心で感じ、人々が交わる 新しい旅スタイル


by hirokan5501

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新の記事

「ひろさきまるごと観光クーポ..
at 2018-09-21 17:00
弘前まちなかクラフト村「津軽..
at 2018-09-19 17:00
「ふらいんぐうぃっち」複製原..
at 2018-09-14 18:30
秋の恵み『嶽きみ』!
at 2018-09-09 16:00
「弘前藩忍者早道之者の足跡を..
at 2018-09-07 16:00

以前の記事

2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
more...

リンク

<   2018年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

新柄のTシャツ、2種類できました!!

この度、新柄のTシャツの販売が始まりました。
2種類仲間入りしたので、ご紹介します 。+。(・∀・)。+。
d0131668_15131114.jpg


1種類目は、「たか丸くんねぷたバージョン」Tシャツ。
d0131668_15133485.jpg


背中には、弘前ねぷたのかけ声ヤーヤドーのプリント。
d0131668_15135711.jpg

正面には、半纏を着たたか丸くんが、たか丸金魚ねぷたを持っているオリジナル柄です。カラーは白・デニム・ブラックの3色、価格は2,592円(税込)です。

*********

2種類目は、「モノグラム風」Tシャツ。
d0131668_15142653.jpg


この柄、どこかでご覧になったことがありませんか???→実はコチラ
d0131668_15144746.jpg

規則正しく並ぶ市章の卍、りんご、桜、こぎん刺しにまぎれた、隠れアイテムを見つけてね。カラーは白・チョコレート・チャコールの3色、価格は2,268円(税込)です。

販売場所は、
弘前市まちなか情報センター(9:00~21:00) TEL0172-31-5160
弘前市りんご公園(9:00~17:00) TEL0172-36-7439
弘前市立観光館1F事務室(9:00~18:00) TEL0172-37-5501
です。

サイズ・カラーには限りがありますので、お買い求めはお早めにどうぞ(*´∨`*)♪
[PR]
by hirokan5501 | 2018-06-29 16:00 | 土産(その他) | Comments(0)

よさこい津軽2018

6月24日、「よさこい津軽2018」が開催されました。
d0131668_16213410.jpg

場所は、商店街の土手町通りと3.3.2号線の一部です。
4つの会場に分けて、それぞれ披露。23チームが参加しました。

少しだけですが、様子を撮影しました (*´∨`*)
ホリデイスポーツクラブ弘前店
d0131668_16292344.jpg

d0131668_16294112.jpg


三沢・いぶき
d0131668_163049.jpg

d0131668_16301170.jpg


AOMORI花嵐桜組
d0131668_16303279.jpg

d0131668_16305158.jpg

d0131668_16311076.jpg

d0131668_16312554.jpg

d0131668_16313771.jpg


主催者発表では、6万人の来場者!!
たか丸くんも、ノリノリで踊っていました 。+。(・∀・)。+。
d0131668_163517.jpg

「よさこい津軽」HP(弘前商工会議所)
 http://www.hcci.or.jp/txt/yosakoi/
[PR]
by hirokan5501 | 2018-06-27 16:00 | イベント | Comments(0)

津軽デジタル風土記プロジェクト出前講座

6月23日、「津軽ひろさき検定」開催10周年記念企画として、『津軽デジタル風土記プロジェクト出前講座』が弘前市立観光館で行われました。
d0131668_1425246.jpg


講座に先立ち、「津軽ひろさき検定」の表彰式が行われました。
初級おべさま検定「おべさまカップ」優勝チーム(なんと連覇中!)、上級おべ仙人検定合格者の表彰。上級は、2回目の合格者もいらっしゃいました。
おめでとうございます!! 。+。(・∀・)。+。
d0131668_1455236.jpg

