心で感じ、人々が交わる 新しい旅スタイル


by hirokan5501

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

最新の記事

桜の弘前公園、2年目の「弘前..
at 2018-04-22 18:00
弘前工芸舎「春限定企画展」@..
at 2018-04-19 18:00
弘前さくらまつり準備中_20..
at 2018-04-17 18:00
「北上展勝地さくらまつり」開..
at 2018-04-11 16:30
弘前城植物園オープン_201..
at 2018-04-10 17:00

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

リンク

タグ:展示 ( 42 ) タグの人気記事

弘前工芸舎「春限定企画展」@藤田記念庭園考古館2Fギャラリー

真っ赤なりんごのブローチに一目惚れ 。+。(・∀・)。+。
弘前の手仕事を楽しみませんか。
d0131668_1819127.jpg


4月13日(金)~5月13日(日)まで、藤田記念庭園で弘前工芸舎企画展が行われています。
d0131668_1819285.jpg


考古館には、無料で入館できます。
※クラフト&和カフェ匠館の、期間限定メニュー「春さくら氷」が気になります。
d0131668_18194125.jpg


展示販売。
お気に入りのものが見つかったら購入できます。
d0131668_18204444.jpg


弘前の手仕事いろいろ。
d0131668_1820646.jpg


こぎん刺し
d0131668_1821225.jpg


華やかな色合いの陶器や。
d0131668_18212079.jpg


落ち着いた風合いの、津軽焼。
d0131668_18213358.jpg


竹やあけびなど、籠細工。
d0131668_18214681.jpg


津軽塗。
d0131668_18215920.jpg

d0131668_18221671.jpg


りんご草木染。
d0131668_18222488.jpg


弘前の工芸品を紹介するパンフレットもあります (*´∨`*)
d0131668_18224861.jpg

・「弘前こぎんマップ」こぎんフェス実行委員会(しまや内) TEL0172-32-6046
・「弘前クラフトマップ」弘前市商工政策課 TEL0172-35-1111(内線252)
・「こぎんざし」「つがるぬり」中南地域県民局地域連携部 TEL0172-32-2407  

d0131668_18233164.jpg

弘前工芸舎「春限定企画展
・期間:2018年4月13日(金)~5月13日(日)
・時間:9:00~17:00
・会場:藤田記念庭園考古館2Fギャラリー
[PR]
by hirokan5501 | 2018-04-19 18:00 | イベント | Comments(0)

はこだて工芸舎展「海峡の風」

藤田記念庭園匠館において、はこだて工芸舎展「海峡の風」開催中!!
d0131668_16213358.jpg


21年に渡り北海道の工芸を紹介している、はこだて工芸舎。
弘前で初めての企画展です (*´∨`*)
d0131668_16214630.jpg


可愛らしいガラス工芸。
d0131668_162217.jpg


陶器は、お皿やカップなどざまざま。
d0131668_16221412.jpg


フェルト作品。
ついついりんごの作品に惹かれちゃいます。
d0131668_16222738.jpg


バッグは、カラフルなものから落ち着いた色合いのものまで。
d0131668_162256100.jpg

いか墨染の布雑貨など、これらの写真の他にも各ジャンルの工芸品が展示されています。3月30日限定で、ミニチュアフードをつくるワークショップもあります。ぜひご参加ください。
d0131668_16384041.jpg

まちなかクラフト村特別企画「はこだて工芸舎展」
・日時:2018年3月24日(土)~4月1日(日) 10:00~16:00
・会場:藤田記念庭園考古館 2Fギャラリースペース
・内容:テキスタイル、ガラス工芸、フェルト、ミニチュアアート、陶芸品などの展示および販売。

はこだて工芸舎展「海峡の風」
http://www.city.hirosaki.aomori.jp/oshirase/sangyo/2018hakodatekougeisha.html
はこだて工芸舎
 http://blueboxcraft.com/
[PR]
by hirokan5501 | 2018-03-27 16:00 | イベント | Comments(0)

