心で感じ、人々が交わる 新しい旅スタイル


by hirokan5501

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新の記事

2018なぬかびおくり
at 2018-08-10 17:00
2018弘前ねぷたまつり@8..
at 2018-08-07 15:00
2018弘前ねぷたまつり@8..
at 2018-08-06 14:30
2018弘前ねぷた特別公開&..
at 2018-08-05 14:30
2018弘前ねぷたまつり@8..
at 2018-08-04 16:00

以前の記事

2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...

リンク

日本全国ご当地フレグランスの祭典!

弘前市りんご公園ショップでは、資生堂と共同開発したご当地香水を一同に集めた「日本全国ご当地フレグランス・フェスティバル」を開催中です。
全国各地の個性的な香りが勢ぞろいしています。

ラインナップ---先ずは、ホーム弘前市の「さくらとりんごの花」の香水、「しだれざくら(角館)」「かぐや姫伝説(竹原)」「コバノミツバツツジ(飛騨高山)」「さくら(尾道)」「タチアオイ(会津若松)」「よさこい(高知)」「梅(金沢)」「如是姫伝説(長野)」「シャクナゲ(草津)」「アカシヤ(小坂)」「蝶々夫人をイメージ(長崎)」「吉野山の桜(吉野)」です。

この後、「ホップ(遠野)」、弘前市と友好都市の知床斜里の「ハマナスの香り」も参加予定!

2008.夏・日本全国ご当地フレグランス・フェスティバル

d0131668_1344091.jpg

[PR]
# by hirokan5501 | 2008-06-15 13:57 | 土産(その他) | Comments(0)

一幸食堂(いちこうしょくどう) またの名を 名付けて!満腹食堂

以前からずっーと気になっていたお店「一幸食堂」056.gif
d0131668_1844070.jpg

お店の前にはいつも車がいっぱい。やっと訪れることができました。
平成9年にリニューアルした店内は、小上がりとテーブル席があり、とてもきれい。
しかも、「食堂=男性客が多い」と思っていましたが、意外にもカップルが多く、女性同士やご家族のにもオススメの雰囲気。

さて、一幸食堂は、“イッコウ”と読まれがちですが、(私だけ?)実は“イチコウ”と読むそうです。
気になって、店名の由来を尋ねると・・・「幸せは一つあれば良い、幸せは何個も必要ない」という意味なんだそう。034.gif
確かに人は、1つの幸せでは満足できなくなり2つ、3つとアレもコレも欲しくなり・・・ちょっと考えさせえられてしまって、なんだかじ~んときてしまいました。007.gif

注文しようとメニューを見ると、魅力的な写真に、
「あっ!これおいしそう!」
「ちょっと見て、これもおいしそうだよ!」
「どれにする~?」
と、迷ってしまい、なかなか選べません。
胃袋が2つあれば、いろんなものが食べられるのに~と思った瞬間でもありました。011.gif
迷い迷って、「味噌ラーメンとミニチャーハンセット」¥750 「チキンカツ定食」¥800 「ポークカツカレー」¥800を注文。
d0131668_18495339.jpg

d0131668_185084.jpg

d0131668_18502614.jpg

運ばれてくる料理を見て、ビックリ・・・いや、正直感動しました!
このボリューム。食堂に求めるものの一つです。お盆からはみ出ています。
この他、ついつい「食堂」に求めてしまうもの・・・それは、「値段」と「味」ですが、
一幸食堂はまさしく、早い!旨い!安い!腹いっぱい!金メダル級です。066.gif

メイン料理のボリュームはもちろんですが、付いてくる小鉢も品数豊富で栄養バランスもグ~049.gif

少しだけメニューを紹介!!045.gif
一幸名物!人気№1のうわさの肉丼(なんでもカレー味だとか・・・)
d0131668_18531560.jpg
大¥780
中¥680
小¥600




                               
                                 一幸自慢の定食!
d0131668_14442962.jpg        
      
        焼肉定食 ¥750
        海老フライ定食 ¥1,200
        (エビフライがどっさり!)
        焼き魚定食 ¥1,000
        (どうしても魚が食べたい
        日ってあります)


                                 麺類も豊富!
d0131668_14445744.jpg
       
       月見そば・うどん 各 ¥400
               ラーメン ¥450
    ミニカレーライスorミニチャーハンと
           ラーメンのセット¥750


