心で感じ、人々が交わる 新しい旅スタイル


by hirokan5501

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新の記事

2018なぬかびおくり
at 2018-08-10 17:00
2018弘前ねぷたまつり@8..
at 2018-08-07 15:00
2018弘前ねぷたまつり@8..
at 2018-08-06 14:30
2018弘前ねぷた特別公開&..
at 2018-08-05 14:30
2018弘前ねぷたまつり@8..
at 2018-08-04 16:00

以前の記事

2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...

リンク

カテゴリ:宿泊施設( 4 )

星野リゾート 界 津軽

今回ご紹介するのは、
弘前から車で約30分、弘南鉄道大鰐線の終着点、大鰐町にある
星野リゾート 界 津軽さんです。
d0131668_1316101.jpg

まず、ホテルに入って出迎えてくれるのは、ロビーにある巨大な壁画です。
こちらは、「加山又造」さんの「春秋波濤」という作品。

毎日、こちらの壁画の前では、「津軽三味線」の生演奏が行われています。
なんと、従業員の皆さんも津軽三味線を練習していて、認められると師匠と一緒にお客様の前で演奏しているんだそうです。


d0131668_13163142.jpgd0131668_13164172.jpgお部屋に向かってみましょう。

ルームナンバーを照らす灯りには、津軽の刺し子「こぎん刺し」の模様が描かれていました。お部屋ごとに少しずつ違った模様で、優しい明かりがお客様をお迎えしてくれます。

津軽を感じさせる細やかな心配りです。
d0131668_13165693.jpg
d0131668_13171283.jpgこちらのお部屋は和室です。
まわりの静けさとゆったりした空間で、ゆっくりくつろぐことができます。
窓の外には、津軽の四季を感じることができる自然が広がります。今は冬なので、運が良ければ新雪の上に、野ウサギの足跡を見つけることができるかもしれません。

写真の和室以外にも、洋室・和洋室・離れ屋の4タイプのお部屋があるので、人数やお好みに合わせてお部屋を選ぶことができます。恋人同士、ご家族、友人同士、いろんなゲストにやさしいポイントがたくさんあって、楽しめそうです。

お部屋にある備品は「星野リゾート」オリジナル。特に女性客に人気があるそうです。
d0131668_13172345.jpgd0131668_13173595.jpg


続いて、温泉大浴場です。
d0131668_13174569.jpg
d0131668_19291015.jpg写真では湯気でよく見えませんが、実はりんごが浮かんでいます。冬季間限定で、地元のりんご農家さんが丹精込めて作ったりんごを、贅沢に湯船に浮かべているそうです。

浴槽には古代檜と呼ばれる直径2m余りの巨木が使われていて、ほのかに香る檜のにおいで、温泉の効能とアロマ効果の相乗効果で、とてもリラックスできそうです。


こちらはお食事処。
d0131668_13181213.jpg
d0131668_1318091.jpgお客様の人数によって可動するテーブル席や個室で、お食事が楽しめます。窓際の席では、景色を見ながらのお食事もできますよ。

お食事は、3方を海に囲まれた青森県の海の幸、日本一のリンゴやニンニク、緑豊かな丘陵で育てられた黒毛和牛など、旬の食材がお楽しみいただけます。(入荷状況により産地が異なる場合があります。)



お土産コーナーも充実。
d0131668_13183968.jpgd0131668_13185388.jpg
津軽塗・こぎん刺しなどの津軽の民工芸品から地酒・スイーツなど各種揃っています。
旅の思い出にいかがでしょう。

d0131668_1319553.jpg
お忙しい中、取材に協力していただいた総支配人様ありがとうございました。
お写真を撮らせていただく際に、
『お客様と従業員が主役なので、私は結構ですよ。』
とおっしゃっていたのが、とても印象的でした。
お客様はもちろん、従業員の皆さんまで大切にしているおもてなしの心が伝わってきました。


静けさの中で、窓を開け、その瞬間に身をゆだねてみてはいかがですか?
こういう瞬間が旅を豊かにしてくれるのではないでしょうか。
大人もゆっくりと寛げる休日が、ここにはあります。




d0131668_17311780.jpgそして、耳寄り情報!!
弘前観光コンベンション協会のホームページをご覧になってくれた方限定の特別価格プランを用意していただきました。
WEB限定ですので、ここだけの特別プランです。
この機会をお見逃しなく!!!

特別プランについては、こちらをご覧ください。


d0131668_137066.jpg星野リゾート 界 津軽

〒038-0211
青森県南津軽郡大鰐町字上牡丹森36-1
弘前より車で約30分。
JR大鰐温泉駅から旅館までの送迎もあり。




弘前観光コンベンション協会では、常時バナー広告を募集しております。
詳細は、事務局(観光振興部国際情報戦略係)までお問い合わせください。
(TEL:0172-35-3131)
バナー広告についてはこちらをご覧ください。

[PR]
by hirokan5501 | 2014-02-09 17:32 | 宿泊施設 | Comments(0)

ひろさき女子旅BOOK

幾多のガイドブックがありますが、女性目線でひろさきの魅力を伝えたものはないのでは?
d0131668_18423342.jpg

弘前市旅館ホテル組合所属のフロントスタッフ女子5名で結成された『さくらレディー』が、大好きな町ひろさきをPRするため、女性目線でおなご(女性)が知りたい、見たい、買いたい、食べたい物をあつめてガイドマップを作りました。

さくらレディーが愛する素敵な街ひろさきで女子力(おなごぶり)を上げて欲しいと思います。


ひろさき女子旅BOOKは、弘前市旅館ホテル組合の組合店フロントで手に入れることができます。


詳しくは、弘前市旅館ホテル組合のホームページをご覧ください。
http://www.hiroyado.com/
[PR]
by hirokan5501 | 2014-01-07 18:55 | 宿泊施設 | Comments(0)