桜の花展@緑の相談所_2018.03.20

弘前公園内緑の相談所で、「の花展」が行われています(*´∨`*)
d0131668_10384680.jpg


20日(火)に撮影した写真です。
d0131668_10385849.jpg


入口では園内のの剪定枝が、見ごろを迎えていました。
d0131668_10391071.jpg


桜の花展」は、3月16日(金)から始まっており、25日(日)まで開催中。
※19日(月)・22日(木)休館。
d0131668_10392935.jpg


9:00~17:00、無料で見学できます。
d0131668_10395495.jpg


48品種の桜の鉢が展示されています。+。(・∀・)。+。 
桜の系統図なども紹介されていました。
d0131668_1040967.jpg


鉢植えには、それぞれ品種名が書かれたプレートが付いています。だいぶ弘前公園の桜の名前は知っているつもりでしたが、初めて知る品種もあり、まだまだ勉強不足だと感じました。
d0131668_1040265.jpg


きれいに咲いていたたち!!
d0131668_10404566.jpg

d0131668_1041160.jpg

d0131668_10411425.jpg

d0131668_1041216.jpg

d0131668_10412941.jpg

間近に見る1年ぶりのを、「めんこいな(かわいいな)」と思って眺めてきましたよ。みなさんも、今週末、一足早く″お花見”しませんか。

弘前市みどりの協会HP
http://www.hirosakipark.or.jp/
緑の相談所ブログ
http://blog.livedoor.jp/midori_soudan/
[PR]
by hirokan5501 | 2018-03-22 16:00 | イベント | Comments(0)

青函トンネル開業30周年記念コレクション展@JR新青森駅

1988年3月13日に開業した、本州と北海道を結ぶ青函トンネル。
2018年3月13日に開業30周年を迎えました。

これを記念し、JR新青森駅では展示イベントを開催しています。
d0131668_16401737.jpg


3月10日(土)~18日(日)まで、新青森駅の新幹線コンコースと新幹線改札前待合室が会場です。こちらは、待合室入口です。
d0131668_1640332.jpg


1988年7月9日から9月18日まで開催された、青函トンネル開通記念博覧会(別称「函館EXPO'88・青森EXPO'88」)の記念グッズを中心に展示されています。
d0131668_1640579.jpg


今となっては珍しい貴重な品々が並んでいます。
d0131668_16411725.jpg


例えば、青函博公式記録、来場者100万人達成記念メダル、テレホンカード、バッヂ、記念風景印などなど。
d0131668_16413010.jpg


トンネルを掘った際に採掘された石まで!!
d0131668_16414491.jpg


素敵な写真にくぎ付け。
d0131668_16512514.jpg


「懐かしい~」と思われる方。
「昔、こんなイベントがあったんだね」と初めてご覧になる方。
ご家族で訪れても楽しめるのかも 。+。(・∀・)。+。 
d0131668_16415843.jpg

展示は、3月18日(日)までです。
ぜひお出かけください。
[PR]
by hirokan5501 | 2018-03-16 16:00 | イベント | Comments(0)

佐藤芳子りんご染展~天然色の贈り物~

藤田記念庭園考古館内で企画展「佐藤芳子りんご染展~天然色の贈り物~」が行われています。21日(水)まで。
d0131668_16524686.jpg


無料で見学できます。お気軽にどうぞ 。+。(・∀・)。+。 
d0131668_16525639.jpg


りんご農家の佐藤さんが考案した「りんご草木染め」。
d0131668_1653666.jpg


りんごの枝・幹・花・葉・実から、豊かなを引き出します。
d0131668_16531988.jpg


夏は鮮やかに。
秋は落ち着いた色に。
季節によって仕上がりが異なる、一期一会の“”との出逢い!!
d0131668_1654870.jpg


例えば、左上のピンク色は実を使用していますが。
右上の茶色は、下の黄色もで染めたもの。
葉で染めたものでも、色合いが異なるものですねー。
d0131668_16541891.jpg