講座内容すべての紹介は難しいため、ブログではほんの一部分のみ報告。
どのような雰囲気だったかが伝われば幸いです。

Ⅰ.津軽の中の弘前(弘前大学教職大学院 教授 瀧本 壽史氏)
 ~弘前市立図書館等の絵図を見ながら~
d0131668_1463666.jpg

藩政時代の「九浦制度」について絵図を使ってお話くださいました。九浦は、六つの湊(鯵ヶ沢・青森・深浦・十三・蟹田・今別)と三つの関所(碇ヶ関・野内・大間越)です。

こちらは双六(すごろく)。
碇ヶ関を振り出しに、陸奥湾をめぐって、岩木山がゴールになっています。
d0131668_1465279.jpg

江戸~弘前まで、約20日かけた参勤交代の羽州街道を描いた図。
「取上村~土手鍛冶町」の図。誰が出迎えてくれたかなど記録。
d0131668_147746.jpg


Ⅱ.武者絵ウォッチング(国文学研究資料館研究部 准教授 木越 俊介氏)
 ~ねぷた絵の型(モデル)をさかのぼる~

d0131668_1472129.jpg

「弘前ねぷた」は、三国志や水滸伝を題材に描かれることが多いですが、日本史を題材に描かれるときに登場が多い人物の1人、巴御前についてお話くださいました。
d0131668_1473533.jpg

弘前市立博物館で現在企画展が行われている、歌川国芳の絵。
受講された方は今後、ねぷたでこの場面を見れば、題材を聞かなくとも「あっ!巴御前のあの場面だな!」と気づくことでしょう。もっとねぷた絵の題材の、いろんな場面のことを知りたくなりましたよね。
d0131668_1475283.jpg


Ⅲ.お殿様の教養(弘前大学人文社会科学部 教授 渡辺 麻里子氏)
 ~津軽藩主の和歌をめぐって~

d0131668_1481672.jpg

弘前図書館蔵の『天狗の内裏』。
弘前藩の藩医・渋江抽斎がかつて所持していたという本。
本の内容はもちろん、誰が持っていたかという伝来を知るのも大事なのだそう。
d0131668_1483135.jpg

和歌を愛好した、弘前藩3代藩主・信義。
江戸を出発して弘前に着くまでの道中で、地名を入れて詠んだ和歌が紹介されました。
d0131668_1484510.jpg


講座最後には、アンケートにご協力いただきました。
例えば、「もっと時間をとってそれぞれの講座をしっかり聞きたい」「ねぷた絵の題材は弘前市民の教養にぜひ必要」「もう少し早い時間から始めて欲しい」などなどたくさんのご感想・ご意見を頂戴しました。

改善に努め、次回開催が叶いましたらまたお知らせいたします。
受講してくださったみなさま、ありがとうございました (*´∨`*)
[PR]
by hirokan5501 | 2018-06-25 16:00 | ひろさき検定 | Comments(0)

本日の岩木山と藤田記念庭園_2018.06.22

岩木山がきれいに見えた今日は、藤田記念庭園ハナショウブの様子を見に出かけました。
d0131668_11303797.jpg


入口には、あさって6月24日(日)の無料開放のお知らせが出ていました。
d0131668_11305039.jpg


洋館(中には、藤田謙一資料室・大正浪漫喫茶室)
d0131668_1131399.jpg


奥の煉瓦造りは、旧考古館(中には、クラフト&和カフェ匠館)
d0131668_11311669.jpg


和館
d0131668_11315654.jpg


お庭に入りまーす!! (*´∨`*)
d0131668_11323226.jpg


高台部
d0131668_11325636.jpg

d0131668_11331186.jpg

d0131668_11331994.jpg


低地部
d0131668_1133499.jpg

d0131668_11335777.jpg


ハナショウブは咲き始めです。
d0131668_11341571.jpg

d0131668_11342433.jpg

d0131668_11343395.jpg


いつ見ても滝が涼しげです 。+。(・∀・)。+。
d0131668_11345443.jpg


今日は日差しがありましたが、風が心地よかったです(ちょっと強かったかな)。
d0131668_113766.jpg

明日6/23(土)は夜間開園(有料)、あさって6/24(日)は、無料開放です。

あさっての無料開放時には、大正浪漫喫茶室にもクラフト&和カフェ匠館にもぜひお立ち寄りくださね。お待ちしております。

大正浪漫喫茶室・クラフト&和カフェ匠館facebook
 https://www.facebook.com/fujitataisyoromankissa/
弘前市みどりの協会HP
 http://www.hirosakipark.or.jp/
[PR]
by hirokan5501 | 2018-06-22 16:00 | ねぷた・夏 | Comments(0)