そして、おまけにコーラかヤクルトが付くサービス。これもまた“ちっちゃな幸せ”
お昼は、ラーメンセット、冷やし中華などランチメニューもあり、これがまた更にお得になっています。
「う~ん、いずれ全メニューを制覇したいっ」と【U】さんがツブやいていました。だいぶ気に入ったよう。072.gif

とにかくメニューが豊富で定価格の上にボリューム満点!まさしくこれは、一つの幸せ「一幸食堂」です。
一幸食堂は、お客様に幸せを一つずつおすそわけしているんですね。058.gif
お会計するお客様は、みんなで笑顔で満足そうでした。
皆さん、幸せをいただきに、一幸食堂へ行ってみませんか?029.gif

一幸食堂
住所     弘前市高崎2-4-7
電話     0172-27-8925
営業時間  10:30~15:00、17:30~20:00(土・日・祝日は17:00~)
休業日    不定休
駐車場    6台

【U・K・S】
[PR]
# by hirokan5501 | 2008-06-08 19:16 | グルメ・飲食店 | Comments(0)

弘前・十和田湖間シャトルバスに乗ってきました!【後編】

後編では復路、十和田湖休屋から秋田県小坂町、碇ヶ関を通り弘前に戻ります。

十和田湖休屋に到着後、約50分ほど昼食をかねて休憩。
十和田湖遊覧船
d0131668_19185152.jpg

休屋からバスターミナルからは、かの有名な「乙女の像」まで歩いて15分ほど。

続いて、小坂町へ。
途中、十和田湖を見渡せる展望台 発荷峠(はっかとうげ) と 紫明亭(しめいてい)展望台を通ります。
十和田湖には展望台は約5ヶ所ありますが、 
なかでもこの紫明亭展望台は、運転手さん一押しの展望台。
d0131668_19194226.jpg


小坂町といえば、日本最古・そして今もなお現役の木造芝居小屋「康楽館」
d0131668_19205228.jpg
小坂鉱山の繁栄の歴史として残る「小坂鉱山事務所」。
d0131668_19212617.jpg


最後に、道の駅いかりがせきで休憩。
ここでひそかに楽しみしていたのが、碇ヶ関名産まるめろを使った「まるめろソフト」
d0131668_1928539.jpg
 
d0131668_1923434.jpg

そのとなりには「たけのこソフト」も!

「まるめろ」「たけのこ」それぞれ食べ比べしてみると・・・
まるめろは上品な甘さとさっぱり感のバランスがグ~001.gif049.gif049.gif

はたして、たけのこはどんな味がするのか?少々おそるおそる一口目。
色合いはたけのこの若い緑色のような感じ。005.gifだんだん食べ進めて食べていると、たけのこの繊維のような食感もしつつ、たけのこの味がふわーっとしてきました。美味!016.gif

弘前十和田湖間シャトルバスは、津軽・十和田湖・そしてお隣の秋田県小坂の自然・文化を1日で体感できるコース内容です。
これから十和田湖・奥入瀬は緑がめいっぱい輝く新緑の季節に突入。
観光のお客様にはもちろん、地元方々にも、ちょっとした小旅行が味わえておすすめです。

弘前 十和田湖間シャトルバス
(事前予約制 片道:2,500円 往復:5,000円)についての詳細は、
・弘南バス 0172-38-1212
http://konanbus.com/towadakogo/towadako.html
・JRバス東北(株)青森支店 017-723-1621

【T・Z】
[PR]
# by hirokan5501 | 2008-05-28 19:38 | 交通 | Comments(0)

弘前・十和田湖間シャトルバスに乗ってきました!【前編】

11月2日までの毎週金・土・日曜日に運行している「弘前・十和田湖間シャトルバス」の試走会に参加してきました。
今回はその模様の【前編】
前編では、往路の弘前から黒石市を経由して、八甲田、奥入瀬を通るコースをご紹介!