りんごの手入れ作業で廃棄される部位を活用した、りんご染「りんごろまん」の作品。こぎん刺しも、やさしい色合い。
d0131668_16542733.jpg


ぜひお出かけください。
d0131668_16543940.jpg


佐藤芳子りんご染展~天然色の贈り物~
・期間:2018年3月10日(土)~3月21日(水) 
・時間:10:00~16:00
・会場:藤田記念庭園内考古館2階 
・入場料:無料

藤田記念庭園大正浪漫喫茶室facebook
https://www.facebook.com/fujitataisyoromankissa/
[PR]
by hirokan5501 | 2018-03-14 16:00 | イベント | Comments(0)

企画展「おひめさまとおひなさま~華麗なままごと遊び~」

津軽のお雛さまを見に行きませんか??? (*´∨`*)
d0131668_13464056.jpg


弘前市立博物館では、2月3日(土)~3月31日(土)まで企画展「おひめさまとおひなさま~華麗なままごと遊び~」を開催中です。
d0131668_13473055.jpg


弘前藩12代藩主 津軽承昭所要の「蝋色笹唐草御紋付雛道具」。
d0131668_13475419.jpg


雛道具がずらりとケースに並べられています。
d0131668_13481241.jpg


それぞれの小物には、弘前藩の杏葉牡丹が入っていました。
d0131668_13482826.jpg


貝合わせ。絵を描いた蛤の貝殻を2枚合わせる遊び。
『雛道具の貝』と本物の『婚礼調度の貝』が展示されているので、見比べてみては。
d0131668_13484267.jpg

細かな絵を眺めるのも楽しい貝合わせ。
d0131668_13485567.jpg


様々な時代の雛人形が展示されていました。
d0131668_13503253.jpg


下川原焼雛人形。隣りに展示されていた、こぎん刺しの雛人形も可愛かったです。
d0131668_1351137.jpg


壁一面の押絵もステキでしたよ。
d0131668_13583421.jpg

d0131668_1351206.jpg

今回の企画展は一部撮影可能でした。
こちらのブログでは、撮影可能な展示品のみ紹介しております。

ロビー展示の12代藩主夫人尹子の有職雛にも見惚れました 。+。(・∀・)。+。
※こちらは撮影不可能。

d0131668_13524759.jpg

【企画展「おひめさまとおひなさま~華麗なままごと遊び~」
・期間:2018年2月3日(土)~3月31日(土)
    ※休館日・・・2/19(月)、3/19(月)
・会場:弘前市立博物館
・入館料:一般280円
・問:弘前市立博物館 TEL0172-35-0700

弘前立博物館HP
http://www.city.hirosaki.aomori.jp/hakubutsukan/
[PR]
by hirokan5501 | 2018-02-20 16:00 | イベント | Comments(0)

まちなかクラフト村「弘前工芸舎・冬企画」開催中

藤田記念庭園の旧考古館に、弘前市内の工芸品を一堂に会した期間限定のセレクトショップopen。
d0131668_16174483.jpg


藤田記念庭園は、冬期間も高台部・洋館・旧考古館は開いております。
入園・入館無料。
d0131668_16175939.jpg


冠木門から入って、右手に旧考古館があります。
展示販売会場は、2F。
d0131668_16181377.jpg


津軽塗。
d0131668_16182766.jpg


木工品。
d0131668_1618418.jpg


こぎん刺し、あけびづる細工。
d0131668_16185426.jpg


陶器。
d0131668_1619510.jpg


りんご染物。
d0131668_16191786.jpg


かわいいオブジェは!! わんわん(笑)
d0131668_16193077.jpg

ほかにも工芸品がたくさん並んでいます 。+。(・∀・)。+。

その日によって、在廊している方が津軽塗師さんや、陶芸家さんなど異なるそうです。この機会に、いろいろ質問してみては?弘前の工芸品をもっと詳しく知ることができそう。ぜひ、お気に入りの作品を見つけてくださいね。
d0131668_16195655.jpg

まちなかクラフト村「弘前工芸舎・冬企画」
・日時:2018年2月9日(金)~25日(日) 9:00~17:00
・会場:藤田記念庭園匠館(旧考古館) 2階ギャラリースペース
・入場:無料
・問:弘前市商工政策課 TEL0172-35-1135

http://www.city.hirosaki.aomori.jp/oshirase/sangyo/2018-0209-25craft-mura.html
[PR]
by hirokan5501 | 2018-02-13 17:00 | イベント | Comments(0)