弘前城情報館

今年4月20日、弘前公園二の丸に「弘前城情報館」がオープンしました (*´∨`*)
d0131668_1632957.jpg


無料で入館できます。9:00~17:00、年末年始休館。
入口を入ると、津軽家の「杏葉牡丹」紋。
d0131668_16322215.jpg


下乗橋側には、大きな窓があり外の景色が見える上、タッチパネルが並び、映像を楽しんだり、歴史を学んだりできます
d0131668_16323853.jpg


タッチパネルの操作が初めてでも、スタッフさんが親切に教えてくれるので安心。
d0131668_16325538.jpg


タッチパネルに夢中になっていると、窓の向こうに行列!?
d0131668_16334089.jpg


本物ではないですよ。映像です(笑)
急に現れるサムライ行列にちょっと驚き、そしてちょっとラッキー。+。(・∀・)。+。
d0131668_16335469.jpg


イスが並ぶスペースには、市内の観光スポットや季節の風景が映し出されます。
d0131668_1634663.jpg


外には、庇の下にベンチもあります。座ってのんびり公園を眺めていたいなー。
d0131668_16341947.jpg

日に日に暑くなる時期。
梅雨にも入り、公園散策中の暑さも雨も心配ですね。
休憩がてら、気軽に歴史を学べる「弘前城情報館」へぜひお立ち寄りください。

弘前城情報館
http://www.city.hirosaki.aomori.jp/gaiyou/shisetsu/20180420_jouhoukan.html
[PR]
by hirokan5501 | 2018-06-21 17:00 | 観光施設 | Comments(0)

博物館「歌川国芳展」と匠館「おばんざいランチ」

「歌川国芳展」で芸術鑑賞のあとは、匠館で「おばんざいランチ」はいかが。
d0131668_11425065.jpg


弘前市立博物館では、6月2日(土)~7月16日(月祝)の期間、特別企画展「奇想の絵師 歌川国芳展」を開催中です。
d0131668_1143230.jpg


写真は、撮影がOKだったロビーの2ヵ所です。
d0131668_11431468.jpg

幕末期に活躍した浮世絵師・歌川国芳は、葛飾北斎・喜多川歌麿・歌川広重ら名だたる浮世絵師の中でも、型破りな表現で異彩を放った人物。

d0131668_16151946.jpg
「日本画は詳しくない」という方でも、国芳の代表的な作品が多数展示されているので「これ、見たことある」という作品がきっとあるはず。十二支の動物の絵を組み合わせて描かれた寄せ絵などは子供さんも楽しめそう。また、「弘前ねぷた」が大好きな方は、「水滸伝」のヒーローを錦絵化した武者絵シリーズに、ねぷたの歴史を感じてグッとくるかも。+。(・∀・)。+。
d0131668_11435875.jpg


芸術鑑賞の前後には、ぜひ藤田記念庭園内「クラフト&和カフェ匠館」で腹ごしらえを。「おばんざいランチ」がおすすめです。
d0131668_11442589.jpg


歌川国芳展とタイアップし、期間中はおばんざいに「金時豆」と「きんぴらごぼう」を入れています。
なぜ、金時豆きんぴらごぼう???
d0131668_11444210.jpg


