心で感じ、人々が交わる 新しい旅スタイル


by hirokan5501

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新の記事

オール弘前ロケ映画「泳ぎすぎ..
at 2018-02-23 17:10
オール弘前ロケ映画「泳ぎすぎ..
at 2018-02-21 10:24
企画展「おひめさまとおひなさ..
at 2018-02-20 16:00
「第24回乳穂ヶ滝氷祭」のお..
at 2018-02-15 16:00
まちなかクラフト村「弘前工芸..
at 2018-02-13 17:00

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

リンク

<   2008年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

弘前・十和田湖間シャトルバスに乗ってきました!【後編】

後編では復路、十和田湖休屋から秋田県小坂町、碇ヶ関を通り弘前に戻ります。

十和田湖休屋に到着後、約50分ほど昼食をかねて休憩。
十和田湖遊覧船
d0131668_19185152.jpg

休屋からバスターミナルからは、かの有名な「乙女の像」まで歩いて15分ほど。

続いて、小坂町へ。
途中、十和田湖を見渡せる展望台 発荷峠(はっかとうげ) と 紫明亭(しめいてい)展望台を通ります。
十和田湖には展望台は約5ヶ所ありますが、 
なかでもこの紫明亭展望台は、運転手さん一押しの展望台。
d0131668_19194226.jpg


小坂町といえば、日本最古・そして今もなお現役の木造芝居小屋「康楽館」
d0131668_19205228.jpg
小坂鉱山の繁栄の歴史として残る「小坂鉱山事務所」。
d0131668_19212617.jpg


最後に、道の駅いかりがせきで休憩。
ここでひそかに楽しみしていたのが、碇ヶ関名産まるめろを使った「まるめろソフト」
d0131668_1928539.jpg
 
d0131668_1923434.jpg

そのとなりには「たけのこソフト」も!

「まるめろ」「たけのこ」それぞれ食べ比べしてみると・・・
まるめろは上品な甘さとさっぱり感のバランスがグ~001.gif049.gif049.gif

はたして、たけのこはどんな味がするのか?少々おそるおそる一口目。
色合いはたけのこの若い緑色のような感じ。005.gifだんだん食べ進めて食べていると、たけのこの繊維のような食感もしつつ、たけのこの味がふわーっとしてきました。美味!016.gif

弘前十和田湖間シャトルバスは、津軽・十和田湖・そしてお隣の秋田県小坂の自然・文化を1日で体感できるコース内容です。
これから十和田湖・奥入瀬は緑がめいっぱい輝く新緑の季節に突入。
観光のお客様にはもちろん、地元方々にも、ちょっとした小旅行が味わえておすすめです。

弘前 十和田湖間シャトルバス
(事前予約制 片道:2,500円 往復:5,000円)についての詳細は、
・弘南バス 0172-38-1212
http://konanbus.com/towadakogo/towadako.html
・JRバス東北(株)青森支店 017-723-1621

【T・Z】
[PR]
by hirokan5501 | 2008-05-28 19:38 | 交通 | Comments(0)

弘前・十和田湖間シャトルバスに乗ってきました!【前編】

11月2日までの毎週金・土・日曜日に運行している「弘前・十和田湖間シャトルバス」の試走会に参加してきました。
今回はその模様の【前編】
前編では、往路の弘前から黒石市を経由して、八甲田、奥入瀬を通るコースをご紹介!

5/22当日は朝から天気もよく「観光日和」。
それでは出発進行!003.gif
市町村を通過するごとに車内放送で、観光情報などが流れます。(一部は英語でのアナウンスも!)
弘前を出発してから1時間弱で黒石市の津軽伝承工芸館
d0131668_1846523.jpg

さらに20分くらいで城ヶ倉大橋に到着。
d0131668_18473389.jpg

今回は城ヶ倉大橋を少し歩くことができました。
絶景ですねぇ!005.gif今は新緑に入ったばかりですが、まだ残雪がちらほら。
紅葉の名所として有名な城ヶ倉大橋。新緑もまた見事です。

その後、八甲田山中の道は見所だらけ。酸ケ湯温泉からまもなく湯気(?)が立ち上る地獄沼、大岳を眺めたり、睡蓮沼の近くにはミズバショウの顔を出していたり・・・。

そして、いよいよ奥入瀬渓流に入ります。
奥入瀬渓流は道路にそって流れているのでバスの車窓からもよく見えます。
奥入瀬渓流のほぼ中間地点、石ヶ戸でトイレ休憩もかねて下車。
d0131668_18483458.jpg
d0131668_18484945.jpg

