心で感じ、人々が交わる 新しい旅スタイル


by hirokan5501

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新の記事

弘前公園観光人力車③*車夫編
at 2018-05-25 16:00
新「たか丸くんマフラータオル..
at 2018-05-24 16:00
ボタン咲く弘前城植物園_20..
at 2018-05-22 16:00
本日の岩木山とツツジ咲く弘前..
at 2018-05-21 16:00
弘前工芸舎「メインテーブル企..
at 2018-05-18 16:00

以前の記事

2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

リンク

東京のド真ん中・六本木で“ブナコ”に会う♪

昨年のことになりますが、12月に研修のため東京に行ってきました。研修終了後は、帰りの新幹線までの時間を利用して“六本木ヒルズ”へ。

d0131668_15295894.jpg

六本木ヒルズのお目当ては、「TORAYA CAFE(トラヤカフェ)」。羊羹で有名な「虎屋」の洋風喫茶店といえば良いでしょうか。美味しいお菓子はもちろん楽しみでしたが、実は、トラヤカフェ店内のブナコに会いたかったのです。「会いたかった」と言っても“ブナコ”は人の名前(例えば、○○子)ではありません(笑)
弘前生まれの民工芸品です。

“ブナコ”という名称は、青森県産ブナの木の「ブナ」と津軽弁の「~こ(可愛いものに付けたりする)」を合せた造語。
    ブナ + コ = ブナコ
例えば、「馬っこ」とか「犬っこ」とか・・・。最近はあまり使わないかな・・・(?_?)
テープ状にしたブナをグルグル巻いてお碗などで曲線をつくって深さをつくり、お盆やお椀、サラダボールなどの商品が完成します。最近人気のお土産ですよ。

以前、トラヤカフェブナコのランプシェードがインテリア雑誌で取り上げられたことがあり、ずっと行ってみたいと思っていたのです。

勝手に撮影するのはいかがなものかと思い、店員さんに「“ブナコ”をつくっている青森県の弘前市から来たのですが、写真を撮ってもいいですか?」と尋ねたところ「どうぞどうぞ。遠い所からようこそ」。他のお客様の迷惑にならないよう注意を払い、カシャリ
d0131668_15335714.jpg

d0131668_15311855.jpg

ランプシェードの写真をGETです。

ブナコは、観光館2階の民工芸品展示コーナーでも小スペースですが紹介しています。津軽塗などと共に展示しており、無料で見学できます。どうぞお越しくださいませ。

ところで、昨年12月には市内土手町にブナコ専門のショップがオープンしたとか。弘前で購入希望の方にはこちらがおすすめです Eさんが行って来たそうなので次回ブログにて報告をお願いします ( ゚∀゚)ゞ

【U】

※トラヤカフェ六本木ヒルズ店は2017年1月27日(金)をもって閉店。
https://www.toraya-group.co.jp/toraya-cafe/news/detail/?nid=229&cid%5B%5D=42
[PR]
# by hirokan5501 | 2008-01-31 15:39 | グルメ・飲食店 | Comments(0)

The津軽三味線2008

「The津軽三味線2008」1月26日(土)13時からの昼の部に行ってきました。
今年も300人以上の奏者が集結!迫力満点の大合奏にノレソーレ圧倒され、満員の客席も大興奮、拍手喝采の中、2時間たっぷりとじゃわめいで、大感動しました。

◇プログラム
1.大合奏ノレソーレ 2.津軽よされ節 3.若手三味線奏者競演 4.各団体リレー 5.掛け合い・津軽じょんから節 6.ジャムセッション雪白き山の精霊たち 7.南部追分 8.手踊り・南部荷方節 9.津軽あいや節 10.津軽小原節 11.手踊り・津軽三下り 12.大合奏HEBANA

津軽三味線の大合奏をはじめ、三味線ソロ、民謡、手踊り、南部民謡、そしてシンセサイザーやエレキバイオリン等とのセッションにバレエのダンスパフォーマンスまで・・・・本当に見ごたえがありました。もっともっと地元をはじめ、多くの観光の方々に津軽三味線・津軽民謡の素晴らしさを感じていただきたいと思いました。