「ゆとり」の空間 ブロッサムホテル弘前

今回はJR弘前駅から歩いてすぐの
ブロッサムホテル弘前へお邪魔しました。

d0131668_9155493.jpg

1Fにはテラスレストラン「ビサイド」があります。
ランチの営業と、夜はオシャレなバーとしても楽しめます。

d0131668_9175562.jpg
ロビーも明るくキレイ。
これは素敵なお部屋が期待できそうです060.gif


客室はスタンダードダブル・デラックスダブル・スタンダードツイン・デラックスツイン・スイートルームの5タイプ。
どのお部屋もシングルユースとして使うことが出来ます。




d0131668_9183559.jpg
おぉ!やっぱりお部屋もキレイ!
ベッドがずいぶんゆったりしているなぁと思ったら、こちらでは全室セミダブルのベッドにしているそうです。
旅の疲れが癒せそうですね。

こちらはスイートルーム。
たまには贅沢にスイートルームでセレブ気分を味わうのはいかがですか?旅の楽しみをホテルなどのお宿に重点を置いてみるのも、お土産話に花が咲いて良いのではないでしょうか?d0131668_9192564.jpg
d0131668_9194543.jpg



そして、このブロッサムホテル弘前にはヒミツがあるんです。
d0131668_920916.jpg

お部屋の壁に扉がついていて、隣のお部屋と廊下に出ないでも行き来できるコネクトルームというのがあるのです。
グループで旅行に行ってもホテルだとどうしてもお部屋が分かれることが多いですが、このコネクトルームだと最大5人で利用できます。
明日の計画をみんなでワイワイ話し合ったりするのにはもってこいのお部屋ですよ。

来月開催の弘前さくらまつりの時期は大変混み合いますので、ご予約はお早めに030.gif

【H・T・A】

ブロッサムホテル弘前
弘前市駅前町7-3
TEL:0172-32-4151
http://blossom.el2.jp/
[PR]
by hirokan5501 | 2008-03-10 15:13 | 宿泊施設 | Comments(2)

老舗のお宿「小堀旅館」

旅行の計画をたてるとき、ガイドブックやインターネットなどで観光名所はどこかな、おいしい食べ物は何かな・・・と情報収集しますよね?その中で、泊まる場所というのもきっと重要な情報の一つだと思います。

案内窓口でも予約なしのお客様が「今日の宿を」と来られることは多いですし、電話などでは既にこの時期からさくらまつり期間の宿泊予約について問い合わせる方も多くなってきました。
可能な限りお客様のご要望にあった施設をご案内したい!そのためには実際に自分の目で見た具体的な情報をお伝えしたい!・・・そう思っていたところ、市内の旅館・ホテルの方々のご好意でお部屋を見学させていただく機会がありました。ぜひ、みなさまにも旅の計画のご参考にしていただけるように、これからこのページでご紹介していきたいと思います。

今回は弘前城のある弘前公園に程近い、老舗旅館『小堀旅館』をご紹介します。
昭和の初めに建てられた歴史ある木造建築のお宿。城下町・ひろさきの街並みにピッタリです。これまた歴史が刻まれているであろう暖簾をくぐると、おかみさんがにこやかに出迎えてくれました!
d0131668_9341685.jpg
やはり弘前公園が近いので観光のお客様が多く、和室を好まれる家族連れや日本の文化に興味のある外国人観光客などにも好評とのこと。建物は歴史を感じさせますが、平成17年に増改築を行い、ほとんどがバス・トイレ付きのお部屋になったそうです。快適そうな落ち着いた和室でした(洋室も2室あります)。1・2階の客室や共同風呂・トイレ、食堂などひとつひとつ丁寧に見学させていただきました。

d0131668_9421112.jpgd0131668_9425582.jpg











d0131668_940133.jpg
館内を歩いているとなんと土蔵を発見!蔵の中に興味をひかれておかみさんに尋ねてみたところ、やはり宿泊客の方々からも中が見たいという声が少なくないとか。今のところは予定がないが、何かの形で活用したいとおっしゃっていました。ぜひ公開してほしいものです。

旅館といえば食事が楽しみですが、こちらではご自慢の郷土料理が並びます。鱈のじゃっぱ汁など鍋もののほか、ホタテやハタハタなど地元で獲れた海の幸が焼き物やお刺身などで味わえます。自家製のお漬物も喜ばれるとか。こういった家庭的なところが旅館ならではのおもてなしですよね。
d0131668_9501041.jpg
実は、今弘前は駅前を中心に全国チェーンのビジネスホテルが次々にオープンしています。小堀旅館のすぐそばに建設中の高~いビルもビジネスホテルとして近々オープン予定です。おかみさんは「これからますます厳しくなるけど、旅館だからこそできるサービスでがんばりたい」と話してくれました。弘前にお越しの際は、こんな風情のある旅館でゆるやかな時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。【Ⅰ】

小堀旅館
□弘前市本町89
□0172-32-5111
[PR]
by hirokan5501 | 2008-01-20 09:52 | 宿泊施設 | Comments(2)

検索

カテゴリ

全体
観光施設
イベント
桜・りんごの花・春
ねぷた・夏
菊まつり・秋
雪まつり・冬
グルメ・飲食店
土産(食)
土産(民工芸品)
土産(その他)
体験・ツアー
まち歩き
交通
宿泊施設
広域観光
フィルムコミッション
インバウンド
ひろさき検定
その他の情報
教育旅行

記事ランキング

画像一覧

ブログジャンル

旅行・お出かけ
東北

タグ

ブログパーツ