金時豆の由来は、坂田金時(幼少時:金太郎)は肌が赤く、力を入れると更に赤く染まったとの話があり、『金時豆』の色がこれを連想させることにちなんだもの、といった説から。 『きんぴらごぼう』の由来は、坂田金平は坂田金時の息子で同じく怪力の持ち主となっており、ゴボウは滋養があり元気が出るなどのイメージと関連付けて名付けられた、といった説から。今回の展覧会では坂田金時を題材とする作品が3点展示されていることから、これらにちなんで人気のおばんざい定食に「金時豆」と「きんぴらごぼう」を加えています。
d0131668_11451757.jpg

おばんざいのメインは、豆腐ハンバーグか豚の生姜焼きから選べました。
d0131668_11453356.jpg

国産ひじきを使った、自家製ふりかけが乗ったご飯。
d0131668_11454476.jpg

津軽の梅干「しそ巻き梅漬け」。
d0131668_11455727.jpg

タイアップの、きんぴらごぼう&金時豆
d0131668_11461025.jpg


食後のデザートは、黒蜜がけのバニラアイス。
d0131668_11462448.jpg

タイアップの「きんぴらごぼう」と「金時豆」以外のメニューは、変わることがありますのでご了承ください <(_ _)>
ちょっとずつ色々食べたい方におすすめの、おばんざいランチですよ

弘前市立博物館HP
 http://www.city.hirosaki.aomori.jp/hakubutsukan/
クラフト&和カフェ匠館(大正浪漫喫茶室facebook)
 https://www.facebook.com/fujitataisyoromankissa/
[PR]
by hirokan5501 | 2018-06-19 17:30 | グルメ・飲食店 | Comments(0)

「津軽まちあるきガイドブック2018」できました!!

地元をよく知る名物ガイドさんと一緒に歩いて、旅を充実させませんか。
今年度の「津軽まちあるきガイドブック」が完成しました。
d0131668_15432120.jpg


3市(弘前・黒石・平川)、2町(藤崎・大鰐)、2村(田舎館・西目屋)のまちあるきが紹介されています。ガイドブックは、市町村ごとにツアーの一つをピックアップして、見開きで紹介。ピンク色の表紙や、イラストが可愛いですよね (・∀・)!!
d0131668_15435555.jpg


大サービス?で、チラッとお見せしちゃいましょう。
クイズ!!
それぞれ、どの市町村のスポットかわかりますか?

時計店の三角屋根に、風見鶏。
d0131668_15443482.jpg


お堂の入口に、まねき猫。 
d0131668_15445099.jpg


狛犬ならぬ、狛牛??? 
d0131668_15451928.jpg


試飲ができる、老舗酒造店。
d0131668_15453184.jpg


冬は、平川に白鳥が集まって有名。
d0131668_15454532.jpg


全面金箔の、キラキラのお堂★★★
d0131668_1546455.jpg


「うまうま!」の団子、食べたい。
d0131668_15461839.jpg


ガイドブックは、弘前市内は観光館・観光案内所・まちなか情報センターなどで配布中。ガイドブックを見ていても楽しいですが、ぜひぜひまちあるきツアーにご参加ください (*´∨`*)

ピックアップした以外にもツアーは盛りだくさんです。歴史好き・まつり好き・食いしん坊・体験(習い事)好き・アクティブな方向けなど、いろいろ(笑)
各ツアーについては、下記サイトでも紹介しており、予約もできます。

津軽まちあるき予約サイト
 http://machi-aruki.sakura.ne.jp/

〈クイズの答え〉
①弘前市、②西目屋村、③田舎館村、④黒石市、⑤藤崎町、⑥平川市、⑦大鰐町
[PR]
by hirokan5501 | 2018-06-15 16:00 | まち歩き | Comments(0)

「アップルパイタクシー」の始まり、始まり!!