藤田記念庭園クラフト展~ひょうたんを楽しむ~

1月4日から、藤田記念庭園考古館2Fでクラフト展「ひょうたんを楽しむ」が行われています。
d0131668_1733499.jpg


藤田記念庭園は、一部(高台部・洋館・考古館)冬期開園中。
d0131668_17331785.jpg

作家さんがいらっしゃるタイミングだと、説明も聞けて質問もできて超ラッキー。
たくさんお話しを伺いました

まずは、畑でのひょうたんづくり。
昨年は台風でひょうたんの棚が倒れてしまい、苦労されたそうです。
d0131668_1733422.jpg


ひょうたんの形は千差万別で、その形を見てどんな作品にするのかイメージを膨らませるのだとか。キーホルダーサイズは、小ぶりのものを使って。
d0131668_17344081.jpg


両手で抱えられないくらいの大きなひょうたんランプには、細かな細工。
明かりが温か
d0131668_1734958.jpg


梅図」のひょうたんは、縁起物。
d0131668_17345517.jpg


可愛らしい、「かさじそう」。
d0131668_1735749.jpg


癒される表情ですね。 
d0131668_17352022.jpg


ふくろう。
d0131668_17353399.jpg


招き猫の七福神。
d0131668_17354722.jpg


鉛筆描きされたという、坂本龍馬!!力作!!
d0131668_1736789.jpg


「どっちが本業なんだが」と話されていた作家さんは、実は弘前でおいしいアップルパイをつくるお店のご主人。お店に来られたお客様が、「洋菓子屋なのにひょうたんがたくさん飾ってる!!」と驚かれるのだとか。そういえばわたしもその1人でした(笑)

お土産用に、ひょうたんクッキー販売中 。+。(・∀・)。+。
d0131668_17373996.jpg

よろしければ、帰りにクラフト&和カフェにもお立ち寄りください!!
クラフト展「ひょうたんを楽しむ」は、1月29日(月)までです。

d0131668_17384364.jpg

藤田記念庭園クラフト展~ひょうたんを楽しむ~
・日時:2018年1月4日(木)~29日(月) 10:00~16:00
・会場:藤田記念庭園考古館2F
・料金:入場無料

クラフト&和カフェ匠館 instagramアカウント
@craft_wacafe_takumikan
[PR]
by hirokan5501 | 2018-01-05 18:00 | イベント | Comments(0)

クラフト展「こぎん冬の陣~春待つこころ~」@藤田記念庭園

2017年12月7日(木)から、藤田記念庭園考古館2Fでクラフト展「こぎん冬の陣~春待つこころ~」が開催されています。27日(水)まで。
d0131668_13451148.jpg


1Fのクラフト&和カフェ匠館を奥におすすみになり、階段をお上がりください。入場無料。
d0131668_13452723.jpg


故・前田セツさんのもとで、20歳のころからこぎん刺しを習っていた佐藤陽子さん。弘前市職員を退職後、2010年に自宅に開設した「佐藤陽子こぎん展示館」には、約150~200年前の古作のほか、佐藤さんオリジナルの作品約200点程を展示しています。