休憩所のすぐ下を渓流が流れているので間近に楽しめるスポットです。

石ヶ戸を過ぎると、奥入瀬渓流の絶景ポイントが立て続けにあります。
カメラも大忙しです。(車中から撮影の為、ブレ等はご容赦ください・・・)

◎阿修羅の流れ
d0131668_18492352.jpg

◎雲井の滝
d0131668_18495537.jpg

◎銚子大滝
d0131668_18502448.jpg


散策を楽しむ方はもちろん、写真撮影やスケッチをされている方も多かったです。
d0131668_1911379.jpg


余談ですが、3月末に雪の回廊を歩く「八甲田ウォーク」へ参加したときには、
6メートルを超える雪の壁があったのに、約2ヶ月後には数十センチにまで
壁が小さくなっていました。
写真を見比べてみるとよくわかります。045.gif

3/30八甲田(酸ヶ湯~谷地間)
d0131668_19103986.jpg


5/22ほぼ同じ付近
d0131668_1911421.jpg


そして十和田湖休屋に到着です。
d0131668_19125058.jpg


弘前から出発して約3時間のバスの旅。
う~ん、見所いっぱいでした!
【後編へ続く】

弘前・十和田湖間シャトルバス
(事前予約制 片道:2,500円 往復:5,000円)についての詳細は

・弘南バス 0172-38-1212 
http://konanbus.com/towadakogo/towadako.html
・JRバス東北(株)青森支店 017-723-1621

【T・Z】
[PR]
by hirokan5501 | 2008-05-28 19:16 | 交通 | Comments(0)

五重塔へ来たら 隠れ家的カフェ「yupanqui」へ

d0131668_12214526.jpg五重塔のそばの小さなステキなカフェ「yupanqui」へおじゃましました。

消防署と「ワインパブためのぶ」の間の細~い通路を入るとあります。






d0131668_12291956.jpg d0131668_12254037.jpg















ひっそりした隠れ家のような雰囲気で、昔からのファンの多い「ゆぱんき」。
真っ白な壁と低めの天井がちょっと洞窟のような趣です。昔からお店で使われてきた年季の入った椅子やテーブルがイイ味出してます。

オーナーさんは代々かわっていますがお店の名前はそのまま。
現在の店主 山崎さんは2週間ほど前からお店を始めたばかりで、以前から「ゆぱんき」のファンだったそうです。

d0131668_12334714.jpg
写真は「ガラムスタン」というスウェーデンの小さな島で作られたという紅茶です。シナモンやジンジャー、マンゴーの香り011.gif011.gif011.gif
器は以前ブログでご紹介したアート展「open the door at attic」の高橋由佳さんによるものです。
メニューはハヤシライスや定食などもあるので、しっかり食事したいという方でも大丈夫!




これから展示会やイベントなどもやっていきたいとのことで、ますます楽しみです012.gif072.gif
ぜひお出かけ下さい。



【yupanqui】
住所:弘前市銅屋町63-8
時間:12:00~22:00(ラストオーダー21:00)
定休日:火曜日(臨時休業あり)
電話:0172-35-4695
お店のブログはこちらをクリック!

【A】
[PR]
by hirokan5501 | 2008-05-14 12:18 | Comments(0)

パン、オープンサンドとデリカのお店 SAKI

5月に入り、弘前はあたたかい日が続いています。
今年の弘前公園の桜は早咲きでしたが、桜が津軽に春を呼んできてくれたように次々と、りんご公園ではりんごの花が、弘前城植物園では春の花々が咲き揃っています。

今日ご紹介するお店は「パン、オープンサンドとデリカ SAKI(サキ)」です。
場所は、土手町商店街から弘前公園追手門に向かう途中を右へ入る「百石町」。

d0131668_2033166.jpg


   明るい店内に、焼きたてのパンと、サラダやキッシュなどの洋風惣菜がいっぱい。

d0131668_19333813.jpg


スモークサーモン、ハムやパテ、野菜などのさまざまな素材を、薄く切ったパンにのせたスウェーデンやデンマークの名物「オープンサンド」は、組み合わせを選ぶのも楽しみ。

d0131668_19335264.jpg



          いつの日にか全種類!どれも美味しいパンばかりです。

d0131668_19255062.jpg

d0131668_19261990.jpg
      

ランチプレートなどを、店内でお食事することもできます。
スタッフの皆さんがとても爽やかで、お1人でも、グループでもきっと気持ち良くお過ごしいただけると思います。

d0131668_1831685.jpg


2日前までの要予約で、持ち帰りのできるランチボックスの注文も受付けているそうです。

弘前にも本格的な行楽シーズンの到来。
SAKIのパンやお料理をバスケットに詰めて、のんびりピクニックといきたいところです045.gif



【パン、オープンサンドとデリカ SAKI】
住所:弘前市百石町9
営業時間:8:00~19:00
定休日:なし
電話番号:0172-33-2122
P:あり
ラグノオホームページ:http://www.ragueneau.co.jp/

【D*T】
[PR]
by hirokan5501 | 2008-05-05 18:55 | グルメ・飲食店 | Comments(0)

りんごの花が、見頃です!