北星交通株式会社において、6月14日から「アップルパイタクシー」の運行が始まりました。女性ドライバー「桜こまち」が、アップルパイコンシェルジュとしてご案内します。
d0131668_1371414.jpg


アップルパイコンシェルジュは、アップルパイタクシー乗務のために、りんご園ではりんごの栽培について、アップルパイのお店ではパティシエさんから作り方や工夫について学ぶなど、実地研修を行ってきました。

当協会発行の「弘前アップルパイガイドマップ」について、担当者から講義も。
d0131668_1381736.jpg


りんご王国”弘前”には、アップルパイを取り扱うお店が約50も。
弘前のアップルパイって、どんな特徴があるのでしょう。
d0131668_1711786.jpg


一番楽しい勉強は、なんと言ってもアップルパイの食べくらべ(笑)
全体的に甘い?りんごの酸味が強い?パイがサクサク?ボリュームがある?
食リポしながら、みんなで意見交換しました 。+。(・∀・)。+。
d0131668_1385374.jpg


このあとは、緊張の筆記試験でしたが…。
無事全員合格!!

さてさて。これらの研修や試験を経た、アップルパイコンシェルジュが案内する「アップルパイタクシー」のシステムは?
d0131668_1395961.jpg

アップルパイコンシェルジュのガイド料は、30分2,400円~。
例えば、30分利用の場合、アップルパイのお店を1店訪れます。

d0131668_13101978.jpg

ガイド料はいただきますが、タクシー代は無料(ケーキ代は別途)。
観光客にはもちろん、短時間からご利用できるのでビジネスの方にもおすすめ

女子旅ガッツリ「アップルパイめぐり」2時間満喫利用も、
30分1店狙いの短時間利用も、
お祖父ちゃん・お祖母ちゃんとともにゆったり移動の思いやり利用も。
シチュエーションに合わせてお楽しみください。

タクシーの上には、アップルパイの行燈!!
d0131668_13104658.jpg

街でこの行燈を見かけたら、アップルパイコンシェルジュがご案内中です。
ぜひ応援してくださいね。

※チラシ画像は、クリックで拡大して見られます。

d0131668_13114791.jpg

「アップルパイコンシェルジュ」HP
 https://peraichi.com/landing_pages/view/apc
北星交通株式会社HP
 http://www.hokuseikotsu.co.jp/
弘前アップルパイガイドマップ
 http://www.hirosaki-kanko.or.jp/web/edit.html?id=cat03_food09
[PR]
by hirokan5501 | 2018-06-14 16:00 | 交通 | Comments(0)

津軽弁で「お・も・て・な・し」!!

始まるぞ いよいよお祭り みんなあべ
d0131668_1039057.jpg

”あべ”は、津軽弁で「一緒に行こう」の意味です。
こちらのポスターはインバウンド対応で、韓国語・中国語・英語でも解説。
”あべ”は英語だと、レッツゴーになるんですね。なるほど (*´∨`*)

先日、川柳を通じて津軽弁を広く発信している、渋谷伯龍さんを訪ねました。渋谷さんは、「失われていく津軽弁をぜひ残していきたい」と活動されており、NHKテレビでは「渋谷伯龍のお国ことばで川柳」というコーナーもお持ちです。ラジオ番組出演や、地元新聞にも連載があります。

著書も多く、みなさんも書店やお土産屋さんで目にされたこともあるのでは。
弘前市内の中学校の生徒さんの川柳作品も載っています
わたしより、津軽弁使いが上手いかも!!
d0131668_10402870.jpg


聞けば理解できるけれど、自分では最近使う機会がない津軽弁の単語もあります。
また、標準語に直しづらい、津軽弁ならではの深さがある言葉もあったり。
d0131668_10405475.jpg

パラパラとページをめくりながら、目に留まる津軽弁にいちいち反応。
長男の呼び方だけでも、あんさま・あんさ・あに・あんこ・あんぺ…とたくさん。
「小学生のとき、お祖母ちゃんを”あば”と呼んでいた友達がいてびっくりしたんです」と思い出を渋谷さんに報告したり(笑)

