧伊東家住宅
d0131668_1652065.jpg

藩政時代に代々藩医を務めた伊東家の居宅。
約200年前に建てられたもの。
d0131668_16522681.jpg

平成17年、県重宝に指定されました。
石高100石前後の中級武士の居宅によく似た構造や特徴を残しているそうです。
d0131668_16524032.jpg


この旧伊東家の奥には、旧梅田家。
伊東家の奥に見える、茅葺屋根の建物です。
d0131668_1652597.jpg


旧梅田家住宅
d0131668_16533420.jpg

約160年前に建てられた武家住宅。
d0131668_16535674.jpg

天井が高く、さらに風通しが良く。
建物に入ると、空気がひんやりした印象。
d0131668_16541224.jpg


散策して汗をかいた体に風が心地よく、
腰を下ろすと、動きたくなくなりました(笑) (*´∨`*)
d0131668_16545274.jpg


弘前のを感じる街並み。
d0131668_16552849.jpg

公開施設以外は、一般のお宅です。
勝手に入らないよう、マナーをお守りくださいね

旧伊東家住宅旧梅田家住宅
開館時間:10:00~16:00
休館日:施設による
http://bukehouse-hirosaki.jp/
[PR]
by hirokan5501 | 2018-05-29 17:03 | 観光施設 | Comments(0)

観光館のひな飾り

3月3日は、ひなまつり (*´∨`*)
観光館のカウンターにも、ひな飾りを飾ってお客様をお迎えしています。
d0131668_14404482.jpg


お天気&イベントボードには手描きイラスト。
d0131668_144119.jpg


レストラン入口には、折り紙のひな飾りと。
d0131668_14411676.jpg


ショーケース入りの、ひな飾り。
d0131668_14412977.jpg

観光館から徒歩約5分の弘前市立博物館では、企画展「おひめさまとおひなさま」を開催中です。併せてお楽しみください。
弘前市立博物館HP 
 http://www.city.hirosaki.aomori.jp/hakubutsukan/
企画展「おひめさまとおひなさま」の様子→2/22感交劇場ブログ

また、今年も観光館は、2月16日(金)~3月15日(木)の平日(9:00~16:00)、所得税の確定申告会場になっています。地下駐車場が混雑している時間帯がありますのでご注意ください。
[PR]
by hirokan5501 | 2018-03-01 16:00 | 観光施設 | Comments(0)

観光館のクリスマス装飾2017とXmasフリーマーケットのお知らせ

弘前市立観光館内に、装飾を行いました
d0131668_1626521.jpg


正面玄関にもオーナメント。
d0131668_1627546.jpg


大きなツリーも設置しました。
d0131668_16271825.jpg


回るサンタさん。タイミングを合わせて撮影してね。
d0131668_16273043.jpg


外は銀世界です。
d0131668_16275333.jpg


観光の方は予想外の積雪に驚いたり、喜んだり。
d0131668_1628993.jpg


りんごのフォトプロップス(撮影用小道具)も、ぜひお使いください。
赤りんご&青りんごのめがね、可愛いでしょ(・∀・)!!
d0131668_16282381.jpg


大きな雪だるま、雪が降るツリーも人気。
d0131668_15244354.jpg


装飾は、クリスマスまで楽しめます。
d0131668_16284296.jpg


外が暗くなってからの雰囲気もいいですよ。
弘前市立観光館の開館時間は、9:00~18:00。入館無料です。
d0131668_16425267.jpg


また、今年も弘前市立観光館1F多目的ホール&ロビーにおいて、下記の日程でフリーマーケットを開催します。ぜひ観光館へお越しください。
d0131668_16285793.jpg

「追手門広場フリースタイルマーケットin」開催のお知らせ
・開催日:2017年11月26日(日)、12月3日(日)・10日(日)・17日(日)
・時間:10:00~15:00 ※10:00開場
・問:弘前市立観光館 TEL0172-37-5501
※駐車場が混雑する場合があります。公共交通機関のご利用をおすすめします。

詳しくは下記URLをご覧ください。
http://www.hirosaki-kanko.or.jp/web/edit.html?id=freestylemarket
[PR]
by hirokan5501 | 2017-11-24 16:00 | 観光施設 | Comments(0)

2017.11/22岩木山と弘前公園の雪景色

弘前市は11月19日(日)ごろから、雪が積もっています。
今日は青空が見え、岩木山も綺麗です。
d0131668_1349387.jpg


山頂に少し雲がかかった岩木山と、弘前城天守。
d0131668_13502917.jpg


***

11月22日(水)午前中の、弘前公園の様子をお届けします。
追手門。
d0131668_13514669.jpg


辰巳櫓。
d0131668_1352336.jpg


杉の大橋。
d0131668_13521877.jpg


石垣修理工事の様子。
d0131668_13534498.jpg

d0131668_1354065.jpg

d0131668_1354939.jpg


弘前城天守内の見学は、毎年4月1日~11月23日までです。
d0131668_14102389.jpg

よって、天守内の見学は明日まで。あさってからは冬期閉館予定です。
d0131668_14111752.jpg


鷹丘橋。
d0131668_1412294.jpg


北門(亀甲門)。
d0131668_14131077.jpg


雪と、イチョウ。
d0131668_14142414.jpg


雪と、カエデ。
d0131668_14155792.jpg

d0131668_1416532.jpg

d0131668_14161866.jpg

d0131668_14162975.jpg

d0131668_14183788.jpg


雪が溶けている道は、水たまりになっているところも。
足元にお気をつけて散策してください。
[PR]
by hirokan5501 | 2017-11-22 15:00 | 観光施設 | Comments(0)

観光館のハロウィン装飾2017

毎年人気の観光館のハロウィン装飾を今年も行っています。
正面玄関からは、HALLOWEENのアーチをくぐってお入りください
d0131668_11514820.jpg


記念撮影コーナーもご用意しています。
d0131668_1152296.jpg


撮影用のアイテムもあります。
d0131668_11521867.jpg


ケープを着て、かぼちゃのお化けに変身!!
d0131668_11524860.jpg


スタッフお手製オリジナルの「たか丸くんハット」も被ってみてね。
d0131668_1153243.jpg


賑やかな秋の装いの弘前市立観光館に、ぜひお立ち寄りください。
10月15日(日)には、今年度最後の「追手門広場のフリースタイルマーケット」開催予定です。
d0131668_1153341.jpg


弘前市立観光館
・通常開館時間:9:00~18:00 ※まつり期間など延長あり。
・入館料:無料
※詳しくは、施設パンフレット(PDF)をご覧ください。
http://www.hirosaki-kanko.or.jp/mediafile/pdf/CNT00406051031344716_1_pdf.pdf
[PR]
by hirokan5501 | 2017-10-13 15:00 | 観光施設 | Comments(0)

検索

カテゴリ

全体
観光施設
イベント
桜・りんごの花・春
ねぷた・夏
菊まつり・秋
雪まつり・冬
グルメ・飲食店
土産(食)
土産(民工芸品)
土産(その他)
体験・ツアー
まち歩き
交通
宿泊施設
広域観光
フィルムコミッション
インバウンド
ひろさき検定
その他の情報
教育旅行

記事ランキング

画像一覧

ブログジャンル

旅行・お出かけ
東北

タグ

ブログパーツ