その佐藤さん監修のこぎん展です。
d0131668_13465993.jpg


大きな作品から、小物までいろいろ。
d0131668_13473447.jpg


佐藤さんが収集された、貴重なこぎん刺しの資料もたくさん。
d0131668_13474843.jpg


一部販売している作品もあります。お好みのものが見つかるかも。
d0131668_13482550.jpg


こぎん刺しは、生地と糸の組み合わせにも個性が出ますよね。
d0131668_13484554.jpg


さくらりんごの草木染のこぎん糸なんて、粋!!
d0131668_13485666.jpg


こぎん刺し体験もできます(500円~)。
初めての方、久しぶりの方、ぜひご体験ください。
d0131668_13494552.jpg


会場で完成できなくても、手順やコツを覚えて、「続きはお家に帰ってから…」もOK。
d0131668_13495721.jpg


「アレンジして模様を足したり糸の色を変えたりするのもいいのよ」と佐藤さん。
d0131668_13501056.jpg

ご来場者は‶こぎん刺し作品のプレゼント”にも応募できるので、ぜひこの機会にお訪ねください。

d0131668_13503737.jpg

藤田記念庭園クラフト展「こぎん冬の陣~春待つこころ~
・期間:12月7日(木)~27日(水)
・時間10:00~16:00
・場所:藤田記念庭園考古館2F
・こぎん刺し作品展示見学:入場料無料
・こぎん刺しワークショップ:参加料500円~
  ※対象小学生以上、事前申込不要
・問:佐藤陽子こぎん展示館(佐藤さん TEL090-1491-4912)
 佐藤陽子こぎん展示館 http://youko-kogintenjikan.com/
[PR]
by hirokan5501 | 2017-12-11 16:00 | イベント | Comments(0)

自家製シロップりんごのかき氷@クラフト&和カフェ匠館

日に日に寒くなってきましたが。
暖かい建物の中で、かきはいかがですか?
d0131668_1652458.jpg


藤田記念庭園考古館内に今年7月にオープンした、「クラフト&和カフェ匠館」。
食事メニューとしては、パスタやおばんざいセットがあります。
d0131668_1654098.jpg


今回は、寒い季節でもついつい食べたくなる、自家製シロップのかき氷を紹介。
オープンから、メロン(終了)→桃(終了)→ぶどう(季節限定継続提供中!!)と試行錯誤で季節のシロップを開発してきました。ぶどうも気になりますが…。

今回は新メニューの、「ふわふわりんご(かき氷)」。
d0131668_167060.jpg


真横から見ると、なかなかのボリュームですが、
ふわっとしたかき氷なので、ペロッといただけます。
d0131668_1671768.jpg


こだわりの自家製シロップがたっぷり。
頭がキーンとしない氷なんですよ。
d0131668_168126.jpg


角切りの生リンゴのがアクセント。
シロップのも鮮やかで、インスタ映え間違いなし???
d0131668_1681940.jpg


氷に対してシロップが少なく見えそうですが、白いところは練乳がかかっているので、こちらも甘くておいしいです
d0131668_1692532.jpg


また、館内2Fでは、12月7日(木)~27日(水)の期間、展示&ワークショップ「こぎん冬の陣~春待つこころ~」開催中。こちらも併せてご覧ください。
d0131668_16101091.jpg

藤田記念庭園クラフト展「こぎん冬の陣~春待つこころ~」
・期間:12月7日(木)~27日(月)
・時間10:00~16:00
・場所:藤田記念庭園考古館
・こぎん刺し作品展示見学:入場料無料
・こぎん刺しワークショップ:参加料500円~
  ※対象小学生以上、事前申込不要
・問:佐藤陽子こぎん展示館(佐藤さん TEL090-1491-4912)

クラフト&和カフェ 匠館(たくみかん)
・住所:弘前市上白銀町8-1 藤田記念庭園内
・時間:9:00~17:00(カフェL.O.16:30) 
・料金:入館無料
・問:クラフト&和カフェ匠館 TEL0172-36-6505
・facebook  https://www.facebook.com/fujitataisyoromankissa/
インスタグラム始めました。
   クラフト&和カフェ 匠館 craft_wacafe_takumikan
[PR]
by hirokan5501 | 2017-12-08 16:00 | グルメ・飲食店 | Comments(0)

検索

カテゴリ

全体
観光施設
イベント
桜・りんごの花・春
ねぷた・夏
菊まつり・秋
雪まつり・冬
グルメ・飲食店
土産(食)
土産(民工芸品)
土産(その他)
体験・ツアー
まち歩き
交通
宿泊施設
広域観光
フィルムコミッション
インバウンド
ひろさき検定
その他の情報

記事ランキング

画像一覧

ブログジャンル

旅行・お出かけ
東北

タグ

ブログパーツ