      300人以上が集結!津軽三味線大合奏ノレソーレ 
d0131668_20214451.jpg

      民謡掛け合い・津軽じょんから節
d0131668_2027560.jpg

      民謡王座の面々大集合!
d0131668_20284543.jpg

     バイオリン、太鼓、シンセとセッション!ジャムセッション雪白き山の精霊たち
d0131668_2030090.jpg

      みごとな手踊り・津軽三下り
d0131668_2031059.jpg

同実行委員会では、2月9日(土)・10日(日)・11日(月)の3日間、関連イベントとして気軽に津軽三味線を聞くことができる「街角ライブ」を開催します。こちらも楽しみです。

また、津軽三味線の演奏を聴きながら食事のできる居酒屋が市内に5件あります。
郷土料理や地酒を楽しみながらの津軽三味線もまた格別、ほろ酔い気分で一緒に津軽民謡を唄ってみてはどうでしょうか?【素人】
津軽三味線酒場:ライブハウス山唄、津軽三味線と郷土料理「杏」、ふる里の響き「あいや」、居酒屋「あどはだり」、居酒屋「なじみ」※写真はふる里の響き「あいや」
d0131668_8284924.jpg

※「山唄」「あどはだり」閉店
[PR]
# by hirokan5501 | 2008-01-30 20:48 | イベント | Comments(0)

老舗のお宿「小堀旅館」

旅行の計画をたてるとき、ガイドブックやインターネットなどで観光名所はどこかな、おいしい食べ物は何かな・・・と情報収集しますよね?その中で、泊まる場所というのもきっと重要な情報の一つだと思います。

案内窓口でも予約なしのお客様が「今日の宿を」と来られることは多いですし、電話などでは既にこの時期からさくらまつり期間の宿泊予約について問い合わせる方も多くなってきました。
可能な限りお客様のご要望にあった施設をご案内したい!そのためには実際に自分の目で見た具体的な情報をお伝えしたい!・・・そう思っていたところ、市内の旅館・ホテルの方々のご好意でお部屋を見学させていただく機会がありました。ぜひ、みなさまにも旅の計画のご参考にしていただけるように、これからこのページでご紹介していきたいと思います。

今回は弘前城のある弘前公園に程近い、老舗旅館『小堀旅館』をご紹介します。
昭和の初めに建てられた歴史ある木造建築のお宿。城下町・ひろさきの街並みにピッタリです。これまた歴史が刻まれているであろう暖簾をくぐると、おかみさんがにこやかに出迎えてくれました!
d0131668_9341685.jpg
やはり弘前公園が近いので観光のお客様が多く、和室を好まれる家族連れや日本の文化に興味のある外国人観光客などにも好評とのこと。建物は歴史を感じさせますが、平成17年に増改築を行い、ほとんどがバス・トイレ付きのお部屋になったそうです。快適そうな落ち着いた和室でした(洋室も2室あります)。1・2階の客室や共同風呂・トイレ、食堂などひとつひとつ丁寧に見学させていただきました。

d0131668_9421112.jpgd0131668_9425582.jpg











d0131668_940133.jpg
館内を歩いているとなんと土蔵を発見!蔵の中に興味をひかれておかみさんに尋ねてみたところ、やはり宿泊客の方々からも中が見たいという声が少なくないとか。今のところは予定がないが、何かの形で活用したいとおっしゃっていました。ぜひ公開してほしいものです。

旅館といえば食事が楽しみですが、こちらではご自慢の郷土料理が並びます。鱈のじゃっぱ汁など鍋もののほか、ホタテやハタハタなど地元で獲れた海の幸が焼き物やお刺身などで味わえます。自家製のお漬物も喜ばれるとか。こういった家庭的なところが旅館ならではのおもてなしですよね。
d0131668_9501041.jpg
実は、今弘前は駅前を中心に全国チェーンのビジネスホテルが次々にオープンしています。小堀旅館のすぐそばに建設中の高~いビルもビジネスホテルとして近々オープン予定です。おかみさんは「これからますます厳しくなるけど、旅館だからこそできるサービスでがんばりたい」と話してくれました。弘前にお越しの際は、こんな風情のある旅館でゆるやかな時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。【Ⅰ】

小堀旅館
□弘前市本町89
□0172-32-5111
[PR]
# by hirokan5501 | 2008-01-20 09:52 | 宿泊施設 | Comments(2)

