心で感じ、人々が交わる 新しい旅スタイル


by hirokan5501

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新の記事

オール弘前ロケ映画「泳ぎすぎ..
at 2018-02-23 17:10
オール弘前ロケ映画「泳ぎすぎ..
at 2018-02-21 10:24
企画展「おひめさまとおひなさ..
at 2018-02-20 16:00
「第24回乳穂ヶ滝氷祭」のお..
at 2018-02-15 16:00
まちなかクラフト村「弘前工芸..
at 2018-02-13 17:00

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

リンク

<   2014年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ラッセル車・あけぼの 最初で最後の共演成功! H26 3 15

惜しまれつつも、44年の長きにわたる運行の歴史に幕を閉じた、寝台特急『あけぼの』。
そのラストランに併せて、弘南鉄道大鰐線で、最初で最後となるラッセル車との共演が実現しました。

ラッセル車には、『ありがとうあけぼの』プレートが装着され、あけぼのを待ちます。
d0131668_953111.jpg


共演ポイントとなる、JRと弘南鉄道が交差する高架橋の前では、たくさんの方がカメラを持って待ち構えます。
d0131668_954891.jpg


いよいよ、その瞬間が来ました。


この貴重な映像は、鉄道マニアでなくても見入ってしまいますね。
[PR]
by hirokan5501 | 2014-03-23 09:10 | 交通 | Comments(0)

弘前城本丸石垣修理~100年ぶりの大修理~

内濠の水面に映る天守と桜とは、平成26年の「弘前さくらまつり」でしばらくお別れです。




弘前市では、弘前城本丸東面の石垣修理工事に伴い、天守を約70m本丸の内側へと曳屋する工事を平成27年に実施します。
d0131668_8104532.jpg

そのため、平成26年の秋頃には天守下の内濠を埋め立て、工事のための仮設基礎を設置する予定です。実際の天守の曳屋は、平成27年の夏頃を予定していますが、内濠の水面に映る天守と桜、水面に浮かぶ花筏といった、下乗橋からのおなじみの光景は、平成26年のさくらまつりを最後にしばらく見ることができません。
d0131668_8113176.jpg

石垣修理工事には約10年間を要し、曳屋した天守を元の位置に戻すまでにも5年以上かかると見込まれています。石垣修理は、史跡弘前城跡を保護し、後世に継承するため、避けて通ることのできない事業です。何卒、皆さまのご理解とご協力をお願いします。
d0131668_8114451.jpg


平成26年の春には、ぜひ多くの皆さまに弘前公園にお越し頂き、お城と桜を楽しんで頂ければと思います。

弘前城本丸石垣修理に関して、詳しくは弘前市役所ホームページをご覧ください。
[PR]
by hirokan5501 | 2014-03-22 08:19 | 観光施設 | Comments(0)

検索

カテゴリ

全体
観光施設
イベント
桜・りんごの花・春
ねぷた・夏
菊まつり・秋
雪まつり・冬
グルメ・飲食店
土産(食)
土産(民工芸品)
土産(その他)
体験・ツアー
まち歩き
交通
宿泊施設
広域観光
フィルムコミッション
インバウンド
ひろさき検定
その他の情報

記事ランキング

画像一覧

ブログジャンル

旅行・お出かけ
東北

タグ

ブログパーツ