「津軽弁かるた」は、津軽弁で読み上げるCD付。最近は、津軽弁の読み札を上手く読めない人も多いのだとか。津軽弁の練習?はもちろん、津軽弁ファンの観光の方にも楽しんでいただけますね
d0131668_10411072.jpg


昔懐かしい遊びも、いろいろ紹介されています。
「仲間と一緒に遊ぶ」ものが多かった印象ですね。
d0131668_10413545.jpg


学年もバラバラの仲間たち。
大きな子が小さな子に遊びを教えたり、思いやったり(わざと負けたり?)。
「自分たちで遊びを考えたり、想像力も豊かだったなあ」と渋谷さん。
こういった集団の中で、自然に社会とのかかわり方などを学んでいったのですよね。
d0131668_10415578.jpg


津軽弁や南部弁を、柔らかな字体と可愛らしいイラストで紹介する渋谷伯龍さんのポスターは、観光施設や宿泊施設、飲食店などで掲示されています。
d0131668_10421928.jpg

川柳や、津軽弁の言葉に添える手描きのイラストは、淡い色彩で、ほんわかと温かい”気持ちっこ”になります 。+。(・∀・)。+。

津軽弁の本場を訪れた観光客に「伝わりやすいように」と、標準語で接客する施設やお店も多い、と渋谷さん。「アクセントが津軽弁でも、ゆっくり話せば通じるもの。会話に温かみが生まれる」。

ぜひ、津軽弁を取り入れてお客様に話しかけてみませんか。
「温泉はどうでした?あずましかったべ?」
「あら、あずましいってどういう意味かしら?」

お客様とのコミュニケーションのきっかけに、
津軽弁で「お・も・て・な・(し)」はどんですべ。

ポスターは4枚セットで1年毎に更新、各施設へ配布していらっしゃいます(有料)
 お問い合わせ:弘前川柳社 渋谷伯龍さん TEL0172-35-1669/090-9038-8683
[PR]
by hirokan5501 | 2018-06-12 16:00 | その他の情報 | Comments(0)

カトリック弘前教会

訪れると、ちょうどオルガンの演奏をしていらっしゃいました。
とんがり屋根の教会へ、こんにちは (*´∨`*)

カトリック弘前教会
d0131668_1529073.jpg


正面の祭壇は、オランダの聖トマス教会から譲り受けたもの。
d0131668_15292274.jpg


ナラの木でつくられており、とっても細かな細工が施されています。
ぜひ、直接ご覧いただきたい!!
d0131668_1530681.jpg


カトリック弘前教会の礼拝堂。イスの下は→畳敷き。
足元に、を感じるつくりです。ここも和洋折衷の洋館。
d0131668_15303419.jpg


見上げると、外から入り込む光でステンドグラスがきれいでした
例えば、一番右下に岩木山が描かれているのがわかります?
d0131668_15305499.jpg


振り向くと、日本画のマリア様が見守ってくれていました 。+。(・∀・)。+。
d0131668_1531720.jpg

もちろん、信者でなくても見学できますよ。
ガイドさんと歩く、まち歩き【津軽の手しごと「こぎん刺し」体験とレトロ洋館散歩】もおすすめです。

カトリック弘前教会HP(カトリック仙台教区)
 http://www.sendai.catholic.jp/hirosakicatholicchurch.html
津軽まちあるき予約サイト
 http://machi-aruki.sakura.ne.jp/
[PR]
by hirokan5501 | 2018-06-07 17:00 | 観光施設 | Comments(0)

検索

カテゴリ

全体
観光施設
イベント
桜・りんごの花・春
ねぷた・夏
菊まつり・秋
雪まつり・冬
グルメ・飲食店
土産(食)
土産(民工芸品)
土産(その他)
体験・ツアー
まち歩き
交通
宿泊施設
広域観光
フィルムコミッション
インバウンド
ひろさき検定
その他の情報
教育旅行

記事ランキング

画像一覧

ブログジャンル

旅行・お出かけ
東北

タグ

ブログパーツ