5/22当日は朝から天気もよく「観光日和」。
それでは出発進行!003.gif
市町村を通過するごとに車内放送で、観光情報などが流れます。(一部は英語でのアナウンスも!)
弘前を出発してから1時間弱で黒石市の津軽伝承工芸館
d0131668_1846523.jpg

さらに20分くらいで城ヶ倉大橋に到着。
d0131668_18473389.jpg

今回は城ヶ倉大橋を少し歩くことができました。
絶景ですねぇ!005.gif今は新緑に入ったばかりですが、まだ残雪がちらほら。
紅葉の名所として有名な城ヶ倉大橋。新緑もまた見事です。

その後、八甲田山中の道は見所だらけ。酸ケ湯温泉からまもなく湯気(?)が立ち上る地獄沼、大岳を眺めたり、睡蓮沼の近くにはミズバショウの顔を出していたり・・・。

そして、いよいよ奥入瀬渓流に入ります。
奥入瀬渓流は道路にそって流れているのでバスの車窓からもよく見えます。
奥入瀬渓流のほぼ中間地点、石ヶ戸でトイレ休憩もかねて下車。
d0131668_18483458.jpg
d0131668_18484945.jpg

休憩所のすぐ下を渓流が流れているので間近に楽しめるスポットです。

石ヶ戸を過ぎると、奥入瀬渓流の絶景ポイントが立て続けにあります。
カメラも大忙しです。(車中から撮影の為、ブレ等はご容赦ください・・・)

◎阿修羅の流れ
d0131668_18492352.jpg

◎雲井の滝
d0131668_18495537.jpg

◎銚子大滝
d0131668_18502448.jpg


散策を楽しむ方はもちろん、写真撮影やスケッチをされている方も多かったです。
d0131668_1911379.jpg


余談ですが、3月末に雪の回廊を歩く「八甲田ウォーク」へ参加したときには、
6メートルを超える雪の壁があったのに、約2ヶ月後には数十センチにまで
壁が小さくなっていました。
写真を見比べてみるとよくわかります。045.gif

3/30八甲田(酸ヶ湯~谷地間)
d0131668_19103986.jpg


5/22ほぼ同じ付近
d0131668_1911421.jpg


そして十和田湖休屋に到着です。
d0131668_19125058.jpg


弘前から出発して約3時間のバスの旅。
う~ん、見所いっぱいでした!
【後編へ続く】

弘前・十和田湖間シャトルバス
(事前予約制 片道:2,500円 往復:5,000円)についての詳細は

・弘南バス 0172-38-1212 
http://konanbus.com/towadakogo/towadako.html
・JRバス東北(株)青森支店 017-723-1621

【T・Z】
[PR]
# by hirokan5501 | 2008-05-28 19:16 | 交通 | Comments(0)

五重塔へ来たら 隠れ家的カフェ「yupanqui」へ

d0131668_12214526.jpg五重塔のそばの小さなステキなカフェ「yupanqui」へおじゃましました。

消防署と「ワインパブためのぶ」の間の細~い通路を入るとあります。






d0131668_12291956.jpg d0131668_12254037.jpg















ひっそりした隠れ家のような雰囲気で、昔からのファンの多い「ゆぱんき」。
真っ白な壁と低めの天井がちょっと洞窟のような趣です。昔からお店で使われてきた年季の入った椅子やテーブルがイイ味出してます。

オーナーさんは代々かわっていますがお店の名前はそのまま。
現在の店主 山崎さんは2週間ほど前からお店を始めたばかりで、以前から「ゆぱんき」のファンだったそうです。

d0131668_12334714.jpg
写真は「ガラムスタン」というスウェーデンの小さな島で作られたという紅茶です。シナモンやジンジャー、マンゴーの香り011.gif011.gif011.gif
器は以前ブログでご紹介したアート展「open the door at attic」の高橋由佳さんによるものです。
メニューはハヤシライスや定食などもあるので、しっかり食事したいという方でも大丈夫!




これから展示会やイベントなどもやっていきたいとのことで、ますます楽しみです012.gif072.gif
ぜひお出かけ下さい。



【yupanqui】
住所:弘前市銅屋町63-8
時間:12:00~22:00(ラストオーダー21:00)
定休日:火曜日(臨時休業あり)
電話:0172-35-4695
お店のブログはこちらをクリック!

【A】
[PR]
# by hirokan5501 | 2008-05-14 12:18 | グルメ・飲食店 | Comments(0)

検索

カテゴリ

全体
観光施設
イベント
桜・りんごの花・春
ねぷた・夏
菊まつり・秋
雪まつり・冬
グルメ・飲食店
土産(食)
土産(民工芸品)
土産(その他)
体験・ツアー
まち歩き
交通
宿泊施設
広域観光
フィルムコミッション
インバウンド
ひろさき検定
その他の情報
教育旅行

記事ランキング

画像一覧

ブログジャンル

旅行・お出かけ
東北

タグ

ブログパーツ