好天の今日、アップルロードをゆっくりとドライブしながら、弘前市りんご公園に行ってきました。
ちょうど、りんごの花が見頃となっており、津軽富士「岩木山」をバックにお花見を楽しむことができます。
間も無く、イベント盛りだくさんの「りんご花まつり」が開催されますが、桜と同じくまつり前に花が咲いてしまい、もう会場は、既にお祭り騒ぎといった感じでした。
GW後半、是非、日本一のりんごの花見にお出かけください。 

d0131668_2112982.jpg

りんごの樹の間から、残雪の岩木山が見えます!

d0131668_21121784.jpg

今年は、りんごの樹の下にりんご箱をセットしており、これに座ってゆっくりとお弁当を食べたり、お花見を楽しむことができます。

d0131668_2112236.jpg

りんご公園にある、展望台「すり鉢山」から見おろす景色、広いりんご畑が続きます。

d0131668_21122862.jpg

たくさんの観光客が、りんご公園に訪れています。

「りんご花まつり」5月9日~18日
〒036-8262 弘前市大字清水富田字寺沢125番地
弘前市りんご公園 0172-36-7439
[PR]
by hirokan5501 | 2008-05-03 21:30 | 観光施設 | Comments(0)

「みんなで創ろう!弘前桜劇場」

あなたの知っている弘前の桜エピソードや感想を添えて、自慢の写真を投稿してみませんか001.gif
 「みんなで創ろう!弘前桜劇場」をキャッチフレーズに、「弘前の桜」に関する内容であれば、どなたでも自由に参加できる掲示板を弘前市立観光館に設置しました072.gif
d0131668_18145589.jpg
弘前桜情報として、多くのお客様にご覧いただき、弘前の桜ファンの輪を広げていこうという企画です034.gif
 今年の桜の早咲きを受けて、ゴールデンウィークにお越しのお客様にも弘前公園の桜満開時の魅力や雰囲気を味わってもらいたいということで、私たち観光案内スタッフが撮影した桜のスナップ写真を掲示し、日々変わる桜の表情やおすすめの桜スポットなど、手書きコメント付きで弘前の桜の魅力をお伝えしています060.gif
d0131668_18202271.jpg

d0131668_1816126.jpgd0131668_18213990.jpg 
 
 


 



 
 ぜひ皆さん見に来てください!そして、皆さんの目で見た弘前桜風景、心で感じた事をお寄せください029.gif

詳しくはこちら↓
【展示期間】 平成20年4月28日(月)~5月31日(土)
          9:00~18:00
          ※弘前さくらまつり期間中(~5/5)は時間延長あり
 
【展示場所】 弘前市立観光館1階ロビー

【参加方法】 
・弘前の桜に関する写真とコメントであれば、内容は問いません。
・下記参加用紙に、連絡先(住所・氏名・電話番号)と撮影場所を明記の上、エピソード・感想などを添えて写真をご持参ください。(但し、持参できない場合は下記「みんなで創ろう!弘前桜劇場」係までお送りください。)
・原則として写真の返却はいたしません。
・年齢・職業を問わず、どなたでも参加できます。
・写真と個人情報については本企画以外に使用いたしません。

【受付・お問い合わせ】 「みんなで創ろう!弘前桜劇場」係(弘前市立観光館内)
  〒036-8588 弘前市下白銀町2-1  ℡ 0172-37-5501

 弘前公園内では今、遅咲きの桜たちが見頃を迎えています。
ソメイヨシノ以外にも、多くの種類の桜が楽しめるのも弘前公園の特徴。
目を向ける機会が少ない、そんな珍しい種類の桜にもどうぞご注目ください
043.gif【H】

参加用紙はこちら
[PR]
by hirokan5501 | 2008-05-01 18:02 | 桜・りんごの花・春 | Comments(0)

検索

カテゴリ

全体
観光施設
イベント
桜・りんごの花・春
ねぷた・夏
菊まつり・秋
雪まつり・冬
グルメ・飲食店
土産(食)
土産(民工芸品)
土産(その他)
体験・ツアー
まち歩き
交通
宿泊施設
広域観光
フィルムコミッション
インバウンド
ひろさき検定
その他の情報

記事ランキング

画像一覧

ブログジャンル

旅行・お出かけ
東北

タグ

ブログパーツ