GALLARY「つぼた文庫」で検定練習問題展

現在「津軽ひろさき検定」の練習問題展を行なっているギャラリー「つぼた文庫」へ行ってきました。
実は前からモダンな蔵づくりの外観が気になっていたのですが、先日思いがけなく入る機会ができました。d0131668_17203047.jpg

蔵のなかには真ん中に大きなテーブルがあります。その周りには処狭しに古書や昔のテレカのコレクション、珍しい切手などが並んでいます。今では懐かしいカセットテープの音楽が流れていて、なんだかとても居心地の良い空間です。


d0131668_17271790.jpgd0131668_1722860.jpg









そしてこちらが受験生必見!検定問題100問展
d0131668_17214419.jpg

座って学習したいという人のために、テーブルにも設置されています。
展示以外にも郷土関係の古い写真や資料もたくさんありますので、検定の勉強にはぴったりな場所です。

2階もあります。急な階段を登ると屋根裏部屋のような小さいスペースに児童書の棚があります。オーナーの坪田庸子さんのお父様、繁樹さんが集めたものだそうです。d0131668_1722387.jpg
繁樹さんは終戦後、「坪田内科小児科診療所」を開業し、楽しみの少なかった当時の子供たちのために、夜の診療所を開放して子ども文庫を開いていたそうです。
何十年も前の子どもたちが読んだ本が今でも大切に保管されているんですね。053.gif

テーブルに座ってコーヒーやハーブティーも飲めますのでゆっくりと見られますよ。
私も今度はゆっくり来ようと思います。【A】

GALLARY「つぼた文庫」
□弘前市本町34(大学病院の向かい側です。)
□0172-35-3783
□13:00~17:00
□不定休
駐車場あり
※津軽ひろさき検定練習問題展は2/29(金)まで

※GALLARYつぼた文庫は、和食店「御料理なる海」に変わっています。
[PR]
# by hirokan5501 | 2008-01-19 17:35 | ひろさき検定 | Comments(0)

JR東日本「大人の休日倶楽部」TV-CM弘前坐禅篇

昨年の9月下旬に弘前(禅林街)でロケされたJR東日本「大人の休日倶楽部」のCMが、テレビ放映されています。
女優の吉永小百合さんが、「大人になったら、したいこと。」として友人と一緒に坐禅をするため冬の禅林街を訪ねます。坐禅体験での心の動きを通じて普段は気づかないようなことを再発見する、大人ならではの旅の過ごし方を描いています。
メインとなる坐禅のシーンは、禅林街の下寺通り12ケ寺の頂点に建つ宗徳寺でロケ。宗徳寺の全面協力のもと、ロケ前日から約50人のスタッフが本堂に照明機材等をセッティング、数名のエキストラと一緒にご住職が、自ら出演されています。この他に弘前城天守や長勝寺三門、山観普門院の精進料理が登場します。

JR東日本「大人の休日倶楽部」ホームページでTV-CMを見ることができます。

また、このCMに連動して、弘前ロケされた吉永さんの2種類の大型ポスター「長勝寺三門(1月)」「宗徳寺・坐禅(2月)」が首都圏の各駅に掲出されます。
駅貼りポスター長勝寺三門
d0131668_17513469.jpg

このCMのロケ地となった宗徳寺では、早朝坐禅会が毎日開かれています。この機会に真冬の朝の澄んだ空気を全身で感じて、身も心も引き締めてみてはいかがでしょう!
早朝坐禅会 6時30分~8時(開戸6時)  問・申込 宗徳寺0172-32-4437
※坐禅をご希望の方は前日までに直接、お申込ください。 
[PR]
# by hirokan5501 | 2008-01-16 18:14 | フィルムコミッション | Comments(0)

検索

カテゴリ

全体
観光施設
イベント
桜・りんごの花・春
ねぷた・夏
菊まつり・秋
雪まつり・冬
グルメ・飲食店
土産(食)
土産(民工芸品)
土産(その他)
体験・ツアー
まち歩き
交通
宿泊施設
広域観光
フィルムコミッション
インバウンド
ひろさき検定
その他の情報

記事ランキング

画像一覧

ブログジャンル

旅行・お出かけ
東北

タグ

ブログパーツ